仮想通貨取引所ビットバンク:日本円振込「24時間365日対応」で利便性が飛躍的に向上

仮想通貨取引所ビットバンク:日本円振込「24時間365日対応」
国内大手仮想通貨取引所bitbankは、10月9日より、全銀ネットの金融機関が24時間365日、銀行間即時振込に対応すると発表した。全銀ネットには、銀行だけでなく信用金庫など、国内ほぼすべての民間金融機関が加盟している。

仮想通貨取引所ビットバンク:日本円振込「24時間365日対応」

本日、10月9日(火)、 一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)の金融機関が、24時間365日、様々な銀行間での即時振込に対応する。

全銀ネットには、銀行だけでなく、信用金庫、信用協同組合、農業協同組合等を含めた日本国内のほぼすべての民間金融機関が加盟している。

これを受け、メンテナンス時間を除き、ビットバンクでもユーザー利用の銀行から、24時間365日、いつでもリアルタイムでの振込が可能になる模様だ。

出金申請の承認および着金については、従来どおり月曜〜金曜(祝祭日を除く)の15時締切とし、銀行口座への着金も翌営業日となる。

なお昨年夏には、仮想通貨関連事業を推進する上場企業のセレスが、ビットバンクに対して「仮想通貨関連事業に関する資本業務提携と持分法適用関連会社化」を発表しているほか、金融庁による業務改善命令を受け、新取締役としてセレス社の代表取締役社長である都木 聡氏が就任。

内部管理態勢及び、経営管理態勢等を抜本的に見直しによる業界全体の信頼回復とともに、仮想通貨関係の事業拡大を加速させている。

▶️bitbankの登録はこちら ▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

bitbank:XRP取引量世界一を記録|国内で板取引がメジャーとなる時代へ
現在注目度を高めている仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)が、1時間のXRP取引量世界一位を記録しました。bitbankは、多くのアルトコインを板取引で安く入手可能で、また手数料0%キャンペーンも実施しており話題となっています。
bitbankのアプリの使い方
bitbank(ビットバンク)のアプリの使い方解説記事です。bitbankはリップル(XRP)やモナコインなど多くのアルトコインを板取引で売買可能で、手数料0%キャンペーン中である等の点から注目度を高め、取引量を急増させています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加