CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム共同創設者ブテリン氏、ステーキングプロバイダ分散化に繋がるプロトコル変更案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ステーキングプロバイダーの集中化軽減策

イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は30日、イーサリアムのステーキング・プロトコルに変更を加えて、プロバイダー集中化の緩和(分散化)について考察する記事を公式ブログに投稿した。

ブテリン氏は、イーサリアムのリキッドステーキングについて、プロバイダーが一部に集中していることに懸念を表明した格好だ。現在、様々なバリデーターに分散はしているものの、リキッドステーキングプールのLidoがステーキングされたイーサリアムの32%以上を管理している状況である。

リキッドステーキングとは

仮想通貨のステーキング金利を受け取りながら、その代替資産(ステーキング証明トークン)を運用できるDeFi(分散型金融)の仕組み。従来はロックアップされてきた資産の流動性(Liquidity)を解放できる利点がある。最大のサービスプロバイダーLido Financeでは、ETHをステークして債権トークンstETHを受け取り、レンディングの担保としたりDEX(分散型取引所)等で運用できる。

▶️仮想通貨用語集

ブテリン氏は、リキッドステーキングを提供する上位2社は、LidoとRocket Poolだが、それぞれ異なるリスクがあるとした。Rocket Poolについては悪意のある個人が過半数を占有してしまう51%攻撃のリスク、Lidoについては、バリデーターの大部分を管理する単一点を攻撃できる可能性が生じるリスクを挙げている。

ブテリン氏は、LidoとRocket Poolは、すでにセキュリティメカニズムを導入していると強調。一方で、防御のレイヤーが一つだけでは充分ではないかもしれないと続けている。

集中緩和の選択肢

こうしたセキュリティリスクを減らすため、リキッドステーキングが少数プロバイダーに集中している状況を緩和する必要があるとして、ブテリン氏は次のように述べた。

一つの選択肢は、エコシステムの参加者が多様なリキッドステーキングプロバイダーを利用することを奨励し、単一のプロバイダーが大きすぎることによるシステミックリスクの可能性を減らすことだ。

しかし、長期的に見ると不安定な方法であり、問題解決のために道徳的圧力に頼りすぎることには危険がある。

以上のように考察した上で、リキッドステーキングの集中化を軽減するための機能を、プロトコル内に組み込むことを選択肢として検討している。

ブテリン氏は、RocketPoolのいくつかの定数を調整して、攻撃が起きた際に影響を受けるトークンの数を減らす方法を挙げた。

その他には、担保を多く預ける必要があるノードオペレーターと、よりカジュアルに参加できる預金者(depositor)に参加者の層を分けて、ランダムに抽出された小規模な預金者の委員会に追加のガバナンス権限を与えることもアイデアの一つとして言及している。

ERC-4337の組み込みを支持

ブテリン氏は、イーサリアムのプロジェクト開始時から、コアとなるイーサリアムのプロトコルを可能な限りシンプルにして、その上にスケーリング、暗号化、資産取引などの追加プロトコルを構築することで可能な限りのことを実現しようとしてきたと述べた。

その上で、最近では追加プロトコルで表現してきた機能をコアのイーサリアム・プロトコルに組み込むことにも関心が寄せられていると指摘している。

ブテリン氏は特に、ERC-4337などのプロトコルをイーサリアムのコードに組み込むことを強く支持した。ただし、各機能には利点とそのコストという複雑なバランスがあり、そのバランスは時間の経過とともに変化し続けていくことも念頭に置くとする姿勢である。

ERC-4337とは、イーサリアムブロックチェーン上での支払いにプログラム決済機能を付加する「アカウント抽象化」という仕組みのことで、3月に実装されたところだ。ユーザーがスマートコントラクト形式のアカウントを所有し、高度な支払い機能を利用することを可能にする。

決済大手VisaはこのERC-4337を使って取引手数料に関する実験を行っている。

関連Visaのイーサリアム実験報告書、「アカウント抽象化」による取引機能を探求

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/19 水曜日
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア