米大手仮想通貨企業サークル社CEO「この先3年でビットコイン価格は大きく上昇し得る」と予想|今後トークン化の急速な普及にも注目

Circle社CEOは仮想通貨需要拡大に大きな期待感
米Circle社のCEOは米CNBCの経済番組「Squawk Box」のインタビューで、今後の仮想通貨の実需拡大に伴う価格上昇の可能性について発言し、今後数年間で、金融資産の全てが暗号化トークンに切り替わっていくだろうと予測した。

Circle社CEOのJeremy氏、拡大する仮想通貨の実需に期待感

仮想通貨取引所Poloniexの親企業、米国仮想通貨大手Circle(サークル)社CEOのJeremy Allaire氏(以下、Jeremy氏)は、12月14日、米大手メディアCNBCの経済番組「Squawk Box」のインタビューに応じて、仮想通貨分野の将来について自身の考察を述べ、ビットコインについては「この先の3年間で大きな価格上昇を遂げるだろう」と楽観している。

現在、非常に弱気な相場(12月14日のビットコイン価格=の中における強気な発言となるが、同氏は価格上昇の期待感の背景を以下のように説明している。

極端な価格予想はしないが、現在と比較して、大きな価格上昇を遂げると考えられる。つまりロング目線だ。

そして、私自身が思うビットコインの重要な要素は、そのセキュリティとスケール、そして個人が所有することができる国家に属さない価値保存の手段としてユニークな点である。

そして同氏は、現在の相場に関しては、実需が市場における価値判断となっていることを前提に価格と実需の乖離が起きているとし、ビットコインは許容範囲内で売られすぎ、そしてイーサリアムについては極端に売られすぎているのではないかと指摘した。

Jeremy氏が規制に対する見解を

Jeremy氏は、仮想通貨業界において適切な規制は必要であるとし、米国のそれに関しては「どの国のマーケットよりも明確である」と述べた。

また、特にCircle社とCoinbase社(両方ともニューヨーク規制当局の過疎通貨関連業者免許=ビットライセンスの所有企業)については、米国の銀行秘密法と資金移動法の規制下にあるとし、そのような規制への準拠・遵守は顧客保護と金融犯罪対策の観点から極めて重要であることを強調した。

Circle社における規制関係の動向として、「我々はとても活発的に政策立案者や政府機関と規制に関する協調をしている」とも発言している。

これに関して、今年の9月、CircleやCoinbase、DCGなどの米仮想通貨リーダー企業が国の立法者への斡旋活動を行うために、ブロックチェーン協会を発足した。

CoinPost関連記事

米仮想通貨関連企業:ワシントンの国会議員など政策担当者への「ロビー活動」を計画
米国でも、仮想通貨分野の法整備がより強く求められる状況にある中、大手仮想通貨関連企業によって構成されるロビー活動のための組織を発足する計画が持ち上がっている。

今後の仮想通貨市場への展望

Jeremy氏は、今後の仮想通貨市場について、今後多くの通貨が淘汰されていくこと指摘しながらも、「ゼロ和ではない」としビットコイン以外のアルトコインも存続していくだろうとの見解も示している。

また、金融におけるトークン化はさらに加速していくとし、以下のように述べた。

我々は、暗号化トークンは世界中全ての金融資産を象徴するものになっていくと考えている。その数は数年の間で数百万という数に達するだろう。

そのように、同氏はトークン化という観点では、今後それが急速に普及していくことを予測している。

他の仮想通貨界隈著名人も楽観的な見解

Jeremy氏以外の業界の著名人も、仮想通貨市場に対し楽観的な見方を示す者がいる。

その一人が、米マーチャント・バンクのGalaxy Digital社CEOのMichael Novogratz氏である。

同氏は、BCHハードフォークに伴う価格急落により、現在1億3000万ドル(約147億円)以上の含み損を抱えているとされるが強気な姿勢を崩さない。

そして、その根拠としては、イェール大学基金の投資部長であるDavid Swensen氏がエンダウメントとしてビットコインに投資しているなど多くの有能な投資家がビットコイン投資をしている点、デジタル・ゴールドとなる確信を挙げている。

また、仮想通貨取引所Geminiの創立者「ウィンクルボス兄弟」も、「我々は長期決戦に目を向けている。このスペース(仮想通貨業界)は生き残ると考えている」とここ最近で前向きな発言をした。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CoinPostの関連記事

ビットコイン暴落で大損失を計上した投資ファンドCEOが、未だ「仮想通貨の将来」を確信する理由を語る
弱気市場の影響で仮想通貨業界は苦しい状況が続くが、仮想通貨取引所ジェミニを運営するウィンクルボス兄弟や仮想通貨向けのマーチャント・バンクGalaxy DigitalのCEOがなぜ未だに仮想通貨に対する可能性を信じるか力説した。
米リップル、Circle、Coinbase、NASDAQも参加:米国おける仮想通貨の規制整備会合が本格化
米国の仮想通貨およびICO規制明確化のため、伝統金融業界を含む代表者80名が集結。とある連邦議会議員は、規制サイドの仮想通貨関連知識が不十分だとして「議員教育の必要性」を訴えた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック