CoinPostで今最も読まれています

対SEC裁判のグレースケール勝訴でビットコイン高騰、投資信託「GBTC」への影響は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

29日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比292ドル(0.85%)高、ナスダック指数は238ポイント(1.74%)高で取引を終えた。

米国の求人件数や米個人消費の先行指標とされる米消費者信頼感指数が予想を下回ったことで米国債利回りが急低下。インフレ懸念が再燃する中、リスク性資産に追い風となった。

米消費者信頼感指数は、米民間調査機関コンファレンスボードが発表する経済指標であり、エコノミストの市場予想中央値116.0に対し、106.1と大きく下回った。

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比5.5%高の1BTC=27,514ドルと大幅反発。時価総額上位の主要アルトコインでは、イーサリアム(ETH)が前日比4.01%高、XRPが2.42%高、BNBが3.2%高となった。

BTC/USD日足

足元では、17日の急落の起点でもあり今年3月以降に揉み合った28,500ドル付近のレジスタンスライン(上値抵抗線)で、戻り売り圧力が高まることが想定される。

先物市場(Liquidations Chart)では、ショートポジションのロスカット量は17日のロングポジションのロスカット規模の1/8程度と限定的。節目のラインをブレイクアウトした場合、直近高値31,000〜32,000ドルの主要ラインまでの続伸が見込めそうだ。

相場の過熱感を示すRSIは歴史的な売られ過ぎ水準にある28まで低下しており、年初来最大規模のロスカットに伴い下げの燃料が一時的に枯渇するなど複数の反転シグナルが出ていた。

関連:ビットコイン市場に複数の反転シグナル、アナリストらは慎重な見立て

また、価格が横ばいに推移する中、ビットコインの建玉(OI)が増加傾向にあり、トレーダーがロングポジションを構築していた可能性がある。

GBTCへの影響は

米SEC(証券取引委員会)と争っていた大手暗号資産(仮想通貨)投資企業グレイスケール・インベストメンツが勝訴したことを受け、グレースケールの投資ファンド「GBTC(グレースケール・ビットコイン・トラスト)」の出来高は、22年6月以来の過去最高水準に達した。

二次取引では前日比17%近く上昇し、1株当たり120.6ドルに達した。月曜日時点では7.6ドルで取引されていた。

関連:ビットコインETF転換訴訟で米グレースケールに有利な判決、ツイッター(X)が仮想通貨決済も提供可能に|30日朝の重要速報まとめ

裁判所は意見書の中で、「ビットコイン現物ETFとビットコイン先物ETFは類似した金融商品でありながらも、SECの判断基準が大きく異なることは説明不足かつ恣意的である」と断じ、ETF転換を拒否するSECの決定に対するグレースケール側の“異議申し立て”内容を認めた。

SECは、今後45日以内に再審理を要求することができる。

SECは22年10月以降、ProSharesの先物ETFがニューヨーク証券取引所Arcaに株式上場したことを皮切りに複数のビットコイン先物ETFを承認していたが、ビットコイン現物ETFについては「投資家保護の観点から価格操作への対策が不十分」などとして、非承認され続けていた。

関連:米SECがビットコイン先物ETFを承認、同国初

現物価格とのマイナス乖離を示すディスカウントは急減し、米The Blockが報じた時点で最大-17%まで縮小した。

2021年の強気相場では裁定(アービトラージ)取引需要も相まって機関投資家を中心に需要が急増し、プラス乖離(プレミアム)が拡大したが、その後は地合い悪化やビットコイン先物ETFの承認などの影響を受け、機関投資家によるエクスポージャーが激減。大幅ディスカウントが続いていた。

GBTCプレミアム(3年チャート)

22年12月には、FTXグループの経営破綻で流動性危機に直面した融資企業ジェネシス・グローバル・キャピタルの影響により、同じくデジタルカレンシーグループ(DCG)を親会社に持つグレースケールに影響が及ぶ可能性が取り沙汰され、投資家の懸念が強まった。

また、破綻したヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)をめぐる裁判所資料にて、ジェネシスから融資を受けたBTCを担保にGBTCの発行を繰り返すなどのハイレバレッジの資金調達スキームを用いていた事実が明らかになったこともあり、GBTCのディスカウント率は最大-50%近くまで拡大した。

ジェネシスは今年1月に破産申請したが、資産運用会社Bernsteinは「構造的にもGBTC保有者は保護されており、ジェネシスの債権者はグレースケールのGBTC資産に対する請求権を持たない」との見解を示していた。

一方で、ジェネシスの緊急流動性を確保するため、Ethereum Trustなど投資ポートフォリオの一部売却を余儀なくされたDCGが、GBTC保有量からも部分売却するのではないかとの懸念は燻っていた。親会社のDCGは今年1月時点で、ジェネシスの債権者に対し30億ドル以上の負債を抱えていた。

関連:グレースケール投信GBTC、関連会社の流動性危機の影響は?

ジェネシスは今年2月までにジェミニなどの主な債権者の支援を受け再建計画に大筋合意。DCGは直近、ロイターで発表した声明において「ジェネシスおよび無担保債権者委員会と原則合意に達した」ことを明かしている。

GBTCは、1受益証券当たりのBTC保有比率がビットコイン市場価格に連動する投資成果を目指すものだ。

GBTCは償還期限前に払い戻し、及び中途解約出来ないクローズド・エンド型商品であることから本来の価値から乖離しやすい性質にある。オープン・エンド型商品であれば純資産価格に基づく払い戻しが認められるため、より効率的な価格形成に寄与しやすい。

したがって、GBTCの上場投資信託(ETF)転換がSECに承認された場合、一株当たりの純資産価値が再評価され、乖離解消に向かうことが想定される。

これに先駆け27日には、ビットコインETF(上場投資信託)への転換申請を正式に開始したことを発表した。グレースケールの運用資産は、140億ドル〜170億ドル(2〜2.5兆円)相当に及ぶものとみられる。

グレースケールは21年10月、GBTCをオープンエンド型ETFに転換するための申請書をSECに提出していたが、却下されたことを受け、22年10月にSECを相手取った訴訟を提訴していた。米デジタル商工会議所やニューヨーク証券取引所も、グレースケールを支持する法定助言書を裁判所に提出するなど支援している。

今回の裁判結果を受け、ブラックロックやフィデリティのような大手資産運用会社によるビットコインETF(上場投資信託)申請にも追い風となり、業界内からさまざまな反応が寄せられている。

ベンチャーキャピタリストのアンソニー・ポンプリアーノ氏は、「ビットコイン現物ETFが遠からず承認される保証はないが、今回の裁判結果を受けてその確率は確実に高まった」との見解を示した。材料視された後のビットコイン価格高騰は、裁判結果を受け、市場関係者のビットコインETF(上場投資信託)承認への期待が高まったことを示唆している。

暗号資産(仮想通貨)に対する強硬的なスタンスで執行措置を取ってきたSECについて、過剰規制は米国のイノベーションを阻害するとの声が強まる中、SECのゲーリー・ゲンスラー委員長の責任を問う声もある。

スカイブリッジ・キャピタルの最高経営責任者(CEO)であるアンソニー・スカラムッチ氏は、SECの敗訴が続いていることを受け、「ゲンスラーは辞任すべきだ」と強い論調で批判した。

関連:上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア