CoinPostで今最も読まれています

日本最大級のweb3国際カンファレンス「WebX」レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

WebXレポート

2023年7月25日〜26日にかけて東京国際フォーラムで開催された、日本最大級のweb3国際カンファレンス「WebX」の模様をお届けします。

WebXとは、国内最大の暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営し、国内外の主要プレイヤー、スタートアップ、企業、投資 家、政府関係者、メディア、一般来場者が一堂に会するアジア最大級のグローバルカンファレンスのこと。

おかげさまで想定を上回る反響を呼び、来場者数は2日間で約16,500人、登壇したスピーカー数290人、協賛・協力企業372社(団体含む)となりました。

政府関係者らが登壇

新しい産業の育成・発展のため、Web3政策を推し進める政府関係者にも多数ご来場いただき、経済産業大臣や文部科学大臣などを歴任してきた萩生田政務調査会⻑のご挨拶での幕開けとなりました。

自民党の政務調査会長を務める萩生田光一氏は、他の先進国にも決して引けを取らない“日本の優位性”を主張しつつ、「規制環境の整備された日本は、Web3ビジネスを推進する機会に恵まれている」とアピール。

経済産業省主導のプロジェクト「始動 Next Innovator」は、過去5年間で1000人規模の起業家や学生を米国のシリコンバレーに派遣し、今年度から開始する新たな派遣プログラム「J-StarX」では、派遣地域を米国、フランス、シンガポールなどに拡大する予定であり、国境を越えたネットワーク構築の重要性を強調しました。

その後、WebXにビデオメッセージを寄せた岸田総理は、自身の掲げる『新しい資本主義』に触れつつ、Web3については「新たな社会変革につながる可能性を秘めている」と高く評価。「日本のweb3業界から多種多様なプロジェクトが生まれることを期待している」と、新興産業の発展に期待を寄せました。

関連:WebX開幕 岸田文雄 内閣総理大臣がビデオ登壇|WebXカンファレンス

日本は、バブル崩壊後の1990年代初頭から2023年現在にかけて、経済低迷や国際競争力の低下が指摘されて久しい。

上場企業の株式時価総額の世界ランキングTOP100では、『GAFAM』と称されるGoogle、Amazon、Meta(旧Facebook)、Apple、Microsoftなどの米IT企業が上位を独占する中、日本企業は過去30年間で激減しました。

国際通貨基金(IMF)の統計データによれば、日本のGDP(国内総生産)における1990年以降の伸び率は、米国や中国と比較して大きく出遅れている現状があります。

このような現状を打破すべく、岸田政権は「成長と分配の好循環」と「コロナ後の新しい社会の開拓」をコンセプトとした“新しい資本主義”を掲げています。

そうした中、平将明議員を座長とする自民党の「web3プロジェクトチーム」による提言を受け、同年6月にはWeb3の環境整備を盛り込んだ成長戦略を閣議決定しました。

岸田総理は、2022年5月に英国金融街シティの講演で日本への投資を呼びかける中で「ブロックチェーンやNFT、メタバースなどWeb3の推進のための環境整備も含め、新たなサービスが生まれやすい社会を日本で実現する」と主張しており、金融庁や経産省を含む関係省庁がWeb30事業の環境整備に向けて本腰を入れ始めています。

関連:なぜ日本政府は「Web3政策」を推進し始めたのか?重要ポイントと関連ニュースまとめ

2日目のDay2では、来賓挨拶に訪れた西村経済産業大臣がWebXのステージに登壇。少子高齢化社会にある中、Web3や生成AI(人工知能)などの革新技術で克服することが重要だと述べました。

さらに、「世界中の起業家や技術者が日本に結集したくなるような魅力的な環境整備に取り組んでいる」と主張。「人類の課題を乗り越えるには新しいアイデアによる”イノベーション、イノベーション、イノベーション”が必要だ」と技術革新の重要性を繰り返して力を込め、日本からのチャレンジを呼びかけました。

関連:西村経済産業大臣、AIとWeb3相乗効果による社会変革の可能性を強調|WebXカンファレンス

また、自治体のトップとして東京都の小池百合子都知事や大阪府の吉村洋文知事に基調講演も行われ、来場者の関心を集めました。

吉村府知事は、セキュリティトークン(デジタル証券)およびセキュリティ・トークン・オファリング(STO)構想を掲げる「大阪デジタルエクスチェンジ」の推進を進めており、2025年に開催される日本国際博覧会(大阪万博)などを見据え、Web3スタートアップ企業の招致を強調しました。

関連:SBI主導の新PTS市場、大阪デジタルエクスチェンジとは|デジタル証券との関係を解説

小池百合子都知事は閉会の挨拶で、「アジア最大級のWeb3カンファレンスが、東京で開催されたことには大きな意義がある。東京都は世界をリードする国際金融都市とすべく金融のデジタル化を進め、世界に通用するイノベーションの創出に取り組んでいる。」と言及。

「東京都とも連携を図りながら、さらなるイノベーションを一緒に生み出して参りましょう」とWebX参加者に呼びかけました。

注目セッション

WebXの注目セッションステージは、いずれも高い熱量に包まれました。

中でも、国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyerの加納CEOと、2ちゃんねる創業者のひろゆき氏の特別対談は話題性もあり、立ち見が多数出た結果、入場制限がかかるほどの盛況ぶりとなりました。

関連:ひろゆき×加納裕三 特別対談レポート『ビットコイン・Web3は世の中に必要か』|WebXカンファレンス

YugaラボCEOと経産省Web3.0政策推進室の課長補佐の対談も大きな注目を集めた。

関連:「Web3で日本IPを海外へ」YugaラボCEOと経産省板垣氏が対談|WebXカンファレンス 

メイン会場となったホールBのほか、企業出展のブースのあるホールEにも大勢の利用者が訪れました。

ホールDでは、特別展示のメタバースプロジェクト「遊戯苑」のデジタルアートモニュメントの造形美が来場者の人気を博したほか、国内外の人気NFTプロジェクトや日本企業ブランド・IPとのコラボプロジェクトが同時展示されました。

新作ゲーム発表会も

25日には、ソシャゲ開発大手コロプラの100%子会社でブロックチェーンゲームを手掛ける株式会社Brilliantcryptoが、同名の新作Web3ゲーム『Brilliantcrypto』をWebXの舞台で発表しました。

コロプラ創業者であり、Brilliantcryptoの最高経営責任者である馬場 功淳氏が自ら登壇して熱弁をふるいました。

Brilliantcryptoは、2023年7月20日に国内大手暗号資産交換業者コインチェックとIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)に向けた契約を締結したばかりとあって、報道陣も多数詰めかけました。

『Brilliantcrypto』は、ゲーム内マーケットで“ツルハシ”を購入して鉱山のなかを掘り進めることで、独自トークンと交換可能なアイテムやNFT(非代替性トークン)の宝石(原石)を採掘することができるというものです。

最大の特徴は、ビットコインのコンセンサスアルゴリズムである「Proof of Work(PoW)」をゲームに置き換えた「Proof of Gaming(PoG)」を導入しており、世界中の人々がゲームをプレイすることでマイニングが行われ、デジタル世界における宝石の価値を証明するという画期的な仕組み。

関連:デジタル世界の宝石をマイニング、WebXでコロプラ子会社「Brilliantcrypto」がゲーム発表

閉幕へ

初めての大規模カンファレンスの運営で至らぬ点も多々あったかと思いますが、スポンサーの方々やスピーカーの方々、そしてサポーターのみなさまのおかげで無事イベントを終えることが出来ました。

たくさんの来場、心より感謝しております。

また来年、WebXでお会いしましょう。

See you next year at WebX again!!

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア