CoinPostで今最も読まれています

アップルやエヌビディアなど米国株全面安、米国債利回り上昇を警戒|7日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

9/7(木)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:34,443 -0.5%
  • ナスダック:13,872 -1%
  • S&P500:4,465 -0.7%
  • 日経平均:33,241 +0.6%
  • 米ドル/円:147.6 -0.05%
  • 米ドル指数:104.8 +0.04%
  • 米国債10年:年利回り4.29 +0.6%
  • 金先物:1,941ドル -0.5%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:25,695ドル -0.1%
  • イーサリアム:1,630ドル 0.0%

本日のNYダウ・ナスダック

本日の米国株式市場は続落。NYダウは−198.7ドルで下げ幅は一時350ドルを超えていた。アップルを中心に大手テクノロジー銘柄が下落した影響でナスダックとS&P500もマイナスで6日を終えた。ISMデータを受け米国債利回りが上昇することへの警戒や、減産による原油高騰・欧州のスタグフレーションリスクへの警戒が強まった。

関連米国株下落、中国景気回復懸念やサウジ原油減産が悪材料に|6日金融短観

米ISMが高水準に

昨夜発表の8月の米非製造業総合景況指数は、新規受注と雇用の加速を受け6カ月ぶりの高水準に戻った。予想値を超えたことが投資家に悪材料とされた。

経済全体の強さが改めて示されており米国が景気後退を回避できるとの楽観的な見方を強めているが、サービス業などのコスト上昇が緩和されなければインフレが長期化する懸念があるとの見方もある。

ノースウェスタン・ミューチュアル・ウェルス・マネジメントの株式担当シニア・ポートフォリオ・マネージャー、Matt Stucky氏は「これはFRBが戦っているインフレデータであり、米国GDPの3分の2を占める経済のサービス部門におけるインフレと戦っているわけだ」とMarketWatchでコメントした。

一方、企業の在庫景況感指数は20年4月以来の高水準に跳ね上がり、今後数カ月の間に製造業者やサービス業者への発注(需要)が後退するリスクを示した。

今回のデータを受け、米国債利回りは再び上昇し、2年債利回りは5%(FF金利5.25~5.5%)を超えた。米FRBが高い金利水準をより長期にわたって維持する必要があるとの観測が強まった。

関連「碧桂園」など中国の不動産株大幅反発

米地区連銀経済報告

FRBが6日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で労働市場がクールダウンしておりインフレ圧力が鈍化する中、米国の経済と雇用市場の伸びは7月と8月に鈍化していたと指摘された。

また、「大部分の地区で物価上昇率が全体的に鈍化したと報告された」との報告のほか、企業の賃金伸びが短期的にほぼ全ての地区で概ね鈍化するという見通しは、FRBの利上げサイクルがすでに終了したかもしくは終了に近いとの観測を裏付けているとみられる。

先週発表された8月の米雇用統計では広範囲に増加した雇用(賃金鈍化)と失業率上昇という対立的な状況が示された。市場関係者はこれを受けて「雇用の伸び減速、労働参加率の上昇、所得の伸び鈍化の組み合わせは、米金融当局の視点で見ればほぼ完璧な内容」とみているという。

関連米8月雇用統計で追加利上げ懸念後退

欧州スタグフレーションリスク

欧州のストックス欧州600指数は前日比-6%と続落。欧州債市場ではドイツ債が4日続落を記録した。

6日に発表されたドイツの製造業受注データは7月に大幅に減少したことが明らかになった。欧州最大の経済のドイツが直面する苦境が7-9月(第3四半期)でも継続していることが示唆されるにもかかわらず、欧州中央銀行が高金利を長期間維持するとの観測が高い。スタグフレーション(景気停滞と物価上昇の同時進行)に向かいつつあるとの懸念が強まった。

その影響を受け欧州発の世界的なラグジュアリー企業の株価(高級品銘柄)は前日比の下げが目立った。エルメス-3.6%、LVMH-3.6%。

関連9月株式市場見通しは|金融短観

ドル円

朝のドル円は147円560銭台。米ISM非製造業の良好なデータなどを受けてドル買いとなった。

出典:Minkabu

昨年11月以来の円安ドル高水準について、財務省の神田真人財務官は6日朝、「政府としてはあらゆる選択肢を排除せずに適切に対応していきたい」と記者団に話し、「投機的な行動、あるいはファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)では説明できないような動きが見られている。高い緊張感を持って注視している」と語った。

一方、オアンダのシニアマーケットアナリスト、Edward Moya氏は「決定的で意味のある行動を支える説得力のあるデータ/市場環境が伴わなければ、為替の話は安っぽい」と指摘し、「欧州中央銀行(ECB)は、見通しが悪化している中で利上げに踏み切れると市場に納得させるのに苦労するだろう。日本の政府高官は、口先だけの介入の脅しをまだ半分ほど実行していない」とMarketWatchに対して語った。

MarketWatchによると、ドルが続伸したのは、米国の経済データが堅調だったためで、米国は先進国市場の他の国々よりも良好な状態にある。また、米FRBがインフレ対策のための利上げを終えた、あるいはほぼ終えたとしても、好調なデータは利上げの続行を意味するもので、サウジアラビアとロシアによる原油の減産延長によってブレント原油が1バレル当たり90ドルを超えた今週ではこの観測はさらに強まったという。

重要経済指標(注目度:★★★★☆)

米国株 ハイテク株全面安

個別銘柄の前日比:エヌビディア-3%、AMD-1.3%、テスラ-1.7%、マイクロソフト-0.2%、アルファベット-0.9%、アマゾン-1.3%、アップル-3.5%、メタ-0.3%。

アップル悪材料

中国の政府機関がiPhoneをはじめとする外国ブランドの端末を職場で使用することを禁じているとの内容が伝わった。禁止ルールの実情は不明とされるが、中国はアップルにとって米国外の最大市場であるため、今後の売上に影響する恐れがあるとみられる。

仮想通貨関連銘柄まちまち

  • コインベース|78ドル(+0.7%/+0.06%)
  • マイクロストラテジー|350.7ドル(+0.4%/-0.2%)
  • マラソン・デジタル|12ドル(+0.5%/+0.5%)

関連税制優遇制度「つみたてNISA」で選べる投資信託ランキング

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア