CBOE:10月のビットコイン先物のボラティリティは最低値を記録

ここ数週間の間、ビットコイン価格推移は極めて安定しているが、先物市場でもこの歴史的レベルのボラティリティの低下が見られているようだ。

そのように答えたのはビットコイン先物取引を提供するCboeのKevin Davitt氏だ。

Davitt氏の発言によると、シカゴ拠点のデリバティブ取引所Cboeのビットコイン先物市場では、10月期のボラティリティが過去最低値を記録。

最も低かったのは先週で、価格レンジも3%に留まったようだ。

10月中の週平均価格レンジをみると、わずか6.6%で、2017年12月の発表以降の週平均ボラティリティ15.65%と比較して、2分の1を超える数値だ。

10月中に最も変動の激しい週でさえ、わずか8%に留まっていたとのことで、極めて低いボラティリティの月になったという。

以前、CoinPostに掲載した記事で、BloombergのインテリジェンスアナリストであるMike McGlone氏は10月25日、主要仮想通貨であるビットコインの価格変動が極めて低いことが、逆にビットコインが底を打ったサインであると言及している。

参考記事:Bitcoin Futures Volatility Hit Record Low in October: CBOE

CoinPostの関連記事

ビットコインのボラティリティは直近1年半で最低水準に:各アナリストの見解は?
ビットコインのボラティリティは2%を下回り、過去1年半の期間で過去最低水準を更新した。出来高も年初来で最低水準にまで落ち込み、10月の出来高は前月比で10%以上減少した。
仮想通貨市場の低迷期は終わりを告げるか:ボラティリティの暴風が過ぎ去り、ポジティブな動き相次ぐ
個人や機関投資家を問わず、投資マインドの改善のためには相場が信頼を取り戻すことが先決となる。世界的企業の関心が再び高まりつつある中、直近の動きは反転攻勢の好機となるか。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します