カナダの小規模仮想通貨取引所が全資産を流失、補償不可と閉鎖を告知|その真相は?

カナダの小規模仮想通貨取引所が全資産を流失、閉鎖
カナダのアルバータ州発の小規模ビットコイン取引所『MapleChange』は全資産を流出したものの、弁償ができず、業務を停止すると発表をおこなった。一連の動きから実際は出口詐欺ではないかという疑惑が指摘されている。

注意すべき「資金流出」の主張と出口詐欺

複数のメディアの報道によって、カナダのアルバータ州の小規模ビットコイン取引所『MapleChange』が「資金流出」被害を受けたと主張していることが明らかになった。

公式ツイッターフォロワーはわずか2千人という小規模ではある同取引所は、「弁償する資金が無くなったため、取引所を閉鎖し、SNSもすべて削除する」と言い残し、ツイッターアカウントを削除した。

同取引所の一連の流れから、資金流出の被害こそ主張しているが、持ち逃げを行う出口詐欺である見方が強まっている。

出口詐欺の常套手段

*出口詐欺とは、顧客の信頼を得て、それらの資金を一ヶ所(この件では取引所のウォレット)に集めさせて、タイミングを見計らって持ち逃げするというトリックである。

このように、人気アナリストであるJoseph Young氏も、今回の「資金流出報告」を明らかな『出口詐欺』であると指摘し、「小規模な取引所を使うメリットが無く、規制されている、透明性の高い取引所を使うべきだ」と注意喚起を行なっている。

さらに、世界最大級仮想通貨取引所Binanceの代表CZ氏もこの事件に関して、コメントをおこなった。

コールドウォレットを使用しない取引所は避けたほうがいいだろう

通常、資産を多く保有し、狙われやすい取引所は、セキュリティの万全を期すためコールドウォレット (ネットと接続していない)を併用する(保有ではメイン)が、このような手立てを行わない時点で、ユーザーは注意すべきであり、仮にこのような手段が講じられていない状況下での資金流出被害報告は疑問視されることとなり、単なる詐欺と考えられるということだ。

なお、今回の事件から注意したい点が以下の2点だ。

  • 小規模な取引所およびツイッターのフォロワーの少ない取引所には要注意(米大手取引所Coinbaseのツイッターフォロワーは100万人超え; Binanceの顔と言われるCZ氏は23万人フォロワー)
  • セキュリティ性、もしくは保険・弁償の効く取引所は信用できると言える。(米取引所Gemini は保険の適応を発表、ハッキング回数が最も多いBithumb は損失を全額補償を告知している。)

CoinPostの関連記事

ICOを利用した出口詐欺が過去2年間で約100億円、約半数が資金調達に失敗している実態が明らかに
英GreySpark社のリサーチで、ICOによる資金調達を試みた企業の内、46%が失敗していることが明らかに。その一方、40%の企業が100万ドル超の資金調達に成功するなど二極化しており、より慎重な投資判断が求められる。
ICO Ratingが仮想通貨取引所100社のセキュリティー格付けを公開|Coinbaseが1位、Zaifは89位に
ICO評価サイトのICO Ratingが仮想通貨取引所セキュリティ格付けレポートを発表した。仮想通貨取引所は現在200以上あると言われているが、今回は取引量が1日で100万ドル以上を記録している上位100の取引所を対象にセキュリティーに関する調査と格付けが行われた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック