CoinPostで今最も読まれています

MIT後援の送金プラットフォームSendFriendがリップル社の『xRapid』を導入|最大65%の手数料削減に貢献

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SendFriendがxRapidを導入
米名門大MITが後援するブロックチェーン基軸のクロスボーダー送金決済プラットフォームSendFriendが、リップル社の高速決済システム『xRapid』の導入を発表した。

SendFriendがxRapidを導入

アメリカの名門大学であるMITが後援するブロックチェーン基軸のクロスボーダー送金決済プラットフォームSendFriendは、リップル社の高速決済システム『xRapid』を導入したと、複数のメディアが報じた。

今回のパートナーシップは、仲介役の銀行やその他の金融機関を不要とし、低コストで、国際送金を可能とすると見込まれている。

xRapidを使った【SendFriendプラットフォーム】は、2018年末と2019年始の間にサービスを予定しており、ニュージャージー州からフィリピンからの在米労働者が故郷へお金を送金することを最初の業務対象とする。

xRapidとは、仮想通貨XRPを利用し、主に新興国市場への支払いにおける流動性コストを最小限にするためのソリューション。

送金手数料を最大65%も削減

SendFriendの開発者でCEOでもあるのDavid Lighton氏は、xRapidの有効性と今回の提携に関して、

我々ハードウェア側(バックエンド)にとって、資金の運用がより効率的になるだろう。我々が行うのは、リアルタイム決済だから、あらかじめ資金を用意することはなくなる。仲介企業にお金を預けて外貨リスクを管理する必要もなくなる。一つの決済ですべてが完結する。

と述べた。

Lighton氏によると、xRapidは今までの無い効率性を提供しているため、従来の国際送金企業の請求する平均手数料7%から2.5%〜3%まで削減できるという。

さらに、このプラットフォームは送金を利用する、何百万人もの移住労働者のために作られている為、リップル社のxRapidの性能がビジョンと一致した模様だ。

止まらぬ勢い、リップルの企業提携

リップル社はこれまで、SBIやサンタンデールを始め、様々な規模の企業と提携してきており、しかも直近2ヶ月で約200社もの企業がリップル社の契約企業の長いリストに加わっている。

リップルネットの参加企業200社越えに|2ヶ月で100社の増加実績
今年9月に開催されたカンファレンス内で、リップル社のクリス・ラルセン氏は100以上の企業と契約を結んだことを発表したが、すでに2ヶ月ほどで100社増え、合計200もの企業が参加している事が明らかになった。

このように、低コストで高速な国際決済に対する需要が高まる中で、リップル社が今後どの様に仮想通貨業界と送金業界をリードしていくか注目が必要だと言える。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨XRP(リップル)Q3報告書が公開:売却高は約180億円も企業向け販売額が594%増加
リップル社はXRPのQ3売上報告書を発表した。リップル社はXRPのQ3売上報告書を発表した。売却高は180億円となるが、企業向けの売上も前四半期比594%したことは注目だ。
「仮想通貨XRPはビットコイン2.0、ウォール街からも購入の動き」リップル社Johnson氏が注目内容を連発
リップル社マーケティング責任者を務めるCory Johnson氏がリップル社とXRPの違い、優位性や業界の課題について言及。またQ3売上報告書でのXRP売却高に触れ、ウォール街からの需要増加が重要な変化であると述べた。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧