リップル社:Google重役 AmirSarhangi氏を雇用

リップル社:グーグルの重役雇用
リップル社がグーグルのプロジェクトマネジャーAmir Sarhangi氏を雇用したことを明らかにした。リップル社ではプロダクト部門の部長を担うとのこと。好調なリップル社の成長に拍車をかけられるか注目が集まる。

グーグルの重役雇用

リップル社はグーグルのプロジェクトマネジャーAmir Sarhangi氏を引き抜いたことを明らかにした。

Sarhangi氏はグーグルのRCSと呼ばれるワイヤレス・メッセージ・システム開発の責任者であった。

Reutersの報道によれば、Sarhangi氏は、リップル社ではプロダクト部門の部長を担うとのこと。

同氏は、銀行や金融機関などで活用されている国際間決済技術「リップルネット」拡大に向けて陣頭指揮をとるとしている。

またリップル社の仮想通貨であるXRPは、新たに二つの仮想通貨取引所にて上場された。

その取引所名はブラジルの取引所「OmniTrade」とロシアに拠点を置く取引所「Yobit」

OmniTradeのツイッター上にて、XRP/BRL(ブラジルレアル)、XRP/BTC、XRP/ETHの三つの取引ペアが可能になったと発表している。

Yobitでは、現在XRP/BTC、XRP/ETCのペア取引が可能となっている。

売り上げ好調なリップル

先日コインポストでも報道したように、10月26日にリップル社はXRPのQ3売上報告書を発表した。

この報告書によれば、ボラティリティと取引高が増加する中、リップル社は180億円弱のXRPを売上に納めたとしている。

2018年の比較表(日本円換算)
2018年Q3 2018年Q2
企業向け直接販売 110億円 19億円
プログラム売却 73億円 63億円
総売却額 183億円 82億円
XRP総取引量 380億 453億
総取引量に対するプログラム売却量 0.17% 0.125%
総取引量に対する売却量 0.43% 0.162%

今回の報告書で、リップル社による『プログラム売却』の増加はもちろん、特に注目すべき点は企業向けの売上で、リップル社の子会社であるXRP II,LLCによる企業向けの売上が前四半期比594%増になったことが報告されている。

この好調な売上に至ったのは、先日リップル社主催のSwellカンファレンスにて正式に発表されたxRapid(XRP使用)を複数のクライアント金融企業:MercuryFX、Culliax、Catalyst Corporate Federal Credit Unionなどが導入したことや、xRapidを採用する仮想通貨取引所3社と『プリファードパートナー』を締結したことも一つの要因と考えられる。

なお、「産業において、急速な成長を見せており、例えば、CoilがXRPを使った決済システムを実用化するために、200以上のウェブサイトとウェブマネタイズ商品を試行している」のようなビジネスは今後もXRPに対する需要が高まると言えるだろう。

Sarhangi氏を雇ったことにより、売り上げ好調なリップル社の成長にさらなる拍車をかけるのか。

今後の動向に注目が集まる。

CoinPostの関連記事

リップル社SWELLが開幕:1日目内容まとめ|xRapidの商用化を新発表・クリントン氏の発言も掲載
米リップル社が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」が、日本時間本日未明開幕。注目された仮想通貨XRPを利用するxRapidの商用化発表が行われ、注目の元米大統領ビル・クリントン氏による公演内容も明らかになった。
リップル(XRP)を基軸通貨とした仮想通貨取引所XRP Unitedが始動
世界初、全ての取引ペアが仮想通貨XRPを基軸とした仮想通貨取引所のサービス開始が発表された。またカナダの取引所CoinFieldでもXRP基軸の取引ペア提供を検討されるなど、XRPへの関心が高まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用