知っておくべきイオス(EOS)有望プロジェクト10選|Invest In Blockchainが掲載

Invest In Blockchainが選ぶ、10個の有望なEOSプロジェクトを簡単に掲載。

Insights Network (INSTAR)

Insights Networkとは、分散型ビックデータを提供するプロジェクトで、ビックデータの仲介業務を自動化することが目的。

EOSBet

EOSBetとは、EOSのdApps内で最も取引高が高く、EOSプラットフォーム上でギャンブルを行うことが出来るプロジェクト。

HorusPay (HORUS)

HorusPayとは、非中央集権的かつ国際的な給与計算ポータルを構築し、ブロックチェーンを介することで、秘匿情報を暗号化し安全に記録可能。

OracleChain (OCT)

予想という機能をEOSのエコシステムへ取り入れるために、Oracle Chainは予想プラットフォームとプロトコルが必要とされている水準を達し、データが信頼できるために力を入れているプロジェクト。

類似プロジェクトは、オーガ(REP)などがあげられる。

EOSfinex

世界最大規模の仮想通貨取引所の1つであるBitfinexが、EOS基軸の分散型取引所(DEX)であるEOSfinexを立ち上げたプロジェクト。

WAX (WAX)

WAXとは、昨年9月に世界最大のゲーム内アイテム売買サイトを運営するOPSkinsが設立したオンラインゲームアイテム売買を行う分散型取引プラットフォーム。

Everipedia (IQ)

Wikipediaの改良版を目的とした非中央集権型オンライン百科事典

Onepay

Onepayとは、世界中の企業が仮想通貨決済を受け入れることを簡単にするためにPoint-of-Saleシステムを開発している。

Onepayトークン保有者は、Onepayシステムを介して行われた合計取引額の0.5%を受け取ることが可能。

HireVibes

HireVibesとは、新たな従業員を探している企業と仕事を探している人をつなぐオープンソースのプラットフォーム。

Bonnum

Bonnumプロジェクトとは、Bonnumウォレットを提供しているプロジェクトで、従来の銀行システムを一切使用せず、金融サービスを提供できるようにすることを目的をしたプロジェクト。

参考記事:10 Promising Projects In The EOS Ecosystem

CoinPostの関連記事

分散型取引所Bancor、イーサリアムに次いでEOSネットワークにも対応可へ
分散型取引所BancorのネットワークがEOSにも対応する事が発表された。昨年最も成功したICOプロジェクトの一つを開発したチームの将来的な計画が公式ブログで明かされた。
老舗格付けサイト「お買い得の仮想通貨」にXRP(リップル)など4銘柄を挙げる
格付け会社Weiss Ratingsは、フィボナッチ指標からリップル(XRP)など4銘柄をトップ通貨として推奨。ポテンシャルを持つ通貨として、Stellar、EOS、XRPなど5通貨も名指しした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します