【速報】仮想通貨取引所Huobi:BSVの入金を開始|フォーク通貨における取引所の3つの取り扱い方針とは

【速報】大手仮想通貨取引所Huobi|仮想通貨BSVの入金を開始
世界取引高No.3の大手仮想通貨取引所Huobiは、ビットコインキャッシュ(BCH)の分裂通貨BSVの入金に関して、日本時間本日(11/22)の16:00より開始すると発表した。注目される取引所の取り扱い方針もピックアップ。

延期されていたSVの入金開始

世界取引高No.3の大手仮想通貨取引所Huobiは、ビットコインキャッシュ(BCH)の分裂通貨BSVの入金に関して、一昨日11月20日からの入金延期を経て、日本時間本日(11/22)の16:00より開始する公式ブログ にて発表している。

*HuobiはすでにビットコインABCを『BCH』のティッカーと指定している。

異なる取引所の対応とは

以下では異なる取引所によるBCHのフォーク通貨に対する3つの取り扱い方針をリストアップ。

  1. Huobi:ビットコインABCを『BCH』に指定し、BSVを分裂通貨として付与、取引対応する。
  2. Binance:『BCH』のティッカーを廃止し、BCH ABCとBCH SVと、別々で付与、取引される。
  3. Coinbase :ビットコインABCを『BCH』に指定し、取引が開始されたことに対し、BSVでは、出金のみが計画(日付未定)され、取引には対応しない。

Binanceでは、『BCH』のティッカーを廃止、BCH ABCとBCH SVと、別々で取引されている。

この様に、ABCとSVに対する取り扱い方針は取引所によって異なり、これからもコインポストは今回のハードフォークに関する最新情報を追っていく。

CoinPostのLINE@

早くも登録者5,000名を突破。スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@です。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】大手仮想通貨取引所Huobi、ビットコインABCの入金を緊急延期
大手仮想通貨取引所Huobiは、元々日本時間11月19日月曜日の15時に予定していたBCH(ABCバージョン)の入金を緊急に延期した。全体相場が下落している中、どの様な展開となるか注目すべきだ。
【速報】仮想通貨取引所バイナンス、ビットコインキャッシュ分裂通貨の「配布及び取引」を公式発表
Binanceが、ビットコインキャッシュ分裂後半日で、ユーザーへの分裂通貨付与に関する内容と同社プラットフォームでの取引内容を発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら