CoinPostで今最も読まれています

短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

16日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比38.6ドル安、ナスダック指数は44ポイント安で取引を終えた。

米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、コインベースが前日比9.4%安と大幅安となり、節目の200ドル水準を割り込んだ。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前日比138.1円(0.36%)安の3万8782円となった。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比0.9%安の1BTC=65,395ドルに。

BTC/USD日足

日本時間15日夜のCPI(米消費者物価指数)発表で市場予想を下回ったことでビットコインが急騰。Rektcapital氏も指摘するように、これまで売り優勢で推移していた下降チャネルのブレイクアウトに成功した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)やCPI発表通過で一定の時間的猶予が認められる中、65,000ドルの50日移動平均線(SMA)、および64,400ドルのサポートライン(下値支持線)が機能すれば一段高も見込めるか。そうなれば過去最高値も視野に入る。

その一方、ブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)などのビットコイン現物ETFへの資金流入が過去数週間にわたって陰りを見せる中、上値追いで買い方が追従するかどうかは不透明だ。サポートラインを割り込めば、再び60,000ドル水準のリテストが想定される。

時間の経過とともに、年内の利下げや大統領選に焦点が移ることになるだろう。新しい資産クラスである暗号資産に一貫して批判的な民主党のバイデン政権が交代した場合、バイデン政権下で任命されたゲンスラーSEC委員長の規制アプローチや任期そのものに影響を及ぼすと見る向きもある。

現時点ではSECの規制や訴訟方針に対する不確実性が、機関投資家にとって大きなリスクとなっていることは否めない。

FTXの現金弁済の影響は

K33 Research の最新レポートでは、 K33リサーチのアナリストらは、2022年11月に破綻した大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXについて、「すべての債権者への弁済が必ずしも相場に弱気な影響を与えるわけではない」との見方を示した。

FTXの債権者について現金での債務弁済が予定される中、現金を受領した債権者による買い圧力が暗号資産払いを受ける債権者からの売り圧力を相殺する可能性があるとの見方を示した。

FTXによる現金返済は14.5億ドル規模に及ぶ一方、Geminiは2024年6月初めに17億ドルの返済を、Mt. Goxは2024年10月までに89億ドルの返済を予定しているが、こちらは暗号資産(仮想通貨)の現物弁済のため、市場で新たな売り圧力が発生し得る。

現金弁済分は潜在的な買い圧力となり、差し引きの現金余剰(3.9億ドル)が見込めるという。

ただし、FTXの返済スケジュールは裁判所で審査中であり、ほとんどの債権者は今年後半に支払いが行われると予想している。市場への影響は返済のタイミングに大きく依存するため、返済が行われる時期が非常に重要となりそうだ。

米SEC(証券取引委員会)が暗号資産(仮想通貨)業界への攻勢を再び強めていることも、投資家心理に影を落としている。

米上場企業ロビンフッドは4日、証券法違反を前提に、法的措置を講じる予定であることを正式に伝える「ウェルズ通知(Wells Notice)」を発行した。

米国大統領選挙の行方や規制上の不確実性が続く中、機関投資家によるエクスポージャーは慎重にならざるを得ないものとみられる。

好材料としては、米資産運用大手Vanguardの新CEOにブラックロックでビットコイン現物ETFの立ち上げに携わったサリム・ラムジ氏が就任したことが挙げられる。これに伴い、これまで暗号資産(仮想通貨)領域に消極的だったVanguardの姿勢に変化が訪れる可能性がある。

有識者らはこの点について、直ちにビットコインETF(上場投資信託)のローンチに向かう可能性は低いものの、顧客に対するビットコインETFの購入を許可する可能性はあるとしている。

Vanguardの資産運用規模(AUM)は、2024年1月時点で最大手資産運用会社ブラックロックに次ぐ8.7兆ドルに達しているとされる。

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

アルトコイン相場

CoinGeckoデータによれば、16日のビットコイン(BTC)反騰局面でミームコインの時価総額が前日比10%増の581億3,000万ドルに達した。

前週比ではPEPEが一時24.0%高、FLOKIが19.3%高、SHIBが8.7%高を記録している。

一方、投資会社コンパウンドのマネージングパートナーであるマイケル・デンプシー氏のツイートに応える形で、a16z CTOのエディ・ラザリン氏がミームコインに言及。「業界の採用、規制、そして開発者の行動にネガティブな影響を与えている」と主張した。

これに先駆け、マイケル・デンプシー氏は、「ミームコインの台頭が多くの仮想通貨開発者を遠ざけている」と懸念を表明している。

さらに、「ベンチャーキャピタリストがミームコインを支持しながらも、仮想通貨の長期的な目標を掲げる姿勢に矛盾を感じる」「R&D(ベンチャー/創設者)をサポートするはずのエコシステムが、ミームコインによって消費されかねない」などと指摘し、議論は波紋を呼んでいる。

ミームコインに肯定的な意見としては、技術的な浅さやリスクを認めつつも、暗号資産(仮想通貨)市場におけるユーザーエンゲージメントの促進やコミュニティの活性化に役立つ、といった声も寄せられた。

ミームコインのトレンド、2024年の注目銘柄から投資リスクまで

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
パンテラ、ソラナを「ブロックチェーン領域のmacOS」と評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア