米仮想通貨取引所Poloniex、メンテナンス延期を発表

米仮想通貨取引所Poloniex、メンテナンス延期を発表
レバレッジ2.5倍、多くのアルトコイン取引を提供する米仮想通貨取引所Poloniexは、12月17日に予定していたメンテナンスを、延期すると発表。なるべく『出来高の低い時間帯』に行うと言及。

Poloniex、メンテ延期

レバレッジ2.5倍、多くのアルトコイン取引を提供する米仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)は、元々米時間12月17日に予定していたメンテナンスを、延期する、と公式で知らせている。

新たなメンテ日時に関しては、決定次第改めて発表するという。

延期の理由として、「メンテを行う前に、一つのシステム阻害を発見した」としている。

さらに、「取引高の低い時間帯に改めてメンテを行うと目指す」とも説明した。

現在相場の状況がかなり不安定であり、ボラティリティが激しい中、Poloniexのような発表は、注意したいところだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所Zaif復活への第一歩 ビットコインの入出金再開を発表|第三者機関の脆弱性診断で安全性を確認
仮想通貨の流出事案後、一部サービスを停止していた仮想通貨取引所Zaifが、BTCの入出金を12月17日(月)17時ごろより再開。仮想通貨ハッキング事件後、第三者機関の脆弱性診断により、安全性が確認されたことを受け、サービスを順次再開する意向も発表した。
米SECの仮想通貨専門部門責任者「有価証券の登録免除申請」に関して初言及|新たな可能性が浮上
米国SECの仮想通貨専門シニアアドバイザーを務めるValerie A.Szczepanik氏がICOトークンに関して、『ノー・アクション通知』という認定状を得て、SECの証券登録から免除されることは少なからず可能と言及した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用