CoinPostで今最も読まれています

『WebX2024』講談社、東宝などが出展するIPエリア新設発表、 ETH TokyoとDAO Tokyo同時期開催へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

WebX2024の新情報発表

ザ・プリンスパークタワー東京で18日に開催された『WebX2024』のローンチパーティーにて、新企画および提携カンファレンスの発表が行われました。

漫画やアニメなどのIPに特化した「IPエリア」、事業者同士のマッチングに特化した「ネットワーキングエリア」、「公開インタビューブース」の設置、東京都による後援決定など、発表内容は多岐に渡ります。

WebX代表理事の青木は冒頭の挨拶で、その他にも「ブロックチェーンゲーム特化エリア」の新設やユーザー参加型企画など、新たな取り組みを計画中であることを明かしました。

国内最大手の暗号資産(仮想通貨)ブロックチェーンメディア「CoinPost」を運営する株式会社CoinPostは、2024年8月28日(水)〜29日(木)の2日間、ザ・プリンスパークタワー東京にて、『WebX 2024』の開催を発表しています。

複数のエリアを新設

WebX2024では、来場者のご要望を踏まえ、複数のエリアが新設されることになりました。

IPエリア

ゲーム、アニメ、マンガなど、日本が誇るIP(知的財産)を保有する、講談社や東宝など10〜15社ほどの企業が出展予定です。

同エリアでは、IPを保有する企業と直接商談を行うことができ、IPを活用してグッズ展開するライセンスビジネスなど、今後のコラボレーションの提案などができるようになります。

ネットワーキングエリア

ビジネスネットワーキングに特化したエリアを会場内に用意し、飲み物や昼食などを提供予定です。参加者(Business Passホルダー以上)がアクセス可能で、Web3関連事業を展開する方々が効率的にネットワーキングできる場を提供します。

第2回となるWebX2024では、来場者のニーズに合わせて3つのレイヤーにチケットが分かれており、全ての方が参加しやすいチケット方式に変更されました。

チケットの販売開始時期は、2024年3月〜を予定しております。詳細は追って公開されます。

*公式ホームページ(https://webx-asia.com/)からメールアドレスを登録するとチケット販売開始などの最新情報を受け取り、事前登録者限定の割引特典(サブスクライブ)を受けることが可能です。

公開インタビューブース

さらに、海外メディアやPodcastオーナーと連携し、WebXに登壇するスピーカーの方や来場する有識者のインタビューを行う「公開インタビューブース」を会場内に設置。これを通して海外への発信力も強化されます。

東京都の後援

今回のWebX2024には、後援団体として、『国際金融都市構想』を掲げる東京都に参加頂くことが決まりました。

東京都では、東京が世界に冠たる国際金融都市の地位を取り戻すため、国や民間企業などと連携しながら、金融の活性化に向けた取り組みを推進しています。

東京都はその一環として、先端のテクノロジーや多彩なアイデア、デジタルノウハウによって、世界共通の都市課題を克服する“持続可能な新しい価値”を生み出す「SusHi Tech Tokyo(Sustainable High City Tech Tokyo)」を、世界に向けて発信しています。

関連:SusHi Tech Tokyo2024

小池都知事は、WebX2023の閉会の挨拶で、「アジア最大級のWeb3カンファレンスが東京で開催されたことには大きな意義があります。東京都は世界をリードする国際金融都市とすべく金融のデジタル化を進め、世界に通用するイノベーションの創出に取り組んでいます。」と言及。

「東京都と連携を図りながら、一緒にさらなるイノベーションを生み出してまいりましょう。」と来場者に呼びかけました。

関連:日本最大級のweb3国際カンファレンス WebX2023レポート

入江のぶこ議員の挨拶

東京都議会(都民ファーストの会・副代表)の入江のぶこ議員は、WebX2024ローンチパーティーの挨拶にて次のように述べました。

昨年WebX2023に参加して、Web3業界関係者たちが世界に向かって活動されている姿に感銘と、未来への可能性を感じました。

その期待に応えるべく、東京がWeb3のフラッグシップ都市にならなければならないという想いを強くしました。

東京ベイエリアで開催予定の「SusHi Tech Tokyo2024」では、400以上のスタートアップ企業に集まっていただく予定です。

そのような状況にある中、「SusHi Tech NFT」を発表できることも、マスアダプションに寄与できるのではないかと考えています。

関連:小池都知事「デジタル証券発行支援などフィンテック振興を後押しする」 入江のぶこ議員の質問に答弁

Web3カンファレンス同時開催

WebXが開催される8/28(水)〜8/29(木)前の8/21(水)〜8/26(月)にかけて、WebXと提携する魅力的な大型Web3イベント「ETH Japan」と「DAO Tokyo」が開催されます。

DAO Tokyoとは

DAO TOKYO 2024

日時:2024年8月21日(水)、22日(木)

場所:神田明神

概要:世界中から最先端の知見を持つDAOのコントリビューター、エキスパートを招聘し、DAOのノウハウや知見を共有・向上できるコミュニティギャザリング。

公式サイト:https://dao-tokyo.xyz/

DAO Tokyoは、米ニューヨーク以外で初開催されたDAO(分散型自律組織)特化型のカンファレンスであり、2023年4月に東京都千代田区の神社「神田明神」で初開催されました。主催したのは、Fracton Ventures株式会社です。

ETH Tokyoとは

ETH Tokyo 2024

日時:ハッカソン2024年8月23-25日、カンファレンス2024年8月26日

公式サイト:https://www.ethtokyo.com/

2024年初開催のETH Tokyo 2024。イーサリアム(ETH)コミュニティ主導の第一回ハッカソンが東京で初開催されます。

スポンサー発表

最後に、現時点で発表可能なスポンサー企業(一部)をご紹介します。

昨年に引き続きbitbank、TRON、PROJECT XENO(CROOZ Blockchain Lab)の3社がタイトルスポンサーに。新たなタイトルスポンサーとして、CaliverseとKushimにご支援いただくことが決まりました。

おかげさまでタイトルスポンサー枠は全て埋まり、プラチナスポンサー枠も残り若干数となっております。今後、新しいスポンサーは順次発表予定です。

WebX 2023の模様

WebX2023 開催実績

■主催:WebX実行委員会

■企画 / 運営:CoinPost

■来場者数:16,500人以上

■参加企業:2,000社以上

■出展企業:122社

■メディアパートナー:180社

WebXとは

WebXは、世界各国からWeb2・Web3の有望プロジェクトや企業、起業家、投資家、開発者等を集めたアジア最大級のWeb3カンファレンスです。

来場者は、Web3分野のトッププロジェクトや創業者らを招いた講演(日英同時通訳対応)、ネットワーキング機会、主要プロジェクトによる技術ワークショップ、Web3ビジネスに関するピッチイベント、企業およびプロジェクトの展示スペース、GameFiイベントなどにご参加いただけます。

■開催日:2024年8月28日(水)・29日(木)

■開催場所:ザ・プリンスパークタワー東京

■主催:WebX実行委員会

■企画 / 運営:CoinPost

■来場者数(見込):20,000人以上

■参加企業数(見込):2,000社以上

■出展企業数(見込):150社以上

■メディアパートナー数(見込):100社以上

登壇者(スピーカー)情報やチケット情報は、X(旧Twitter)を通して適宜お知らせいたします。

X(旧Twitter)

CoinPostアカウント(日本):https://twitter.com/coin_post

CoinPostアカウント(グローバル):https://twitter.com/CoinPost_Global

問い合わせ先

WebX 2024開催にあたって、イベントスポンサーやメディアパートナーに検討されている方、スピーカー/スポンサー/パートナーに関するお問い合わせは、下記よりお願い致します。

*公式ホームページ(https://webx-asia.com/)からメールアドレスを登録するとチケット販売開始などの最新情報を受け取り、事前登録者限定の割引特典(サブスクライブ)を受けることが可能です。

問い合わせ先:https://coinpost.jp/webx/

本リリースに関する問い合わせ、取材の申し込み

株式会社CoinPostメールアドレス:info@webx-asia.com

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア