CoinPostで今最も読まれています

2024年仮想通貨市場予測、アルトコインへのシフトや企業のトークン保有増加=VanEck

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2024年の仮想通貨市場15の予測

米国の資産管理大手VanEck社は7日、2024年の暗号資産(仮想通貨)市場に関する予測レポートを発表した。業界が新たな発展段階に入ることが示唆されている。

レポートでは、ビットコイン(BTC)の半減期直後に小規模なトークンへの資金の流れが顕著になると予測されている。また、企業による暗号資産の保有が新たな局面を迎え、ワイヤレス・ホットスポットの分散型ネットワークが全米での有料会員数を増やすなど、Web3と既存ビジネスの統合が加速すると見られている。VanEckの15の予測は以下の通りだ

  1. 米国リセッション到来とスポット型ビットコインETFのデビュー
  2. 順調な4回目のビットコイン半減期
  3. 2024年第4四半期のビットコインの史上最高値
  4. 2024年のイーサリアムのビットコインに対する市場ポジション
  5. EIP-4844後のETHレイヤー2の優位性
  6. NFTアクティビティが新たなピークに
  7. バイナンス、現物取引でトップの座を明け渡す
  8. USDCの市場シェア回復でステーブルコインの時価総額が過去最高を記録
  9. 分散型取引所、過去最高の現物取引市場シェアを獲得
  10. 送金とスマートコントラクトが牽引するビットコイン利回り機会
  11. ブロックチェーンゲームをリードするタイトルの出現
  12. ソラナ、DeFi TVLの復活でイーサリアムを上回る
  13. DePinネットワークスの有意義な採用
  14. 新しい会計基準により企業のトークン保有が増加
  15. DeFiのKYC規制との整合性

企業の暗号資産保有が加速

注目すべきは、企業による仮想通貨の保有が新たな局面を迎えるとの見方だ。VanEckは、コインベースが上場企業として初めて、レイヤー2ブロックチェーン「BASE」の収益を四半期報告書に記載し、それが米国財務会計基準審議会(FASB)が企業の暗号資産の時価評価益を計上できるようにするガイドラインを策定するきっかけとなると予想。ビットコインや他の暗号資産を保有する企業には追い風となる。

レイヤー2ブロックチェーン「BASE」の週間収益 出典:VanEck

会計上の変更は2025年に施行予定だが、それ以前にも多くの企業がこれを採用する可能性があるとされている。

また、ビットコインエコシステムの拡充が予想される。新興国での送金面の需要が進み、ライトニングネットワークが2024年に重要な役割を果たすと予測されている。

ライトニングネットワークへのBTCロックアップは現在リスクが高いが、AmbossやFediのようなノード管理プロトコルやセルフカストディソリューションの普及により、ユーザーはより安全に送金市場に参加し利益を得ることになるとされる。

さらに、CosmosベースのBabylonプロジェクトなどがビットコインのステーキング機能を提供し、金利収益が可能になると予想される。NFT市場に関しても、ビットコインのオーディナル・プロトコル等の影響により、ETH対BTCのNFT発行比率が2024年には3対1に近づくとされる。さらに、ビットコイン上のスマートコントラクト基盤である「Stacks(STX)」は、時価総額でトップ30のコインになるとVanEckは加えた。

関連:コインベースCEOがBaseトークン発行を否定 ソラナなどの統合計画も

ソラナの躍進

過去の市場動向を分析すると、ビットコインが仮想通貨市場のリーダーとしての地位を維持し、価格上昇を引き続き牽引することが予想される。しかし、半減期直後には、ビットコインの価値が小規模なトークンに流れ込む傾向がある。

VanEckは、24年4月に予定される半減期後にビットコインの市場ドミナンスが低下し、アルトコイン市場が活性化する可能性があると述べた。この流れは、新たなコインを積極的に上場する分散型取引所(DEX)への取引活動の集中を促すだろう。UI/UX改善により、多くのユーザーが取引所ではなく仮想通貨ウォレットへ移行している。

さらに、ソラナ(SOL)のような処理性能の高いL1チェーンがユーザーの取引体験を向上させるため、現物取引におけるDEXの市場シェアが過去最高を更新すると予測されている。

ソラナはまた、DeFiの預入総価値(TVL)が回復し、時価総額、TVL、アクティブユーザー数でトップ3のブロックチェーンになると予想される。この成長に伴い、ソラナは資産運用会社の現物ETF申請が相次ぎ、市場シェアの拡大に寄与するとVanEckは主張している。また、ソラナの価格オラクルであるPythが、チェーンリンク(LINK)を導入しているDeFiプロトコルの総価値「Total Value Secured(TVS)」を上回る可能性があるとした。

関連:2030年までのソラナ価格評価、最も強気なシナリオは?=米大手資産運用会社VanEck

イーサリアムL2の競争

イーサリアムは2024年にビットコインの市場地位を上回ることはないと予測されているが、メガキャップのハイテク株を含む他の主要資産クラスよりも優れたパフォーマンスを発揮するとVanEckは見ている。また、ソラナのような他のスマートコントラクトプラットフォームがイーサリアムの市場シェアを侵食する可能性を指摘した。

イーサリアムのLayer 2(L2)エコシステムに関しては、EIP-4844(プロトダンクシャーディング)の実装により、EVM(Ethereum Virtual Machine)互換のTotal Value Locked(TVL)と取引ボリュームの大部分を獲得すると予測されている。

関連:イーサリアム、L2手数料を最大100倍削減する「EIP-4844」を実装へ

この技術革新により、Polygon、Arbitrum、OptimismなどのL2チェーンの取引手数料が削減され、スケーラビリティが向上する。結果として、2024年の第4四半期までにイーサリアムのDEXボリュームとトランザクション数は現在の2倍、10倍に増加すると見込まれている。

Arbitrumのようなチェーンではブロックタイムが0.25秒と極めて短いため、トランザクションのスループットが向上し、DEXと他の市場との裁定取引が活発化する可能性がある。DEXやL2は取引機会を増やし、より多くの取引量を集めることが予想される。

分散型プロジェクトの採用拡大

ステーブルコインの市場規模は過去最高を更新し、機関投資家による採用が加速するUSDCoin(USDC)がテザー(USDT)を逆転する可能性があるとVanEckは予想する。

DePinネットワークも注目されるポイントである。これは、グーグルストリートビューに対抗するコミュニティ所有の分散型マッピングプロトコルであり、スピードと資本コストでGoogleに優位性を持つ可能性がある。また、ワイヤレス・ホットスポットの分散型ネットワークであるHeliumは、全米で5Gプランの有料会員数を増やし、成長を続けると見込まれるとした。

一方、DeFiはKYC(顧客確認)との調和を進め、Ethereum Attestation ServiceやUniswap Hooksといった認証サービスを使用するアプリは、ユーザーベースと手数料の面で大きな成長を遂げる可能性がある。KYCゲート付きフックによる追加取引量により、Uniswapプロトコルはさらに拡大すると予想される。

ウェブ3ゲームの分野も大きなブレイクスルーを迎えることが予想されており、この業界全体の発展に寄与することが期待されている。

VanEckは、ブロックチェーンベースのゲームは、少なくとも1つのタイトルが100万人以上のデイリーアクティブユーザーを獲得すると予測。特に「Illuvium」や「Guild of Guardians」のような、1億ドル以上の資金を調達した高性能ゲームのリリースが来年予定されていることに注目。これらのゲームでユーティリティを持つ、Immutable(IMX)トークンが、市場価値でトップ25の仮想通貨になる可能性が高いと主張した(現在は42位)。

関連:Web3・NFTゲーム「イルビウム(Illuvium)」、最大手eスポーツチームTeam Liquidと提携

関連:ビットコインETFへの資金流入予測、金ETFと経済環境から算出ーVanEck分析

ビットコインETF特集

半減期特集

1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は? ビットコイン半減期とは?市場価格への影響と注意点
ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察 ビットコイン半減期とは|仮想通貨の半減期前後で価格が高騰する理由
仮想通貨ビットコイン、半減期でも「高騰が期待できない理由」 CoinPostアプリで優位性を
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:00
ウィンクルボス兄弟出資の英サッカークラブ、7億円相当のビットコインを購入
ビットコイン億万長者のウィンクルボス兄弟が設立した投資会社ウィンクルボス・キャピタルは4月に、レアル・ベッドフォードに7億円を投資している。
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア