CoinPostで今最も読まれています

恒大集団が米国で破産申請、中国経済への影響は? 仮想通貨・金融市場も警戒

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

恒大集団が破産申請

中国の大手不動産開発会社「恒大集団」は17日、米国ニューヨークの連邦破産裁判所に破産法第15章の適用を申請した。

政府による不動産業界の資金調達の締め付け、ゼロコロナ政策による国内の不動産市場の冷え込みが重なり、中国で多数の大手不動産開発企業が債務不履行の危機に瀕している。

この不動産危機は地方の財政にも影響を及ぼし、人民元の下落や輸出入の減少といった要因で中国経済が減速している。このような状況の中で、マクロ金融市場に下押し圧力がかかり、株価や暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の連鎖的な下落のリスクが警戒されている。

恒大集団は、米国内にオフィスビルやホテル、そして米国企業の株式など、多額の資産を持つ。また、米ドル建ての負債も多く、為替レートの変動に大きく影響を受けるポジションにある。今回の破産法の申請は、米国の債権者からの法的措置や、米国内の資産の清算を防ぐ目的で行われた。

かつて恒大集団は、中国で2番目の売上高を誇る不動産開発業者だった。しかし、2021年に債務不履行となり、経営の再建を目指して再編を進めていた。2021年の最終赤字は約9兆円に達し、2022年には約2兆円の赤字となった。同年末の恒大の債務総額は約48兆円となっている。

関連:ビットコイン一時4万ドル割り込む、中国恒大グループ情勢とFOMCが最大の焦点に

中国経済の不透明感

中国の他の不動産会社も同様の状況に直面している。大手の碧桂園(カントリー・ガーデン)や中堅の遠洋集団も、今年上半期に巨額の赤字を発表している。不動産不況に関連して、地方政府は土地使用権の売却収入が大幅に減少。地方政府傘下のインフラ投資会社で債務不履行(デフォルト)懸念も浮上する。

中国人民銀行は、この状況を打破するために、15日に金利を0.15%引き下げたが、住宅市場の回復は依然難しい状況にある。中国経済は低迷が続き、7月の工業生産の成長率も前年同月比で3.7%と、前月の4.4%から減速傾向にある。これまで中国の急速な経済成長の背骨をなしていた不動産と製造業が失速しており、経済の構造的な下降傾向は長期化する様相を呈している。

注目されていた若年労働者の失業者数に関する統計が公表されなかったことも、景気への懸念をさらに強めた。中国の「ゼロコロナ」政策後の経済活動の低迷を示す象徴とみられている。

一方、米国の金融市場も、中国の経済状況を反映しており、碧桂園の米ドル債の利回りが3000%を超えるなど、デフォルトリスクへの懸念が高まっている。さらに、中融国際信託が運用する信託商品の償還リスクが問題視されるなど、金融市場で不安が広がる状況だ。

上海外国為替市場の人民元相場は下落し、1ドルあたり7.2989元と約15年半ぶりの安値水準(7.328元)に迫る状況だ。これを受けて、中国政府は国有銀行に対し、外国為替市場での介入を強化するよう指示している。

関連:国債と金利の関係、仮想通貨市場への影響について解説

チャイナショックへの警戒

国際通貨基金(IMF)によれば、中国は今年の世界経済成長の34.9%を占めるとの見通し。中国の成長率が1ポイント上昇すれば、近隣諸国の中長期的な成長率は0.3ポイント上昇するとされている。

中国の経済が鈍化する場合、その影響は米国株などの下落としても表れるだろう。実際、多くの国々は輸出の大部分を中国に依存しており、中国経済の鈍化は商品輸出国や観光経済を持つ国々にとって、グローバルな経済への大きな影響をもたらすだろう。

特に、自動車部品などの日米大手企業は、中国との大規模な製造関係を維持している。さらに、消費者向けブランドやインバウンド消費に関連する分野でも、中国の消費者市場に大きく依存する企業は数多く存在している。

また、金融市場の動向にも目が離せない。米株市場のリスクオフ局面を引き起こすと、米株市場と連動しやすい仮想通貨市場にも影響を及ぼす可能性がある。

18日の日経平均株価は中国経済の不透明さや利回り上昇を背景に下落となった。日経平均は0.55%安の31,450.7円で取引を終了し、週間ベースでは-3.1%の下落となっている。

17日の米国市場で、10年債利回りは一時4.328%まで上昇、昨年10月に付けた4.338%を上回れば、2007年11月以来の高水準となる。これが投資家のセンチメントに影響を与えているとみられている。

米株式市場では主要3指数が全面安。特に、ナスダック総合指数は3日間で-3.4%となり、今年の2月以来の大幅な下落率となった。18日のビットコインは続落し前日比-9.2%安の26,266ドル(381万円)、2カ月ぶりの安値をつけた。

関連:仮想通貨ビットコイン一時25,000ドル台に急落

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア