CoinPostで今最も読まれています

ソラナの躍進、年間500%成長を牽引するブロックチェーン技術の市場影響力

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ソラナの躍進

「The Block Research Podcast」の最新エピソードに、ブロックチェーン業界の重要人物であるSolana LabsのCEO兼共同設立者Anatoly Yakovenko氏と、SolanaのRPCノード等インフラを構築するHelus LabsのCEO兼設立者、Mert Mumtaz氏が出演した。

暗号資産(仮想通貨)SOL価格は年初から500%増加。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を上回るパフォーマンスを達成しており、魅力的な投資機会として台頭している。

出典:TradingView

Yakovenko氏とMumtaz氏は、Solanaがネットワーク活動量の増加と技術革新において顕著な成果を上げていると語り、これが仮想通貨市場におけるSolanaの強固な地位を確立していることを強調した。彼らはまた、Solanaの独自の特徴と充実したコミュニティが、分散型金融(DeFi)およびデジタル資産の分野でどのように革新的な未来を形成しているかを解説した。

Solanaのネットワーク活動量の増加

対談で共有されたデータによれば、Solanaのネットワーク活動量は、23年9月から12月にかけてトランザクション数が増加しており、7日間移動平均で2100万トランザクションに達した。アクティブアドレス数も同期間中に増加し、7日間移動平均で45万を超え、一時的にEthereumの同アドレス数を抜いた。

出典:The Block

さらに、Solanaの1日あたりの新規アドレス登録数は11月のピーク時に20万以上に達した。これは、過去3ヶ月間で30%以上の成長を遂げたことを示しており、Ethereumと比較してSolanaの活動が増加していることを示唆している。

ステーブルコイン取引量もSolana上で顕著であり、特にUSDC(USD Coin)の取引量は10月から11月にかけて10倍に増加し、7日間移動平均で約40億に達した。これは、Ethereumと同程度の規模だ。

Solana上のDeFi活動も増加しており、新しいトークンやエアドロップの登場がその活動を刺激している。Jupiter、ソラナステーキングのJitoや価格オラクルのPyth NetworkなどがトークンをSolana上でリリースし、WhirlpoolやRadiumなどのDEX(分散型取引所)の活動が増加。相乗効果が生まれており”DeFi 2.0″との呼び声も高い。

11月にはSolana上のDEXの週間取引量が約21.4億ドルに達し、Ethereum上のDEXのトレードボリューム約100億ドルと比較して小さいが、その差を縮小させた。

関連:2024年仮想通貨市場予測、アルトコインへのシフトや企業のトークン保有増加=VanEck

低手数料を維持する背景

Solanaは1年前に導入された設計の改良を通じて、ネットワークの活動量が高い箇所(ホットスポット)を効果的に分離し、悪意のあるアクターによるスパム攻撃からネットワークを守ることに成功。これにより、以前は頻発していたネットワークのダウンが最近ではほとんど見られない。Solana LabsのYakovenko氏は、この成果を「ストレステストに成功した」と評価している。

この背景には、Solanaの「ローカルフィーマーケット」という独自の設計がある。このシステムは、ブロックスペースへの高い需要を検知した際に、各トランザクションの発生源に紐づくコンピューティングユニット(CU)に制限を設けることで、単一のプログラムによるブロックスペースの過剰使用を防ぐ。

これにより、Solanaは高いネットワーク活動の状況下でも、利用者に安定した料金を提供することが可能になり、その取引手数料は数円単位で推移している。この低手数料の維持は、グローバルな支払いシステムとしてのSolanaの重要性をさらに高めている。

また、SolanaではEthereumと同様に、基本手数料に加えて追加の手数料(優先手数料)を設定できる。これは、取引がネットワーク内で優先的に処理され、迅速に確認される可能性を高めるものだ。

出典:Solscan

Yakovenko氏によれば、優先手数料の使用状況は、ネットワークの経済活動の活発さとプロトコルの成功をリアルタイムで具体的に評価する手段となっている。現在、優先手数料はネットワークの手数料収入の50%以上を占めており、これはネットワーク上での経済活動が盛んであり、プロトコルが成功していることを示していると述べた。

関連:ソラナのmSOLが大口投資家の売却で一時18%下落、背後にある思惑とは?

大量のデジタル資産を処理する能力

Anatoly Yakovenko氏によると、Solanaはその高度な処理能力により、大量のデジタル資産を効率的に扱い、ユニークなアプリケーションの開発を可能にしている。同氏は特に、Solanaの「圧縮技術」をその独自性の例として挙げており、多数のプロジェクトに影響を与えていると述べた。

この圧縮技術により、Solanaはデジタル資産を数百万単位で低コストに発行・配布することが可能。この技術は、単にレアリティを追求するのではなく、エンゲージメントを深めるためのツールとして機能し、ロイヤルファンへのデジタル資産の配布を可能にしている。

例えば、「DRiP NFTs」というマーケットプレイスは、Solanaの圧縮技術を採用しており、大規模な視聴者にも安価にデジタル資産を提供する。このアプローチは、NFT業界におけるパラダイムシフトを引き起こしている。

また、Wi-Fiスポットの分散化計画を進める米国の事業者Heliumは、大量のデータ処理能力を求めて、Solanaへの移行を決定したという。

関連:FOMC迫るも高値圏維持するビットコイン、Firedancer材料にSOLが続伸

Solanaの将来性

Solanaのエコシステムは技術的な進歩に支えられ、イーサリアムのアプリケーションを単に模倣するのではなく、独自の進化と成長を遂げる可能性が高まっている。その代表例が、「Jupiter」というアプリケーションだ。

Jupiterは、Solanaのネットワーク上で様々な市場間の取引を即時かつ安全に行う「アトミックリレー」機能を備える。これは、Solanaが提案する「ワールドコンピュータ」という概念を具現化したもので、巨大なRAMの一塊のように機能するネットワーク上で、全体の流動性を引き出し、効率的な取引を可能にする。

また、JupiterはFlash BotsやLidoの要素を取り入れたが、単なるイーサリアムのコピーではない。Solanaの特有の高速ブロック生成やステーキングシステムのプログラム的な委任などを活用し、これらに基づいてゼロから設計されている。

Solanaの創始者であるYakovenko氏は、成功するエコシステム構築には既存の才能の引き抜きだけでなく、新たな献身的な貢献者が必要だと述べている。彼はまた、Solanaの優位性は、プラットフォーム上でのプログラミングのやりがいと、深い理解を持つ情熱的で献身的な人材が集まる点にあると強調した。

今後のSolanaのロードマップでは、開発者エクスペリエンスの向上が重点とされ、APIやRPCの強化や優れたスマートコントラクトツールの提供を予定。開発者がSolanaでより容易に作業できる環境を整えることを目標に置く。

さらに、プロトコル面では、新たなノード「Fire Dancer」の実装が最優先事項となっており、これによりネットワークの安全性が大幅に向上し、コードベースの単一障害点が減少する見込みだ。

Yakovenko氏は、最終的な目標としてSolanaのスケーリングを計算リソースの追加と同じくらい容易にし、ネットワークをより高速かつ堅牢にすることを目指していると締めくくった。

関連:ソラナ「Fire Dancer」、ゲームチェンジャーと期待される理由とは?

ソラナ(SOL)に投資したい方はこちらをチェック(PR)

銘柄別、仮想通貨取扱い状況はこちらをチェック

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
12:41
ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。
11:45
ビットコイン、日本円建てで過去最高値を更新
仮想通貨ビットコインは21日、日本円建ての過去最高値を更新し1,100万円を超えた。アルゼンチンやフィリピンでも最高値を更新している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア