CoinPostで今最も読まれています

デジタル世界の宝石をマイニング、WebXでコロプラ子会社「Brilliantcrypto」がゲーム発表 名門クラブ「パリ・サンジェルマンFC」と提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Brilliantcrypto発表会

コロプラの100%子会社でブロックチェーンゲームを手掛ける株式会社Brilliantcryptoが、同名の新作ゲーム『Brilliantcrypto』をWebXの舞台で発表した。

ユーザーはゲーム内マーケットで専用の“ツルハシ”を購入し、探知機やライト、はしごや爆弾などのアイテムを駆使しながら鉱山のなかを掘り進めることで、独自トークンと交換可能な「輝石」やNFT(非代替性トークン)の「宝石(原石)」を採掘することができる。

“ツルハシ”は、初心者でも参加しやすいようスカラーシップで借り受けることも可能になるという。

採掘によって獲得できるデジタル世界の宝石は、ダイヤモンド、レッドスピネル、アクアマリンなど複数の種類が存在し、“大きさ”を示すカラット数や“透明度”を示すクオリティ等によって希少性が変わる。

希少性の高い宝石は高値で売買されることになりそうだ。

宝石のカッティング工房で加工すれば、装飾品として利用できるようになり、ゆくゆくはさまざまなメタバースの世界にコンバート可能になる。

今回WebXに登壇したスピーカーは、親会社のコロプラ創業者であり、Brilliantcryptoの最高経営責任者である馬場 功淳氏。大きな発表とあってやや緊張した面持ちで熱弁をふるった。

会場の日本ステージには数多くのメディアが集結するなど注目度の高さを伺わせた。

今月20日には、国内大手暗号資産交換業者コインチェックとIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)に向けた契約を締結したばかり。国内大手取引所コインチェックのIEO案件は、21年7月のパレットトークン(PLT)、23年3月のフィナンシェトークン(FNCT)に続いて3例目とあって、トークン価格への注目度も非常に高いものとなりそうだ。

関連:コロプラグループのBCG開発会社Brilliantcrypto、コインチェックとIEO契約を締結

馬場功淳CEOは冒頭、既存ブロックチェーンゲームの課題である「持続可能なPlay to Earn(遊んで稼ぐ)」仕組みについて解決方法を模索した際、ビットコイン(BTC)のコンセンサスアルゴリズムから着想を得た『Proof of Gaming』を発案したと言及した。

Proof of Gaming とは

Proof of Gaming(PoG)とは、ビットコインのコンセンサスアルゴリズムである「Proof of Work(PoW)」をゲームに置き換えたモデルのことだ。

ビットコインは、世界中のマイナー(採掘者)が膨大なハッシュ計算をすることでマイニング競争が行われ、その価値が証明される。その希少性から金(ゴールド)に準えた“デジタル・ゴールド”と呼称されることもある。

それと同様に、「Brilliantcrypto」の宝石は、世界中の人々がゲームをプレイすることでマイニングが行われ、デジタル世界において宝石の価値が証明される。

市場規模を拡大とともに指数関数的に高騰してきたビットコインのマイニング(採掘)競争は今や熾烈を極め、現在では最先端のマシンで膨大なハッシュ計算をしなければならず、個人では到底太刀打ちできない状況にあるが、馬場CEOは10年ほど前の黎明期に個人マイニングに挑戦し、画期的な仕組みに感動を覚えたという。

「今やプロ(業者)以外立ち入れない世界になってしまった」と一抹の寂しさも覚えるとし、「ゲームに置き換えれば、個人がずっと楽しくゲームできるのではないか?」と考えるに至った。

世の中に存在する本物志向のブランドをメタバースに持ち込みたいという一定のニーズはあるが、宝石や貴金属は、服や鞄や時計のようなブランド(権利元)がない。なぜなら、人類の誕生前から鉱物として世界中に眠っていたからだ。

その点を踏まえ、デジタルデータのさまざまな宝石の価値が保障されるような画期的なサービスを作りたい。ゲームとAI(人工知能)の力で実現したいとの想いを強くしていった。

『Proof of Gaming』の仕組みを考案するにあたり、重視したのは下記の4点だ。

  1. 事前に結果を予測できない(どの鉱山から宝石が発掘されるか)
  2. 公開されたロジックで結果を再現可能
  3. 開発者であっても宝石を生成できない
  4. AIによる非中央主権

ブロックチェーンのデータを使うことによって透明性と信頼性を担保するため、宝石生成ロジックのコードは一般公開され、誰でも結果の検証が行えるようになる。

その一環として、AI(人工知能)の技術も活用する。

  1. AIによる非中央集権的ゲーム運用
  2. 大規模言語モデルを用いた“歴史”の生成
  3. 機械学習により洗練された不正検知

馬場CEOは、「ビットコインのハッシュ計算は、人類の歴史において最も計算にパワーを使ったデータであり、この仕組みを用いたブロックチェーンゲームには、エモさを感じる」と表現するなど、ビットコインへの愛着を伺わせた。

また、近年ではブロックチェーン技術や仮想通貨を組み合わせて、ゲームで遊びながらお金を稼ぐ「Play to Earn(P2E)」が世界的に注目を集める一方、先行者が利益を得やすい仕組みだったり、トークン経済圏のバブル崩壊でユーザーの離脱を招くなど「持続可能性」の課題が指摘される。

そういった点において、「Proof of Gaming」のモデルは、ゲームのプレイによって宝石の価値を証明することで他人の価値を創出することで、持続可能な「Play to Earn」が実現できると考えているとした。

パリ・サンジェルマンFCと提携

Brilliantcryptoは、世界的な知名度・信頼度向上のため、名門サッカークラブ「パリ・サンジェルマンFC」との提携を発表した。

馬場CEOはアルファテストで苦労した点として、コロプラの知名度で日本のユーザーはすぐ集まるが、認知度の足りないアフリカや東南アジアでは協力するテスター集めに言及。リオネル・メッシやネイマール、キリアン・エムバペらスター選手が所属するだけあって、若者への訴求力強化に期待感を示した。

WebXのステージには、パリサンジェルマンのマネージングディレクターを務めるセバスチャン氏と、カメルーン代表でパリサンジェルマン所属経験のあるパトリック・エムボマ氏がゲストして登壇。

パリサンジェルマンは、サッカーゲームの「FIFA」に限らず、esports市場でもサッカークラブとしては先駆者であると自認しており、プロモーションを強化する中で互いの利益が一致したと述べた。

馬場CEOはクローズドで行ったアルファテスト結果について、「これまでゲームを100くらい作ってきたが、アルファテストの段階でここまで高評価されたことはない」と確かな手応えを示した。

コラプラは、オリジナルIPの『白猫プロジェクト』や『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』、スクウェア・エニックスのIP『ドラゴンクエストウォーク』の共同開発などで知られる。

Brilliantcryptoのゲームのローンチ時期は、2024年2月頃を目指しており、まずは“フェーズ1”のマイニングシステムをリリースしたいと言及した。フェーズ2では、ジュエリーの加工などデザインが可能となり、NFTの原石を集めてNFTの宝石を生成したり出来るようになる。

フェーズ3では、加工されたジュエリーをアクセサリーとして身につけたアバターが仮想空間を闊歩するイメージ映像を共有している。その時流行っているメタバースにコンバート(転送)出来るようになる予定だという。

brilliantcrypto公式サイト

ゲームのエコシステムが一通り完成する“マスタープラン”は、5〜10年間かかるかもしれないと述べており、コロプラ創業者によるゲーム開発の集大成であることを示唆した。

クローズドベータテスト

一般ユーザー向けのクローズドベータテストの募集も始まっており、提携先との豪華なクリア報酬も用意された。

・募集期間:2023年7月25日(火)14:00〜2023年8月8日(火)14:59

・募集人数:少数で実施予定

・開催期間

 第1回:2023年8月15日(火)15:00〜2023年8月22日(火)14:59

 第2回:2023年9月12日(火)15:00〜2023年9月19日(火)14:59

 第3回:2023年10月10日(火)15:00〜2023年10月17日(火)14:59

・クリア報酬①:5000円相当のイーサリアム(ETH)

・クリア報酬②:抽選で、欧州No.1を決める大会のパリ・サンジェルマンのホーム戦観戦ペアチケット(航空券付き)6組様にプレゼント

詳細は、Brilliantcrypto公式サイトまで

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア