仮想通貨シアコイン(SC):ASIC対策のためのハードフォークを実施

シアコイン(SC)のブロックチェーンネットワークは、次回のハードフォークで、ビットメインや他の主要企業によって作られたハードウェアを使ったマイニングを使用不可にするコードを公開。

時価総額2億3900万ドル相当の分散型ストレージプロトコルを持つ、Nebulousの創設者兼CEOであるDavid Vorick氏は、Discord上のシアコインの公式チャンネルで1.3.6版のコードを公開、ハードフォークは10月31日に行われると発表した。

シアネットワークを使用する全ユーザーはハードフォーク実施日より前にアップグレードする必要がある。全ての主要取引所は今回のハードフォークに参加するだろう。

とVorick氏は述べた。

今回、ビットメイン社やイノシリコン社製のASICを使用するマイナーは、今月末に起こるハードフォークでシアブロックチェーンネットワークから除外されることになる。

ビットメイン社は今年1月に、シアコイン(SC)専用の「AntMiner A3」という製品を発表し、AntPoolと呼ばれる専用のプールでシアコインへのサポートを開始したばかりだった。

参考記事:Sia Network Releases Hard Fork Code to Block Crypto Mining Giants

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

シアコイン(Siacoin/SC) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
シアコイン(Siacoin/SC)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、シアコイン(Siacoin/SC)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
第5回『国際ブロックチェーン格付け』イーサリアムは2位、リップル(XRP)は15位、ビットコインは16位
第5回「国際パブリックチェーンランキング」 中国の行政機関は今年5月、世界中のブロックチェーン専門家が技術的に評...

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加