CoinPostで今最も読まれています

「碧桂園」など中国の不動産株大幅反発、米株市場は休場|5日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

9/5(火)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:休場
  • ナスダック:休場
  • S&P500:休場
  • 日経平均:32,939円 +0.7%
  • 米ドル/円:146.4 +0.2%
  • 米ドル指数:104.1 -0.1%
  • 米国債10年:年利回り4.2 +0.9%
  • 金先物:1,964ドル -0.1%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:25,816ドル -0.8%
  • イーサリアム:1,626ドル -0.8%

本日のNYダウ・ナスダック

本日の米国株式市場は「レーバーデー」の祝日で休場になった。

関連9月株式市場見通しは|金融短観

今後の見通し アナリストコメント

S&P500は7月末に今年の最高値をつけており、エヌビディアが第2四半期決算(5-7月)で過去最高の収益を報告したなど米国株市場は高金利環境で過熱感を出している状態だ。

当初悲観的だったウォール街アナリストらは7月から8月にかけて、S&P500指数SPX構成500社の第3四半期の1株当たり利益予想を引き上げたという。第3四半期の一株当たり利益予想は、6月30日から8月31日までに0.4%上昇し、第4四半期の予想も0.6%上昇したという強気予想だ。MarketWatchが予測をまとめた。

一方、現時点では第2四半期の決算シーズンがほぼ終わり、株式投資家は最新の経済データに注目し、ほとんどの場合、いわゆる「悪い経済ニュース」、つまり景気減速を示唆するようなデータにはポジティブに反応している格好だ。先週発表の米8月雇用統計、7月求人件数、第2四半期GDP確報値は全て米景気の減速を示唆する内容だった。

関連米8月雇用統計で追加利上げ懸念後退|2日金融短観

それらの経済指標を受けて、米国債先物市場では9月21(木)にFRBが利上げに踏み切る可能性が僅か7%程度にとどまり、11月の政策決定会合では利上げが見送られる観測も高まっている。なお、8月のCPIデータは9月13日(水)の21:30に公表予定だ。

出典:CME

コモンウェルス・ファイナンシャル・ネットワークのポートフォリオ・マネジャー、Chris Fasciano氏は、経済データの軟化とインフレ率の低下は、連邦準備制度理事会が利上げを停止する可能性を意味するとMarketWatchの取材で語った。

また、マネーファームのチーフ・インベストメント・オフィサー、Richard Flax氏は最近の経済指標について「データは悪くない。ただ軟化しているだけだ。もし本当に悪い経済データが出たら、ポジティブには受け取られないだろう」と指摘した。

一方、未だ景気後退への懸念が完全に消滅したわけではないようだ。7月のFOMC会合では、パウエル議長は景気後退のリスクについては「スタッフは以前から景気減速が年内に始まると予想していたが、最近の経済(雇用データなど)に見られる強靱性から、今はもはやリセッションは見込んでいない」とし、「私の基本シナリオは労働市場に最悪の結果をもたらすことなくインフレ率が目標(2%)に戻ることだ」と語ったが、ハリス・ファイナンシャル・グループのマネージング・パートナーであるJamie Cox氏は「我々が経験しているのは、ローリング・リセッションだ。リセッション(景気後退)の動きは通常ではセクターからセクターへと移っていくが、現時点では広範な落ち込みは見られていない。しかし、投資家が住宅市場や労働市場の大幅な落ち込みを確認すれば、シナリオは変わるかもしれない」とコックス氏は指摘した。

8月の失業率は前月の3.5%から3.8%へと幾分上昇したが、主には4ヶ月間も続く米エンターテインメント業界での大規模なストライキと、大手陸運会社「イエロー」の7月の事業閉鎖による労働市場への打撃だった。一方、クールダウンしながらも堅調さを保つ7~8月の労働市場だが、18〜24歳の若者の「サマー・ジョブ(夏の短期労働)」による雇用での一時的急増の可能性が高いとされている。

なお、今週は連銀総裁などの要人が発言する予定があり、投資家に何らかのヒントを与えるだろう。

関連ビットコイン小幅推移、ヴィタリック・ブテリン8500万円相当のMakerDAO(MKR)売却の背景は

関連「ジャクソンホール」米パウエル議長発言

重要経済指標(注目度:★★★★☆)

中国不動産株反発

4日月曜日に、中国の不動産指数である「香港ハンセン本土不動産指数」は+8.2%と大幅に反発し、不動産開発大手の碧桂園の株価も前日比+14.6%と大幅高となった。これまで大きく落ち込んできた中国の不動産・株式市場に「良いニュース」があったためだ。

先月、債務不履行の危機に瀕している中国の大手不動産開発会社「恒大集団」が米国ニューヨークの連邦破産裁判所に破産法第15章の適用を申請し、「チャイナショック」を引き起こすリスクを高めていた。また、碧桂園(カントリー・ガーデン)などの業者は巨額の赤字を発表しており、連日悪いニュースが続いた背景がある。

一方、中国人民銀行は人民元の下落を食い止めるために国有銀行に対し外国為替市場での介入を強化するよう指示し、8月31日には初めての住宅購入者を対象とした既存の住宅ローン金利の引き下げや一部の都市における頭金比率の引き下を含む不動産市場の活性化政策を表明した。また、中国財務省が株式市場の活性化を図るために、株式取引の印紙税を28日以降0.1%から0.05%に引き下げられるほか、中国証券監督管理委員会は27日に新規株式公開(IPO)のペースを一時的に減速させる方針を明らかにした。

さらに、碧桂園の多額な債務に関しては先日2日に、人民元建て債の返済延長の承認を債権者から得たことが報じられた。2日に償還期限を迎える39億元(約5.4億ドル)の債務の返済延長を求め、今後3年間にかけて返済していく案を提示したのち債権者らの投票によって認められた。上述の中国政府の支援政策にとっても追い風だろう。

ロイターによると、碧桂園の財務状況は競合他社と比べては相対的に健全とみられており、これまでは債務返済が滞ったことはなかった。だが先月、住宅需要の鈍化がキャッシュフローを直撃し、ドル建て債券の利払いが履行できない状態に陥ったという背景がある。

碧桂園の株価は、年初来-62%下落していた。

関連恒大集団が米国で破産申請、中国経済への影響は? 仮想通貨・金融市場も警戒

関連税制優遇制度「つみたてNISA」で選べる投資信託ランキング

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/29 水曜日
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア