ICO資金調達額でプロジェクトの成功は決まらない、70%がすでに失敗

最新の調査によれば、ICOを行なったプロジェクトのうち70%が現在赤字に陥っているという。

これは70%のプロジェクトがICOによって集めた金額よりも低い価値しか発揮していないことを意味し、すなわちこれらは技術的に失敗であると言えるようだ。

また、ICOでの資金調達額が大きいからといって成功につながるわけではないということが今回の調査では明らかになっている。

サッカー界のスーパースターであるリオネル・メッシ選手を広告に起用したSirin Labs(SRN)は、ICOで1億5800万ドル(約178億円)集めたが、現在の通貨の時価総額は1700万ドル(約19億円)しかない。

従来の資金調達方法とは異なり、ICOは誰もが簡単に資金を集めることができたため、詐欺も多く、市場全体では過去2年間でこうした詐欺によっておよそ1億ドル(約112億円)にも登る損失を計上している。

参考記事:Seven Out Of Every Ten Cryptocurrency ICOs Have Technically Failed

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

2017年にICOで最も資金調達額を記録したプロジェクトの現状
仮想通貨元年と呼ばれた2017年はビットコインの価格高騰と共に、 ICOが人気を博した。昨年最も成功したと言える資金調達額が最も高かった上位5つのプロジェクトの今に迫る。
世界初のブロックチェーンスマホ、日本での発売「今年の10月目処」
イスラエルに開発本拠を置くシリン・ラブズ社は今年の10月を目処に日本を含む5カ国で、世界初となるブロックチェーンを活用したスマートフォンを発売する見通しです。販売価格は約1000ドル(10万9千円)となる見込みです。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら