リップル社のDilip Rao氏、28日開催の世界銀行主催イベントに登壇

リップル社のインフラ革命のトップであるDilip Rao氏は28日、GlobalKNOMADと世界銀行が主催する分散型台帳技術(DLT)についてのイベントに登壇することが明らかになった。

このイベントでは、DLTがどのように国境を超える送金方法を変えていくのかについて議論される予定となっている。

登壇するスピーカーは、コスト、スピードや透明性などの基本的な弱点を解決するために、DLTの性質を発表する。

スピーカー

Dilip Rao氏:リップル社のインフラ革命トップ

討論参加者

Harish Natarajan氏:世界銀行の金融スペシャリスト部門トップ

議長

Dilip Ratha氏:経済KNOMADのトップ

今回登壇するRao氏は、先日ripple社から発表された最新バージョン「xCurrent4.0」の最新状況をCoinDeskの取材に対して明かした。

内容は以下の記事をご参照ください。

仮想通貨XRP需要拡大期待の中、新製品「xCurrent 4.0」最新導入状況をリップル社が語る
XRPを利用する送金ソリューションxRapidへの接続が可能になったxCurrentの新バージョン「xCurrent 4.0」の最新導入状況をリップル社が語った。

参考記事:Distributed Ledger Technology (DLT) for Payments Infrastructure Innovation

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら