豪政府機関、ブロックチェーンを利用したスマートマネーアプリの試行に成功|障害者支援に大きな一歩

オーストラリア政府研究機関、スマートマネーアプリの試行を完了
オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)と商業銀行最大手CommBankが、ブロックチェーンを活用した「スマートマネー」アプリの試行を成功させたと発表した。この試行には、障害者と家族のための全国サポートネットワーク(NDIS)から参加者が協力したという。
スマートコントラクトとは
主にイーサリアムプラットフォーム上で使用されており、ブロックチェーンの記録だけで、自動契約・債務履行まで行うことができるプロトコル。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

オーストラリア政府研究機関、スマートマネーアプリの試行を完了

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)と同国商業銀行最大手のCommonwealth Bank of Australia (CommBank)が、ブロックチェーンを活用した「スマートマネー」アプリの試行を成功させたと発表した。

CSIROのData61部門とCommBankが取り組んでいた「スマートマネー」は、保険金の支払い管理や家計予算管理、信託や慈善活動のマネジメントなどを補助するスマートコントラクト技術だ。

この技術を利用したアプリの試行には、CommBankのイノベーションラボで国民障害者保険制度(NDIS)から10人の参加者と介護者が協力したという。

NDISとは、オーストラリアの障害者とその家族のためにサポートを提供する全国ネットワークで、この試行を通じ、「スマートマネー」アプリが事務処理コストを削減し、詐欺や偶発的な浪費を防ぐといった機能によって、より豊かな障害者支援サービスを提供できることを証明したという。

アプリ内では、事前設定した条件に基づいて、支払い手続きをサービス業者に行うことも可能だ。

この成果は、「Making Money Smart」と題されたレポートにまとめられ、公開されている。

オーストラリアで続くブロックチェーンを活用した事業展開

CISRO Data61の上級主席研究員であるMark Staples博士(以下Staples博士)は、

「NDISの様な、条件の付いた支払い状況下におけるブロックチェーン技術の恩恵と限界を理解するためにも、この取り組みは重要な研究プロジェクトだった」

と述べ、ブロックチェーンを活用することで決済環境の多くが革新され、ネットワーク効果の利点を生かされるようになると説明した。

CSIROとCommBankの考えでは、このプロトタイプがオーストラリア全土で実装されると毎年「数億ドル」を減軽することができ、アプリのユーザーは週1〜15時間と0.3〜0.8%の年間収入を節約可能だという。

CommBankの政府・ADI責任者であるJulie Hunter氏は

「家計予算管理を簡素化し、書類仕事を無くしながらも、NDISからの参加者にとっては、障害支援サービスの選択肢を広げて管理可能となることに対し、私たちは非常に興奮している」

と述べた。

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)が革新的なスマートコントラクトプラットフォームを構築しようと取り組んでいることは、これまでにもお伝えしてきた通りだ。

産業の枠を超えた「オーストラリアン・ナショナルブロックチェーン(ANB)」など、ブロックチェーン技術を採用した革新的な取り組みが続けられている。

CoinPostの関連記事

イーサリアム以外のスマートコントラクト・プロジェクト
ブロックチェーンの仕組みであるスマートコンタクトという概念をわかりやすく解説。またイーサリアムブロックチェーン以外で進められているスマートコンタクトを利用するプロジェクトも独自でピックした。
安全なスマートコントラクト開発の手引きとなる「ソフトウェア開発ライフサイクル」とは|Hi-Con 2018注目内容取材
11月10日に開催された大規模イーサリアム技術者会議「Hi-Con」を取材。「テストツール「Mythril」とセキュリティ開発ライフサイクル」と題したConsenSys Diligenceの共同創始者Tom Lindeman氏によるスピーチの模様をお届けします。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら