仮想通貨取引所Zaif、流出したビットコインキャッシュとモナコインの被害額を公表

昨日未明にハッキング被害が報告された取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、ハッキングにあった通貨ビットコインキャッシュとモナコインの正確な流出額を公開した。

MONA 6,236,810.1 (円換算:671,704,448)

BCH 42,327.1 (円換算:2,107,677,945)

レート:2018年9月18日の終値、小数点2位以下省略

なお、盗難による送金先のアドレスに入金のあった仮想通貨の数量から推計したものであるとした上で、現在停止させているサーバー復旧後に、異なる正確な数値が明らかになった場合訂正を行う可能性もあるようだ。

参考記事:prtimes.jp

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所Zaifがビットコインなど3通貨、計67億円相当のハッキング被害|フィスコと資本提携、50億円の金融支援も
日本の仮想通貨取引所Zaifは20日未明、日本円で約67億円相当(BTC、MONA、BCHを含む)のハッキング被害にあったこと報告した。株式会社フィスコのグループ企業と資本提携や金融支援などを検討する基本契約を締結に至ったとしている。
仮想通貨取引所Zaifのハッキング事件、海外サイトが犯人のビットコインアドレスを追跡しタグ付けか
20日明朝、テックビューロ社が運営する仮想通貨取引所Zaifが先週14日にハッキング被害をうけた事をプレスリリース文にて公表。その後、流出したビットコインの行方を海外サイトが追跡、タグ付けを行なっている様だ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加