カナダの仮想通貨取引所CoinField、61カ国以上にXRP基軸マーケットを提供

以前、CoinPostでも報じた カナダ発の大手仮想通貨取引所CoinField Exchangeは、XRP(リップル)基軸の20種類のマーケットを開設したこと、さらに、欧州、アジア、中東、アフリカ、オセアニア、ラテンアメリカ地域の合計61か国にサービスを提供することを明らかにした。

特に注目する点は、仮想通貨同士の取引のみではなく、米ドル(USD)、カナダドル(CAD)、ユーロ(EUR)、イギリスポンド(GBP)、日本円(JPY)、UAEディルハム(AED)という6種類の法定通貨で仮想通貨XRPを購入可能になったことで、リップルコミュニティにとって非常に良いニュースとなった。

直接法定通貨からXRPを購入が可能になったことで、流動性が高まる一つの要因となり、61カ国以上で展開してくる形になるとXRPにとってさらなる追い風となるだろう。

出典:CoinField Exchange

CoinFieldのマーケットを確認すると、既にXRP基軸の取引が開始されており、今後のユーザー増加、取引高の向上など期待したい。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

Weiss Ratings仮想通貨格付け:リップル(XRP)が初の単独首位を獲得
米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。XRPがワンランク格上げされ、全通貨中唯一のB評価を獲得。単独首位に躍り出た。XRPは中国行政機関の格付けでも順位を急伸させている。
第6回 『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨リップル(XRP)が15→7位に大幅ランクアップ
中国行政機関CCIDが、仮想通貨に関する第6回パブリックチェーン技術評価を公表した。最新ランキングでは、革新性で高評価を付けたリップル(XRP)が15位→7位まで順位を大きく伸ばしている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用