CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム共同創設者ブテリン「ステーキングメカニズムには大規模な刷新が必要」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ステーキングの集中化に懸念

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、イーサリアム財団がトルコで開催したDevconnectで、「ステーキングを再設計し、パフォーマンスに影響を与える問題を解決する計画」について言及した。

ブテリン氏は、ステーキングでノードが集中化されている状況は「健全ではない」と指摘。しかし、このような状況は、問題を軽減するステーキングシステムを再設計するチャンスであり、同時に効率性と分散化の向上を目指す意向を明らかにした。

同氏は、 リキッドステーキングの最大手プロトコルLido FinanceやRocket Poolなどで、ノードの集中化が加速している現状について懸念を表明。少数の事業体が大規模なコントロールを掌握することは、ネットワークにとってリスクとなる可能性がある。

この問題はネットワークを支える分散化の原則にも影響するため、ブテリン氏はリキッドステーキングのイーサリアムへの統合も視野に入れていると述べた。

リキッドステーキング

仮想通貨のステーキング金利を受け取りながら、その代替資産(ステーキング証明トークン)を運用できるDeFi(分散型金融)の仕組み。リキッドステーキングでは、従来ならロックアップされてきた資産の流動性(Liquidity)を解放できる利点がある。最大のサービスプロバイダーLido Financeでは、ETHをステークして債権トークンstETHを受け取り、レンディングの担保としたりDEX(分散型取引所)等で運用できる。

▶️仮想通貨用語集

スケーリング問題

ブテリン氏はネットワークのスケーリングに関しては、一般的にオフチェーンデータを活用するアプローチに「振り子が戻った」状態だと述べた。

その理由としては、短中期的には需要が非常に高いため、メインネットのデータ容量が追いつかない状況であることが一つ。また、オフチェーンのセキュリティレベルは想定していたより高かったことによると指摘。2017年にジョセフ・プーン氏とブテリン氏により共同発明されたスケーリングソリューション「Plasma」が持つ可能性がそのいい例だと述べた。

関連:イーサリアムの送金遅延問題の解決案「Plasma」について

Plasmaを実用化する試みとして、2018年には、さまざまなPlasma CashなどをはじめとするPlasmaを実用化する試みがなされたが、大きな進展はなかったようだ。

しかし、ZK-SNARK(ゼロ知識証明)を用いることで、Plasmaの課題であった「出口ゲーム」がよりシンプルに解決される見込みが出てきたととブテリン氏。EVMなど複雑なシステムとの互換性も高まるようだ。

また、イーサリアムの次期アップグレード「Dencun」について言及し、その中で最も大きな変更となるEIP-4844「プロト・ダンクシャーディング(Proto-Danksharding)」の重要性を強調した。このアップグレードが完了するとデータマップスペースがスロットあたり16メガバイトまで拡張される予定で、ネットワークにとって大きな進展となる。

関連:イーサリアムの次期アップグレード「Dencun」、重要性とメリットとは?

その他の計画

さらにブテリン氏は、ビットコインとカルダノで使用されているUTXO(Unspent Transaction Output)支払いモデルに言及。同様の機能をイーサリアムに統合するアイディアを披露すると、カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏は、Xで「イーサリアム3が全てを解決してくれるだろう」と、皮肉まじりにコメントした。

ブテリン氏は、その他に実行予定の計画として、ネットワークにセキュリティとプライバシーをもたらすプライベートmempoolや、ERC-4337の統合についても触れた。

ERC-4337 は「アカウントの抽象化」に関連しており、ユーザーは、自分のアカウントをより高度に制御できるようになり、安全性が高まることが期待されている。

関連:Visaのイーサリアム実験報告書、「アカウント抽象化」による取引機能を探求

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア