CoinPostで今最も読まれています

VanEck、ビットコイン現物ETF承認時の資金流入額を予測 金ETFの事例や経済環境を加味

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

景気後退期に起こるETF承認

米資産管理大手VanEck社は7日、暗号資産市場の2024年の予測レポートを発表した。レポートでは、米国経済やビットコイン市場の動向について詳細に分析し、今後新たに承認され得る「ビットコイン現物ETF」への資金流入ペースを予測している。

VanEck社は2024年第1四半期に、米SEC(証券取引委員会)の上場承認が予想されるビットコイン現物ETFに対して、24億ドル以上の資金が流入する可能性があると見込んでいる。この予測の根拠として、米国経済が同年前半にもリセッション(景気後退)に陥る可能性が高く、投資家が金(ゴールド)などの安全資産へと目を向けざるを得ないと分析した

過去のデータに基づくと、ビットコインは新型コロナウイルスのパンデミックで世界経済が混乱に陥った2020年に大きな価格変動を経験した。

株式市場など金融相場が暴落した20年3月のコロナ・ショックでは、ビットコイン(BTC)も最大60%下落したが、米連邦準備理事会(FRB)による経済下支えのための流動性供給(ゼロ金利政策や量的緩和の再開)後に資金が流れ込んだこともあり、反発する過程で価格が急回復した。

同様に、金(ゴールド)も相場の暴落や景気後退の初期には、追証回避売りや手許資金のキャッシュを増やすために価格が下落する傾向はあるが、その後回復するパターンが見られる。これらの事例は、経済的な不確実性が高まる中で、ビットコインが投資家にとって魅力的な選択肢となる可能性を示唆している。

2024年第1四半期には、新たに承認される可能性のあるビットコイン現物ETFが注目され、市場価格も「3万ドルを下回る可能性は低い」と予想されているが、「市場のボラティリティは一層高まる可能性がある」とVanEckは付け加えた。

関連:2024年ビットコイン125,000ドル到達予測、半減期を踏まえたMatrixport分析

史上初の金ETF発売時との比較

さらに、同社はビットコイン現物ETFに対する資金流入の予測において、史上初の金ETF「SPDRゴールド・シェアETF(GLD)」の過去の動向を参考にしている。GLD ETFは2004年11月に上場し、当初数日間で約10億ドル、2005年第1四半期末には約22.6億ドルの資金が流入した。

この事例をビットコイン市場に適用し、現代の金融市場の状況を考慮すると、ビットコインETFへの資金流入はGLDのケースを上回ると予想される。

VanEckは、承認後2年間でビットコイン現物ETFに404億ドルの資金流入があると予測している。この中期的見通しは、金融市場の変化とマネーサプライの増加を背景にしている。特に、ビットコインが安全資産としての地位を確立し、ゴールドとの競合において市場シェアを奪うという仮定があり、これがインフレリスクへの対策としてビットコインへの関心を高めるとした。

関連:ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出、SEC一斉承認の期待高まる

ビットコインETF、ゴールドETFと比較した資金流入予測

新規に承認されたビットコインETFは、立ち上げからの初期数日間で約10億ドル、その四半期では24億ドルの資金が流入すると予測されている。この見積もりは、過去の金融商品の動きを基にしており、特に2004年にローンチしたSPDRゴールド・シェア(GLD)ETFの事例を参考にしている。

2004年11月18日に発売されたGLD ETFは、開始数日で約10億ドル、2005年第1四半期末には約22.6億ドルの資金を集めた。当時、金の現物供給量は約15万2,000トン、時価総額は約2.36兆ドルだった。この背景に基づき、GLDへの初期の資金流入は金市場全体の約0.04%に相当し、1四半期後には0.1%を占めるに至った。

この分析をビットコイン市場に当てはめると、新規ビットコインETFには最初の数日で3億ドル、四半期で7.5億ドルが流入する見込みだ。しかし、現代の金融市場の状況を踏まえると、ビットコインETFへの資金流入はGLDの事例を上回ると考えられ、これが初期の10億ドル、四半期24億ドルという予測流入額の根拠となっている。

2年間でのビットコインETFの資金流入予測

VanEckによると、新規ビットコインETFへの投資家関心と金融市場の変動を考慮した中期的な見通しでは、2年間で約404億ドルの資金が流入すると予想される。この見積もりは、金融市場の進化とマネーサプライの動向を基にしている。

2004年、ドットコムバブル崩壊後の景気後退時には、ニューヨーク連邦準備銀行が測定したM2マネーサプライは6.4兆ドルだったが、2023年10月には20.7兆ドルへと増加した。この急速なマネーサプライの増加が、ビットコインETFへの投資家関心と資金流入の可能性を高めているとされる。この増加率(3.23倍)をビットコインETFに適用すると、初期数日で約10億ドル、四半期で24億ドルの資金流入が見込まれる。

さらに、ビットコインETFが成熟すると、BTCスポット市場全体の約1.7%(金ETFが保有する金の総供給量と類似)に相当する約125億ドルが流入する可能性があるとVanEckは指摘する。

関連:ビットコインは2024年11月に過去最高値に到達、半減期と米大統領選の影響で―VanEck

ビットコイン市場への資金流入増加の要因

VanEckはさらに、債務主導のマネー増刷に対する懸念がビットコイン市場への資金流入増加を促すと見ている。特に、ビットコインが「安全資産」や「価値の保存手段」としての地位をゴールドから奪うことが仮定され、通貨供給に関連するインフレーションリスクからのヘッジとしての役割が再確認されると指摘。

M2マネーストックに基づく3.23倍の倍率を適用し、取引開始から2年間での中期推定額を404億ドルと算出する。

最後に、ビットコインETFの出現により、現物取引市場の手数料が大幅に低下し、市場に参加しやすくなると予想される。米仮想通貨取引所Coinbaseが一般投資家に2.5%の取引手数料を課しているのに対し、ビットコインETFのスポット取引は、多くの証券会社で手数料ゼロまたは約10bps(0.1%)のスプレッドで取引される見込みだ。この大幅なコスト削減が、新技術の普及をさらに促進すると考えられている。

ビットコインETF特集

半減期特集

1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は? ビットコイン半減期とは?市場価格への影響と注意点
ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察 ビットコイン半減期とは|仮想通貨の半減期前後で価格が高騰する理由
仮想通貨ビットコイン、半減期でも「高騰が期待できない理由」 CoinPostアプリで優位性を
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア