CoinPostで今最も読まれています

米SEC、仮想通貨企業DEBT Box訴訟の棄却申し立て「事実に基づかず不当」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

訴訟却下と制裁回避

米証券取引委員会(SEC)は1月30日、暗号資産(仮想通貨)企業Digital Licensing Inc.(通称DEBT Box)に対する訴訟の棄却申し立てを近日中に行うと、米ユタ地区の連邦地方裁判所に通知した。SECは昨年12月21日に、同訴訟で不正確な発言があったことを認める回答を提出していた。

ユタ地裁のロバート・シェルビー判事は11月30日、SECが同訴訟において「重大な虚偽及び誤解を招くような表明」を行い、民事訴訟規則第11条に違反しているとして、「裁判所がSECに制裁を課すべきではない理由」について開示命令を出した。

SECは12月の裁判所への説明文書で、7月に行われた審議では以下のような誤りがあったとして謝罪している。

  • 当時、SECの弁護士が知らずに不正確なことを主張
  • 発言内容が不正確であったことが判明した後も、訂正せず
  • 裏付けられた事実を根拠とするものではなく、推論による表明を行った

関連:米SEC、仮想通貨企業に対する訴訟で過ちを認めて謝罪

裁判の経緯

SECは昨年7月、DEBT Boxが「ノードライセンス」と称する未登録証券を販売し、数千人の投資家から4,900万ドル(約72億円)超を詐取したとして提訴。同社に対し、暫定的差し止め命令(TRO)の発動を求める申請書を提出した。

ユタ地方裁判所は、SECに対する審問後、DEBT Boxの資産を凍結するTROを発したが、9月に被告側がTRO取り消しの申し立てを提出。この申立てに対する審理で、SECがTROが発行されないことで「取り返しのつかない損害が生じる」事実を示さなかったため、裁判所は「TROは不注意に発行された」と結論づけ、10月にTROを取り消した。

その後、シェルビー判事は12月の裁判所命令の中で、SECがTRO申請に関して「著しく虚偽で誤解を招く」表現を行ったことに懸念を表明し、規制当局に制裁を科す可能性があると警告していた。

関連:「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す

DEBT Boxの主張

DEBT Box側は、裁判所から理由開示命令を受けたSECの弁護士らに対し、制裁を加えるように求める書類を1月12日に裁判所に提出した。被告らは、TROの影響で、DEBT Boxのネイティブトークンは56%以上暴落し、130カ国以上、約30万人のユーザーに混乱をもたらしたと主張している。

また、TROの発動を受け、同社への融資が打ち切られ、従業員の給与支払いができなくなったが、クレジットカード会社や銀行からは支援を拒否されたという。被告の一人は、これまで数百万ドルの取引を行なってきたにもかかわらず、融資業者からの融資を断られた結果、自身の融資事業及び不動産事業が破綻した。

SECの主張

SECは、DEBT Boxによる裁判所への制裁要請に呼応する形で、今回再回答書を提出したものとみられる。

再回答書の中でSECは、DEBT Boxに対する訴訟を「他の権利に影響を及ぼすことなく」却下するように求めている(”dismiss without prejudice”)。この要請が認められた場合、SECは後日、被告を再度起訴することも可能だ。

SECは「権利に影響力を及ぼす」形で訴訟を棄却すること(”dismiss with prejudice”)、つまりSECの敗訴が確定的になり、再起訴の可能性が断たれることは、「故意の違法行為の場合にのみ適切な極端な制裁」であると主張。この訴訟では「そのような意図的な違法行為は発生しなかった」と説明している。

また、SECは「裁判所に対し同委員会の弁護士は、もっと包み隠さず対応すべきであった」と認識しているものの、裁判所によるSECへの制裁は、「適切でもなく、必要でもない」と主張した。

制裁が必要ない理由

SECは「裁判所が提起した懸念が再度、発生することがないよう」、以下のような「広範な是正措置」を講じているため、裁判所による制裁の必要はないと主張している。

  • 調査および訴訟に関与するすべての執行部職員に対し、「正確さや誠実さ、不正確な事項が判明次第迅速に修正する」特別研修を義務付ける
  • この問題を監督するため、SECデンバー事務所の経験豊かな弁護士を任命

SECとDEBT Boxに対する法廷での審理は、3月7日に予定されている。

仮想通貨初心者向け特集

イチから学ぶ仮想通貨投資、ビットコインの買い方まで徹底解説投資初心者向け講座|仮想通貨ビットコインの「トレンド転換点」の見極め方
人気銘柄別、日本国内の仮想通貨取引所、おすすめ5選抑えておきたいテクニカル分析「ダウ理論・6原則」を初心者向けに解説
CoinPostアプリで優位性をどれを買えばいい?仮想通貨(ビットコイン、アルトコイン)銘柄の選び方
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア