リップルネットに新企業が加入|増加するRipple社との提携企業

英オンライン決済サービス会社MoneyNetIntが、リップルネットに参加
今週リップル社が提供するリップルネットに新たなイギリス企業MoneyNetInt社が加わり、イスラエルの新シェケル建てでの支払いが簡易になった。リップルネットの他にもxRapid、XRPの使用・採用実例は増加しつつある。

リップル社とイギリス送金企業が提携を発表

10月15日、米リップル社が提供している国際送金ネットワーク、リップルネット (RippleNet)にイギリスのオンライン決済および送金サービス会社であるMoneyNetInt社が加わった。

MoneyNetInt社は、イギリスの金融行為監督機構 (FCA)より電子マネーの発行と決済サービスの認可を受けており、企業および個人向けの幅広いオンライン金融サービスを提供している。

中でも、国境のないオンラインショップなどの中小企業向けの決済サービスや、40カ国を超える国々へ現地通貨建ての国際送着金サービス及び為替業務を行なっていることから、リップルの国際送金ネットワークへ参加することは、同社の主要な事業内容の効率化につながると思われる。

MoneyNetInt社、CEOであるYishay Trif氏は、リップル社との提携について次のように述べている。

リップル社との提携は、決済業界の革新的分野に進出するとともに、この分野で画期的な企業となるという当社の戦略上の布石の一つである。

リップルネットが、その参加者全てに、統一パラメータが設定されたプラットフォームとして機能するということは、国際金融機関間の調和プロセスを容易にする。

弊社にとって、この協業は顧客に高度なサービスを提供する能力の飛躍的な進歩を意味する。

一方、リップル社の顧客管理責任者であるNadeem Ladki氏は次のように述べ、この提携の意義を高く評価している姿勢を見せている。

我々もMoneyNetInt社とのパートナーシップを歓迎している。

リップルネットの他の参加者の代理として、ユーロに加え、イスラエルの新シェケル建てでの支払いを容易にする同社の力量は、ネットワーク全体を拡大するための、さらなる大きなステップとなる。

MoneyNetInt社は、Rippleのブロックチェーン技術を活用することで、顧客の為替レートを簡素化し、削減することができ、さらに決済のスピードを高め、これまで困難であったり、コストがかかりすぎていた新たな市場へもサービスを提供することができるようになる。

MoneyNetInt社のプレスリリースによると、同社はすでにリップルネットとの統合および展開プロセスを完了しており、ネットワーク参加者は、APIの追加実行なしに、MoneyNetInt社のサービスに接続できるとのこと。

また、既に2社のリップルネットワーク参加者からの決済指示を受注し、支払い処理を進めていると付け加えている。

リップルネット加入済みの企業一覧

リップルネットには、数多くの金融機関や企業が参加しており、そのネットワークは世界の6大陸を跨ぐ40カ国以上に拡大しており、その数は100社を超える。

世界の名だたる金融機関がリストに名を連ねているが、主だった一部だけでも以下のような企業が名を連ねる。

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • みずほフィナンシャル・グループ
  • 三井住友信託銀行
  • SBIホールディングス
  • Bank of America Merrill Lynch
  • Barclays
  • Santander
  • American Express FX International Payments
  • MoneyGram
  • Western Union

大手金融機関への技術導入もさることながら、日本の一般ユーザーに直接関係するのは、SBI Ripple Asiaが今月4日からダウンロードが開始された、スマートフォン支払いアプリ『マネータップ』であろう。

仮想通貨XRPの採用事例

またリップル社のリップルネットだけではなく、仮想通貨XRPの採用事例も最近新たな発表があり話題を呼んでいる。

ひとつは仮想通貨を担保に現金融資を行うNexoプラットフォームに、従来の4種類の仮想通貨に、XRPが加えられたことであり、もう一つは、シェアリング・エコノミーアプリ「Omni」でもXRPでの支払いが可能になっている。

リップルネットワークを筆頭とした、リップル社の快進撃が続いているようだ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨リップルの採用事例が新たに2つ|XRP担保で最大2.2億円までローン融資も可能に
仮想通貨貸金サービス企業NexoがXRP担保で最大2.2億円貸し出しが可能となるローンの提供を発表した。その他でも仮想通貨XRPの実用例が進んでいる。
SBI Ripple Asia:リップルDLTベースの支払いアプリ『マネータップ』一般サービス開始
SBI Ripple Asiaは、米リップル社のxCurrent技術を搭載、財務局認可済みスマートフォン支払いアプリ『マネータップ』の一般サービスを10/4に開始した。iOSとAndroid版でインストール可能に。3銀行で送金手数料を無料にすることで、少額送金のキャッシュレス化を促進する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加