有名プロボクサーのメイウェザー氏らが詐欺ICOのプロモーションに関わったとして訴訟を起こされている

ICOのプロモーションに関わったことで知られる音楽プロデューサーのDJ Khaled氏と有名ボクサーであるフロイド・メイウェザー氏が訴訟を起こされている。

今回の訴訟はCentra TechのICOに初期から関わって損失を被ったユーザーによって起こされたものだ。

Centra Techの3名の創設者はICOで3200万ドル(約36億円)を集めたが、すでに告発を受け逮捕されている。

昨年からSECによって、有名人のICOの推薦については一定の基準を満たしていないと違法となる可能性があると警告されており、今回の訴訟も意外ではないといえるだろう。

今回訴訟を受けた2名は当時、SNS上でCentra Techについて、Khaled氏はこれを「ゲームチェンジャー」であると宣伝し、Mayweather氏は自身を「Floyd Crypto Mayweather」と呼称しこのICOを強力に宣伝していた。

参考記事:DJ Khaled and Floyd Mayweather Sued Over Involvement in Centra Tech ICO

CoinPostの関連記事

SEC:メイウェザーが宣伝したICOを詐欺として起訴・販売総額は約34億円
米国証券取引委員会(SEC)は、伝説のボクサーFloyd Mayweatherが宣伝したトークンセールが詐欺であるとみなし、Centra TechのICOを起訴しました。大手金融機関と関係があると嘘をついていたことなどが判明しました。
9月のICO調達額が激減、その背景に投資家の関心先の変化|経済調査企業Autonomous最新報告書
経済調査を専門とするAutonomous社の最新報告によると、ICOにより今年1月には市場全体で24億ドル(約2700億円)を調達したのに対し、9月の調達額は全体で2億8000万ドル(約316億円)と激減した事が判明。ICOに変わる新たな資金調達方法とは。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用