CoinPostで今最も読まれています

テザー社、XREXに29億円出資 新たなステーブルコイン「XAU1」立ち上げへ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新興市場でUSDTベースの決済を促進

ステーブルコインUSDTを提供する米テザー社は5日、台湾のブロックチェーン企業XREXに、1,875万ドル(約29億円)の戦略的投資を行うと発表した。両社は提携して、新興市場でUSDTによるクロスボーダー決済を促進し、規制技術(レギュテック)を革新することを目指す。

テザー社の提供した資金を用いてXREXは、規制準拠したUSDTベースの国際的なB2B(ビジネスツービジネス)決済を新興市場で促進していく。

これにより、企業の金融取引をより容易にし、効率性を高め、コストを下げることができるとしている。

さらに、XREXはステーブルコイン企業Unitas Foundationと協力して、新たなユニット化ステーブルコイン「XAU1」を立ち上げる。

「XAU1」は米ドルにペグされたコインであり、テザー社の発行の金(ゴールド)と紐づけられたトークン「テザーゴールド(XAU₮)」によって1対1を超えて担保されるものだ。顧客に安全な代替取引手段とインフレヘッジを提供するとされる。

Unitas Foundationは、米ドルの価値を各国の通貨単位としてユニット化しており、例えばUnitas Foundationによる1Unitasインドルピー・ステーブルコインを保有することは、現在のレートでは1USDステーブルコイン価値の1/80 を保有することとみなされる。

詳細な説明はされていないが、今回の「XAU1」も各国通貨の価値を測る基準単位のようなトークンになることが考えられる。

XREXは台湾のフィンテック系ブロックチェーン企業。SBIグループ傘下のSBIインベストメント、台湾政府国家開発基金、CDIB Capital Group、E.Sun Financial Holdingその他が出資している。

関連: 台湾ブロックチェーン企業XREXが約19億円を資金調達 SBI小会社などが出資

テザー社のパオロ・アルドイノCEOは次のようにコメントした。

XREXと提携して、Unitas Foundationによる新しいユニット化ステーブルコインの立ち上げや、USDTベースのクロスボーダー決済の仲介など、いくつかの画期的な取り組みを行う。

このことで、新興市場において、金融アクセスと効率性に関する新しい基準を確立する。

アルドイノ氏は今回の出資は、暗号資産(仮想通貨)市場の枠を超えた強靭なインフラを構築するというテザー社の長期構想の一環でもあると続けている。

不正検知ソリューションも強化

両社は提携して、ステーブルコインの不正使用を検出して防止するソリューションも強化していく計画だ。規制技術(RegTech:レギュテック)のイノベーションを促進するとしている。

アルドイノCEOは先日、リップル社CEOによる「米国政府は米ドル建てステーブルコインに対する管理強化を示しておりテザー社もターゲットになる可能性がある」との発言を受けて、改めて規制遵守体制を強調したところだ。

40カ国超、124の法執行機関と協力しており、これまでに詐欺、ハッキング、機械学習などに関連した13億ドル超の取引をブロックしてきたことなどを説明している。

関連: テザー社CEO、リップル社CEOを非難「ステーブルコインUSDTに対する不安を広めている」

現在米国議会ではステーブルコイン法案が議論されている。仮想通貨投資企業Bitwiseの最高投資責任者(CIO)は4月、米国議会が包括的なステーブルコイン法案を可決した場合、ビットコイン現物ETFの承認に匹敵するような大きなインパクトを与える可能性があると述べた。

関連: Bitwise最高投資責任者「米国でステーブルコイン法案可決なら、甚大な影響を及ぼし得る」

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、アルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア