CoinPostで今最も読まれています

金融庁が「自主規制団体」認可へ、日本の仮想通貨業界のターニングポイントに|ロイター報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

金融庁が「自主規制団体」の認可へ
金融庁が「自主規制団体」の認可を行うとロイターが報じた。規制面が整備されることで利用者保護の仕組みで安心感に繋がり、仮想通貨市場に大きな前進となる。

金融庁が「自主規制団体」の認可へ

ロイターによると、24日にも、日本仮想通貨交換業協会を「資金決済法」に基づく自主規制団体に認定すると報じた。

追記

金融庁も公式ホームページ上にて、資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)第87条に基づく「一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会」を認定資金決済事業者協会として認定したことを発表した。

出典:金融庁

また仮想通貨交換業協会の「自主規制原案」では、オンライン環境で利用者から預かった仮想通貨の秘密鍵を管理する場合、サイバー攻撃による秘密鍵の喪失リスクを評価したうえで、当該リスクに見合った額を銀行預金や国債、地方債などの安全資産で保有するよう義務付けた。としている。

この原案では、保全対象額について銀行などとの間で「保全契約」を結ぶように求めているとされており、利用者から預かった仮想通貨が不正流出した場合に備え、損害賠償方針の明記を義務付けることも盛り込まれているため、実現すれば、仮想通貨のネガティブなイメージの払拭に向けて大きく前進することになりそうだ。

発足したのは今年3月

2018年3月、金融庁と連携して自主規制に取り組むため、認可済みの「仮想通貨交換業者」16社を中心に、日本仮想通貨事業者協会(JCBA)と日本ブロックチェーン協会(JBA)が、新団体設立に合意した。

仮想通貨交換業者は、金融庁の登録が済み次第、正会員になることができるとしている。

認定自主規制団体は、「資金決済法」の第87条に規定する、「自主規制規則に対しての強制力を持つ団体」となり、自主規制違反が発生した場合、各業者に対しペナルティを課すことができるほか、自主規制ルールが各社に適用され、協会による会員各社への処分も可能になる。

消費者保護や仮想通貨交換業者による内部管理体制について「強い危機感があった」ことで設立に至った経緯がある。

  • 利用者管理に関する規則
  • 仮想通貨インサイダー情報管理規則
  • 不公正取引防止の為の取引管理体制に関する規則
  • 注文管理体制に関する規則
  • 仮想通貨交換業に関与する従業員に関する規則
  • 広告等の表示および景品等の提供に関する規則
  • 仮想通貨差金決済取引に関する規則
  • セキュリティに関する規則
  • AML/CFT(マネーロンダリング防止とテロ資金供与対策)に関する規則

認可に関する影響

今回自主規制団体が認可されたことで、どのような動きがあるかという部分を把握することが重要となる。

現在、金融庁の認可を受けた仮想通貨取引所の運営企業16社で構成されているが、この認可取引所で構成された「JVCEA」では、コインチェックのハッキング事件以降、業界の健全化と取引所のセキュリティ強化、また顧客保護の観点から、取引所に施行される上記で記載した「自主規制案」の策定が行われてきていた。

この自主規制案を、各認可取引所に施行するため、同組織は資金決済法に基づく「自主規制団体」に認定を金融庁に申請していた。

要するに今回の報道で明らかになった、認可規制団体の許可は、「自主規制ルールが各社に適用され、協会による会員各社への処分も可能になる。」という重要な点を意味している。

自主規制原案が、各社に適応される動きが実現することで、停滞していた日本の仮想通貨業界が動く大きなターニングポイントとなり、一般投資家が抱く仮想通貨に対する漠然としたマイナスイメージ(仮想通貨投資は危険、恐いなど)が大きく改善することが期待できる。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

金融庁主導で仮想通貨取引所ハッキングなど補償体制整備へ:実現すれば業界に追い風
ロイターの報道によると、仮想通貨不正流出に備えた交換業協会の自主規制案で、リスク相応額を銀行預金や国債等の安全資産で保有するよう義務付けた。各国仮想通貨保険の現状をまとめた。
金融庁「第7回仮想通貨研究会」ビットコイン取引規制など最新情報まとめ
金融庁にて19日、仮想通貨に関する討議が行われ、ビットコインなどのデリバティブ取引レバレッジは最大2倍にすべき、みなし事業者の「登録デッドライン」を3年にするのはどうかなどと言及。「資産保全」に関する提言もまとめた。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/25 木曜日
19:23
ロシア下院、ビットコインマイニング合法化と国際貿易の仮想通貨決済を許可する法案可決か
ロシア下院は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインのマイニング(採掘)を合法化し、国際貿易における暗号資産(仮想通貨)利用を許可する法案を可決した。
18:22
SBIが米資産運用大手と新会社設立へ ビットコインETF参入準備か=日本経済新聞
SBIホールディングスが、米運用会社大手フランクリン・テンプルトンと年内を目処に合弁会社を設立する。国内の証券市場でビットコインETF(上場投資信託)が売買できるようになると、税制面で大きな優位性がある。
16:59
STEPN(ステップン)やSTEPN GOでかかる税金の仕組みと確定申告するときのポイント|Aerial Partners寄稿
STEPNとは?ゲームの仕組み ステップン(STEPN)とは、ファインドサトシラボ(Find Satoshi Lab Limited)によって開発されたブロックチェーンゲーム(…
16:16
社会貢献アプリ『ピクトレ』、東京で実証試験へ
仮想通貨ディープコイン(DEP)を発行するDEAは、社会貢献アプリ「ピクトレ」の実証試験を東京で実施。プレイヤーが電力インフラを保全し、新機能を導入して社会貢献を推進する。
15:23
「ハリスは仮想通貨にオープンマインド」スカラムーチ氏が対立煽りをけん制
スカイブリッジ創設者のスカラムーチ氏が、ハリス氏の仮想通貨に対する中立的な立場を示唆し、政治的な対立が仮想通貨エコシステムに悪影響を及ぼさないよう、超党派での支持を呼びかけている。ハリス氏がビットコイン会議の登壇を控える動きを受けて。
14:10
ソラナミームコイン空売りマーケット「dumpyfun」、7月30日よりベータ版開始
ミームコイン市場は今年において最もリターンの高い仮想通貨セクターとなってきた。しかし、ミームコインは他の銘柄に比べてボラティリティがより高いため、暴落時に備えたヘッジへの需要も高い。
14:00
SNPIT(スナップイット)の始め方
SNPIT(スナップイット)はスマホカメラを使って利益を得るGame-Fiエコシステム。ゲーム内容、始め方、ゲーム内ポイントの稼ぎ方、ステーキング方法、暗号資産(仮想通貨)SNPTの買い方まで詳しく解説
10:45
米ハッシュデックス、ビットコインとイーサリアム現物を保有するETFの登録書提出
仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムを保有するETFで、登録届出書を米証券取引委員会に提出した。
10:20
農産業専門のRWA電子市場「AgriDex」、ソラナチェーンで初の取引を実行
仮想通貨ソラナのブロックチェーン基盤のRWA電子市場AgriDexが初の取引を実行。AgriDexは独自トークンのエアドロップも計画している。
08:00
米大統領選で人気高まる予測市場「ポリマーケット」、アップルペイやクレジットカード利用可能に
バイデン氏が撤退を報告した22日には2,400万ドルの取引高を記録し、同プラットフォームの1日のアクティブユーザー数は過去最高の5,900人に急増した。
07:15
「BTCを米国の準備金に」議員が法案を発表か
仮想通貨ビットコインを米国の準備金にすることを定めた新しい法案を、共和党議員がビットコイン2024で発表する計画であることが報じられた。議員自身も大きな発表を行うことをXで示唆している。
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア