ビットコインATM事業のCoinsource社、仮想通貨関連企業で12番目のBitLicense承認へ

ビットコインATMを提供しているCoinsourceは、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)のライセンスを受けた12番目の仮想通貨関連企業となったことを発表した。

今週木曜日、BitLicenseの承認を発表し、Coinsourceの弁護士であるArnold Spencer氏は、ビットコインATMプロバイダーとして初めて付与されたと述べている。

同社はすでに、NY州内に40台のBTMを設置しており、完全な承認を受けるまで仮ライセンスを持ちながら運用してきたという。

Spencer氏によると、Coinsource社がKYCを行うために開発した独自のシステムにより、口座開設は早く、運転免許証、セルフィー(自撮り)と携帯電話番号のみが必要となる。

ビットコインを購入するにあたって銀行口座を持つ必要がなく、現金での決済のため銀行口座を持っていないユーザーに対しても仮想通貨に簡単にアクセスできるようになっている。

参考記事:New York Awards First-Ever BitLicense to Bitcoin ATM Company

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

Square社が米ニューヨーク州の「ビットライセンス」を取得、これで7社目
米NY州金融サービス局は6月18日、モバイル決済企業Square社に対し、7社目となるビットライセンスの発行を行うことを発表。これにより、Square社は米NYで仮想通貨を取り扱う数少ない企業の一つとなった。
米NASDAQ、仮想通貨取引所に技術提供を検討|市場操作リスクなどに対応
世界で2番目に大きい株式取引市場であるNASDAQが同社の市場監視技術(略称:SMART)を仮想通貨取引所において利用すればハッキングや市場操縦など多くの問題を削減できる可能性を示唆した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加