XRP価格、海外仮想通貨取引所と大きな乖離が発生|Bitbankなどの取引板に問題発生か

仮想通貨XRPは、急激な価格の高騰を記録しているが、日本の取引所Bitbankが、一時的に取引板が動いていない状況が発生している模様だ。

継続して取引される海外取引所では、すでに80円を超えている(11:53時点)取引所や、MBAexという取引所のXRP/USDTの取引価格を日本円換算すると112円とかなり大きな価格乖離が生じている。

出典:CoinMarketCap

取引所の停止が起こった場合、再開後、価格に大きな影響を与える可能性もあり、注意が必要な状況といえるだろう。

追記(0:13)

0:13時点で、止まっていたBitbankなどの価格付近まで他の取引所の価格が追う形で下落した様だ。

出典:CoinMarketCap

11時53分には80円を超えていたBithumbのXRP価格も大きく下落に転じている。

出典:Bithumb

追記(0:43)

その後、仮想通貨取引所Poloniexもサーバーダウンしたという報告が相次ぎ、状況を悪いとみた海外取引所のXRP価格が更に下落した。

出典:CoinMarketCap

なお、サーバーダウンしたと思われるPoloniexは、80円台のまま停止している。

また、ポロニエックスから価格データを取っていると思われる日本の取引所コインチェックのデータも合わせて停止している模様だ。

出典:CoinCheck

その後、ポロ二エックス公式アカウントからも問題について告知された。

追記(1:24)

ポロ二エックスがサーバーダウン状態から復旧した模様だ。

CoinMarketCap上での価格も、他の取引所と同水準に戻っている。

出典:CoinMarketCap

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨リップル(XRP)、週足のMACDが2月以来初めて「ゴールデンクロス」を記録
昨日の暴騰で一段上げ、さらに今日の明朝に一時前日比50%を超える驚異の暴騰を見せた仮想通貨XRP。週足でのMACDを見ると、ゴールデンクロスが完成、これは2月中旬以来の変化となり、XRPチャートにおいて重要な動きが観測された。
リップル最重要カンファレンス『SWELL 2018』特集|仮想通貨XRP価格への影響は
仮想通貨リップル(XRP)をテーマにした世界最大級のカンファレンス「SWELL 2018」。元米大統領のビルクリントン氏や、サウジアラビアやブラジルの中央銀行責任者が登壇することで、ビットコイン市場や株式市場からも高い関心を集めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加