CoinPostで今最も読まれています

ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

6/15(土)〜6/21(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

今週、6/15(土)〜6/21(金)の仮想通貨相場の仮想通貨相場週次レポート:

ビットコイン(BTC)対円は今週も緩む展開が続いており、21日正午時点では、1040万円周辺で推移している。

週明けのBTCは、アルトコイン相場の下落や、仏政局不安を受けた欧米の国債利回り上昇が相場の重石となり、1050万円周辺から1030万円周辺まで下落するも、米株の上昇につれて下げ幅を奪回した。

しかし、17日の夜からコインベース、クラーケン、デリビットに大口ETHの入金が確認されたことで、18日東京時間に主要アルトが急落、BTCもつれて1020万円台まで下げた。その後は下げ一服で戻りを試すも、この日の海外時間には戻り売りが入り、相場は一時1015万円まで下落した。

一方、これによりドル建てBTC相場が6.4万ドルにタッチすると、相場は反発。コンセンシスが、米証券取引委員会(SEC)がETHの証券性をめぐる調査を打ち切ったと明かしたことも相場の追い風となり、週央のBTCは1040万円近辺まで戻した。

さらに20日の相場は、アジアの株式市場のリスクオンや米株先物の上昇につれて戻りを試したが、米時間には米株や米国債相場が高値から反動安を演じたことや、機関投資家向けマーケットメーカーのB2C2に大口BTC送金が検知されたことが嫌気され、上げ幅を縮小した。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】
出所:bitbank.ccより作成

今週は目星い材料に乏しい状況が続いたBTCだが、短中期のテクニカル的なセンチメントの悪化に加え、ダブルトップが完成し、上値の重い展開となった。しかし、下げ幅としては依然として控えめといえ、18日の下落後は揉み合いに転じており、思いの外底堅さもある。

ドル建てのBTC相場は、足元、5月1日安値56,500ドルと5月21日高値72,000ドルを基点とするレンジの丁度半値押し水準で下げ止まっている格好だ(第2図)。

また、短期保有(Short-Term Holder、STH)されるBTCの損益レシオ(含み益/含み損)は1周辺まで低下しており、足元の相場水準では売り買いの勢力が拮抗することを示している(第3図)。

【第2図:BTC対ドルチャート(日足)】
出所:Glassnodeより作成

【第3図:短期保有BTCの損益レシオ(日足)】
出所:Glassnodeより作成

BTCのSTH損益レシオは、相場の上昇トレンド時の押し目買いのポイント、下落トレンド時の戻り売りのポイントを探るヒントとなり、昨年末からの相場上昇時にも調整が一巡するタイミングを捉えていた。

売り買いの勢力が拮抗することで、それ以上に相場が押す、あるいは戻す力が後退すると言えるが、STH損益レシオがニュートラルの水準で下げ止まる、あるいは上げ止まるかはその時々の市況によると言える。

直近では、前週の米連邦公開市場委員会(FOMC)はタカ派的だったものの、実際のインフレ指標は物価上昇ペースの鈍化を示唆し、FF金利先物市場では年内2回の利下げがコンセンサスとなっている(FOMC前は1回だった)。今週は、米小売類上げ高や住宅着工件数が下振れ、データ的にはBTC相場の下値は堅そうだ。

一方、BTCドルはトレンド反転サインとしては確度が高いと言われるダブルトップが完成し、売りのシグナルが点灯。こうした中、ETFからの資金流出や、大口によるBTCや主要アルト売却の思惑も見え隠れし、ムードが悪化していると言える。

今週は幸いにも重要な経済指標や、その他にも市場にとって大きなインパクトのある材料がなく、BTC相場も大きく動くことはなかったが、来週には米国のGDP成長率などの一連の四半期データや個人消費支出(PCE)価格指数、さらに27日にはバイデン大統領とトランプ前大統領の初回テレビ討論会が予定されており、材料豊富な1週間となりそうだ。

【第4図:BTCオプションのストライク毎の建玉】
出所:Glassnodeより作成

また、来週は四半期末のオプションカットがあることにも注目したい。足元の相場は、建て玉が集中する6万ドルと7万ドルの丁度中間で推移しており、オプションカットに向けてどちらかに相場が吸い寄せられる可能性がある。

ただ、オプション市場の建玉からBTC相場の上値目途は7万ドルと言えるが、相場下落の場合は6万ドルを割り込む可能性に注意したい。

と言うのも、第2図で指摘の通り、BTCドルは半値押し水準で下げ止まっているが、半値押しのサポートが陥落すれば、相場は全値押し水準まで下げることがあるからだ。

3月から続くBTCドルの下降チャネル(第2図内薄紫線)の下限も、足元では全値押し水準となる5.65万ドルと交差しており、下値目途としては意識されやすそうだ。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスクについて解説。イーロン・マスク氏との関係や、今後注目されるXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧