CoinPostで今最も読まれています

利上げ観測後退 米国株小幅続伸、9月株式市場見通しは|31日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

8/31(木)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:34,890ドル +0.1%
  • ナスダック:14,019ドル +0.5%
  • 日経平均:32,333円 +0.3%
  • 米ドル/円:146.1 -0.01%
  • 米ドル指数:103.1 -0.3%
  • 米国債10年:年利回り4.1 -0.2%
  • 金先物:1,970ドル +0.2%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:27,651ドル +6.5%
  • イーサリアム:1,731ドル +5.4%

本日のNYダウ・ナスダック

本日のNYダウは+37.5ドルと小幅に4日続伸し、ナスダックも+75.5ドルで取引を終えた。前日に続き、ADP雇用統計と第2四半期GDP確報値という2つの弱い経済指標を受けて株式市場はプラス圏を維持し、米国債利回りは続落した。エヌビディア株は再び終値で過去最高値を更新し「492.6ドル」をつけた。

ADP雇用統計

米労働省が9月1日に発表する8月の非農業部門雇用者数の先行指標とされるADP雇用統計は昨夜発表された。今回では、8月の米民間雇用者数が17万7000人増加し、予想の19万5000人増を下回った。増加幅はこの5カ月で最少で、タイトだった労働者市場が弱まりつつある傾向が強まっているようだ。

29日発表の7月求人件数の減少と合わせて、労働市場データを金利政策の1つの重要な決め手とするFRBの利上げ据え置きへの期待を正当化するものとみられる。7月求人件数は882万7000件に減少し、予想の950万件を大きく下回っており、2021年3月以来約2年半ぶりの低水準となった。

関連弱い経済指標で米国株続伸、マラソンやコインベースなど仮想通貨関連株が大幅高|30日金融短観

第2四半期GDP確報値

また、第2四半期GDP確報値(改定値)も米景気の減速を示唆する内容だ。確報値では、前期比で年率2.1%増で、速報値2.4%増から下方修正。前四半期は2%増だったため、より緩やかな成長が確認された。

個人消費の確報値は1.7%増で、速報値の1.6%増から上方修正されたが、設備投資の下方修正が全体の数字を引き下げた格好だ。

また、国内総所得(GDI)に関しては労働市場の持続的な強さなどが原因で4-6月は0.5%増加したという。

7月米中古住宅販売成約指数

さらに、7月米中古住宅販売成約(仮契約)指数は前回の0.3%増から大幅に増加し0.9%増加。今年1月以来半年ぶりの伸び率だった。予想は-1.1%だったことから、借り入れコストや利上げによる住宅価格の高止まりの影響で急速に落ち込んでいた住宅市場が回復し始めている兆しを見せた格好だ。

なお、今夜はFRBが最も重要視するインフレ指標であるPECデフレータが発表され、明日夜は米8月の雇用統計データが明らかになる。一方、今週の比較的に弱い米経済指標を受けて金利先物市場ではFRBの利下げ開始を来年7月から6月に前倒ししている。

出典:Minkabu

重要経済指標(注目度:★★★★☆)

関連対SEC裁判のグレースケール勝訴でビットコイン高騰、投資信託「GBTC」への影響は?

米国株

米国株はS&P500種株価指数が節目として意識されていた4,500を突破し4,514.8で取引を終えた。セクター別では、アップルが大型株の上げを主導する一方、地銀や悪い決算を発表したHPは売られた。

個別銘柄の前日比:エヌビディア+0.9%、AMD+0.6%、テスラ-0.1%、マイクロソフト+0.1%、アルファベット+0.9%、アマゾン+0.1%、アップル+1.9%、メタ-0.97%。

アップル

アップルは米時間9月12日に今年の目玉商品である「iPhone15」と次世代スマートウオッチ「Apple Watch」を発表する見込みだ。日本時間13日午前2時にストリーミング配信を開始する予定。

同社のiPhone売上は3四半期連続で減少しており、新しいモデルへの需要を懸念する声もあるが、iPhoneとApple Watchの売上高は合わせてアップル全体の売上高の半分を超える規模にあるため、新製品が成長挽回の助けになる可能性がある。

百度

中国のEコマース大手百度(バイデゥ)はニューヨーク市場で前日比3.1%高。中国政府が同社などのAIモデルを初めて承認する意向だと伝わったことが材料視された。

ブルームバーグによると、中国の国家インターネット情報弁公室は、百度など新興企業や大手ハイテクを含む少数企業のAIモデルを近く認可する見通しだという。生成AI分野で百度が今後米オープンAIやマイクロソフトの競争相手になると期待されているようだ。

関連NISAで買える、国内・海外のETF(上場投資信託)ランキングTOP3

9月株式市場見通し

MarketWatchは9月の株式市場見通しを公開。S&P500は今月ほぼ2%の下落を記録しており、2月以来の最大の月次下げ幅となった。しかし、Dow Jones Market Dataによると、大型株指数が8月に2%前後下落すると、9月のリターンは通常よりも悪くなる傾向があるという。また、CFRA Researchのチーフ投資ストラテジストであるSam Stovallは「1945年以来、大型株指数であるS&P500指数(SPX)は、9月に平均してマイナス0.73%の月次リターンを記録し、どの月よりも最悪の平均パフォーマンスを残している。さらに、S&P500が月次で下落回数が上昇よりも多い唯一の月であり、勝率はわずか44%にとどまる」とコメントした。

出典:S&P Global

8月の強い経済データへの懸念から連邦準備制度理事会(FRB)が予想よりも長期にわたって金利を引き上げ続ける可能性があり、株式市場は8月に停滞していたが、セクター別ではAI分野をリードするエヌビディアは好決算を受けて過去最高値を更新していた。

一方、Fundstrat Global AdvisorsのテクニカルストラテジーヘッドであるMark Newton氏は、多くの投資家が予想しているほど9月がマイナスになるとは限らない可能性もあるとした。1935年以来、選挙前の年の場合、9月の前半は後半よりも「ずっと良い」という傾向がある。選挙前の年の9月の中央値のリターンはマイナス0.04%だったが、1935年以来、平均リターンはプラスであり、平均リターンは0.2%だったという。米国は2024年11月に大統領選を控えている。

さらに、Newton氏は米ドルと米国債利回りの中期的なピークは近いと述べた。9月初旬までに利回りが新たな高値に押し戻される可能性があるとしながらも「全体的に多くの上昇要因が示唆しているように、株式市場の底はすぐそこにあり、市場は9月の前半に利益を上げることができるかもしれない」とみている。

仮想通貨関連銘柄反落

  • コインベース|83.8ドル(-1%/+12.9%)
  • マイクロストラテジー|371.6ドル(-2.5%/+10.6%)
  • マラソン・デジタル|13.4ドル(-1.5%/+27.7%)

関連対SEC裁判のグレースケール勝訴でビットコイン高騰、投資信託「GBTC」への影響は?

関連税制優遇制度「つみたてNISA」で選べる投資信託ランキング

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア