【速報】韓国公式発表:仮想通貨「ICO」が合法かどうかの可否判断を11月中に

韓国政府のトップレベルの責任者は、11月に再び国内でICOを認可するかどうかの決定を下すと述べている。

政府政策協調担当官のトップであるHong Nam-ki氏は、ここ数カ月間、韓国規制当局がICOの認可について検討している述べているとCoinDesk Koreaが木曜日に報道した。

Hong氏は、9月から韓国の市場監視機関である大韓民国金融委員会(FSC)がICO関連の調査を実施しているとも加え、「10月末の調査結果に基づき、11月に政府の意向を整えていくつもりだ」と述べた。

この結果次第で、今後の韓国のICOの形が大きく変わる可能性がある。

参考記事:South Korea to Decide on ICO Permission in November, Official Says

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

韓国ソウル市「今後5年間でブロックチェーンの中心都市を目指す」同技術を行政に取り込む意向
朴 元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は、ソウル市が目指す、世界的なブロックチェーンのハブとなるための計画を明らかにした。仮想通貨にも熱狂的な韓国の主要都市が、大きく動き出そうとしている。
韓国の国会本会議で政務委員長が「ICO合法化」を求める
韓国与党民主党議員のMin委員長は、9月12日にフランス国会がICO法案を可決し、合法化の道を開いた例にも触れ、「ICO規制は必要だが、ドアを完全に閉ざしてはならない」と見解を述べた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加