CoinPostで今最も読まれています

2024年仮想通貨市場予測、アルトコインへのシフトや企業のトークン保有増加=VanEck

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2024年の仮想通貨市場15の予測

米国の資産管理大手VanEck社は7日、2024年の暗号資産(仮想通貨)市場に関する予測レポートを発表した。業界が新たな発展段階に入ることが示唆されている。

レポートでは、ビットコイン(BTC)の半減期直後に小規模なトークンへの資金の流れが顕著になると予測されている。また、企業による暗号資産の保有が新たな局面を迎え、ワイヤレス・ホットスポットの分散型ネットワークが全米での有料会員数を増やすなど、Web3と既存ビジネスの統合が加速すると見られている。VanEckの15の予測は以下の通りだ

  1. 米国リセッション到来とスポット型ビットコインETFのデビュー
  2. 順調な4回目のビットコイン半減期
  3. 2024年第4四半期のビットコインの史上最高値
  4. 2024年のイーサリアムのビットコインに対する市場ポジション
  5. EIP-4844後のETHレイヤー2の優位性
  6. NFTアクティビティが新たなピークに
  7. バイナンス、現物取引でトップの座を明け渡す
  8. USDCの市場シェア回復でステーブルコインの時価総額が過去最高を記録
  9. 分散型取引所、過去最高の現物取引市場シェアを獲得
  10. 送金とスマートコントラクトが牽引するビットコイン利回り機会
  11. ブロックチェーンゲームをリードするタイトルの出現
  12. ソラナ、DeFi TVLの復活でイーサリアムを上回る
  13. DePinネットワークスの有意義な採用
  14. 新しい会計基準により企業のトークン保有が増加
  15. DeFiのKYC規制との整合性

企業の暗号資産保有が加速

注目すべきは、企業による仮想通貨の保有が新たな局面を迎えるとの見方だ。VanEckは、コインベースが上場企業として初めて、レイヤー2ブロックチェーン「BASE」の収益を四半期報告書に記載し、それが米国財務会計基準審議会(FASB)が企業の暗号資産の時価評価益を計上できるようにするガイドラインを策定するきっかけとなると予想。ビットコインや他の暗号資産を保有する企業には追い風となる。

レイヤー2ブロックチェーン「BASE」の週間収益 出典:VanEck

会計上の変更は2025年に施行予定だが、それ以前にも多くの企業がこれを採用する可能性があるとされている。

また、ビットコインエコシステムの拡充が予想される。新興国での送金面の需要が進み、ライトニングネットワークが2024年に重要な役割を果たすと予測されている。

ライトニングネットワークへのBTCロックアップは現在リスクが高いが、AmbossやFediのようなノード管理プロトコルやセルフカストディソリューションの普及により、ユーザーはより安全に送金市場に参加し利益を得ることになるとされる。

さらに、CosmosベースのBabylonプロジェクトなどがビットコインのステーキング機能を提供し、金利収益が可能になると予想される。NFT市場に関しても、ビットコインのオーディナル・プロトコル等の影響により、ETH対BTCのNFT発行比率が2024年には3対1に近づくとされる。さらに、ビットコイン上のスマートコントラクト基盤である「Stacks(STX)」は、時価総額でトップ30のコインになるとVanEckは加えた。

関連:コインベースCEOがBaseトークン発行を否定 ソラナなどの統合計画も

ソラナの躍進

過去の市場動向を分析すると、ビットコインが仮想通貨市場のリーダーとしての地位を維持し、価格上昇を引き続き牽引することが予想される。しかし、半減期直後には、ビットコインの価値が小規模なトークンに流れ込む傾向がある。

VanEckは、24年4月に予定される半減期後にビットコインの市場ドミナンスが低下し、アルトコイン市場が活性化する可能性があると述べた。この流れは、新たなコインを積極的に上場する分散型取引所(DEX)への取引活動の集中を促すだろう。UI/UX改善により、多くのユーザーが取引所ではなく仮想通貨ウォレットへ移行している。

さらに、ソラナ(SOL)のような処理性能の高いL1チェーンがユーザーの取引体験を向上させるため、現物取引におけるDEXの市場シェアが過去最高を更新すると予測されている。

ソラナはまた、DeFiの預入総価値(TVL)が回復し、時価総額、TVL、アクティブユーザー数でトップ3のブロックチェーンになると予想される。この成長に伴い、ソラナは資産運用会社の現物ETF申請が相次ぎ、市場シェアの拡大に寄与するとVanEckは主張している。また、ソラナの価格オラクルであるPythが、チェーンリンク(LINK)を導入しているDeFiプロトコルの総価値「Total Value Secured(TVS)」を上回る可能性があるとした。

関連:2030年までのソラナ価格評価、最も強気なシナリオは?=米大手資産運用会社VanEck

イーサリアムL2の競争

イーサリアムは2024年にビットコインの市場地位を上回ることはないと予測されているが、メガキャップのハイテク株を含む他の主要資産クラスよりも優れたパフォーマンスを発揮するとVanEckは見ている。また、ソラナのような他のスマートコントラクトプラットフォームがイーサリアムの市場シェアを侵食する可能性を指摘した。

イーサリアムのLayer 2(L2)エコシステムに関しては、EIP-4844(プロトダンクシャーディング)の実装により、EVM(Ethereum Virtual Machine)互換のTotal Value Locked(TVL)と取引ボリュームの大部分を獲得すると予測されている。

関連:イーサリアム、L2手数料を最大100倍削減する「EIP-4844」を実装へ

この技術革新により、Polygon、Arbitrum、OptimismなどのL2チェーンの取引手数料が削減され、スケーラビリティが向上する。結果として、2024年の第4四半期までにイーサリアムのDEXボリュームとトランザクション数は現在の2倍、10倍に増加すると見込まれている。

Arbitrumのようなチェーンではブロックタイムが0.25秒と極めて短いため、トランザクションのスループットが向上し、DEXと他の市場との裁定取引が活発化する可能性がある。DEXやL2は取引機会を増やし、より多くの取引量を集めることが予想される。

分散型プロジェクトの採用拡大

ステーブルコインの市場規模は過去最高を更新し、機関投資家による採用が加速するUSDCoin(USDC)がテザー(USDT)を逆転する可能性があるとVanEckは予想する。

DePinネットワークも注目されるポイントである。これは、グーグルストリートビューに対抗するコミュニティ所有の分散型マッピングプロトコルであり、スピードと資本コストでGoogleに優位性を持つ可能性がある。また、ワイヤレス・ホットスポットの分散型ネットワークであるHeliumは、全米で5Gプランの有料会員数を増やし、成長を続けると見込まれるとした。

一方、DeFiはKYC(顧客確認)との調和を進め、Ethereum Attestation ServiceやUniswap Hooksといった認証サービスを使用するアプリは、ユーザーベースと手数料の面で大きな成長を遂げる可能性がある。KYCゲート付きフックによる追加取引量により、Uniswapプロトコルはさらに拡大すると予想される。

ウェブ3ゲームの分野も大きなブレイクスルーを迎えることが予想されており、この業界全体の発展に寄与することが期待されている。

VanEckは、ブロックチェーンベースのゲームは、少なくとも1つのタイトルが100万人以上のデイリーアクティブユーザーを獲得すると予測。特に「Illuvium」や「Guild of Guardians」のような、1億ドル以上の資金を調達した高性能ゲームのリリースが来年予定されていることに注目。これらのゲームでユーティリティを持つ、Immutable(IMX)トークンが、市場価値でトップ25の仮想通貨になる可能性が高いと主張した(現在は42位)。

関連:Web3・NFTゲーム「イルビウム(Illuvium)」、最大手eスポーツチームTeam Liquidと提携

関連:ビットコインETFへの資金流入予測、金ETFと経済環境から算出ーVanEck分析

ビットコインETF特集

半減期特集

1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は? ビットコイン半減期とは?市場価格への影響と注意点
ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察 ビットコイン半減期とは|仮想通貨の半減期前後で価格が高騰する理由
仮想通貨ビットコイン、半減期でも「高騰が期待できない理由」 CoinPostアプリで優位性を
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア