仮想通貨XRP(リップル)、旅行ウェブサイトで決済可能へ

仮想通貨XRP(リップル)、旅行ウェブサイトで決済が可能に
旅行ウェブサイトTravalaが自社の決済方法に仮想通貨XRPを追加することを発表した。直近、R3のグローバル決済アプリやSiri上の投げ銭アプリによるXRPの採用事例もある。

仮想通貨XRP(リップル)、旅行ウェブサイトで決済が可能に

旅行ウェブサイトTravalaが自社の決済方法に仮想通貨XRPを追加することを発表した。

Travalaは世界210カ国、55万以上の宿泊施設を掲載している主要な旅行ウェブサイトである。ブロックチェーンのAirBnB(現地の人から借りる宿泊施設)の先駆者として認知されており、仮想通貨を経済の発展に取り入れている最初の旅行会社の一つと言える。

Travalaは今後、XRP以外にもDASHなど10種類以上仮想通貨で決済が可能になることを発表している。

XRP決済の決済事例

XRPのグローバル決済はここ最近活発化しており、直近では、企業向け分散台帳技術開発企業R3と世界大手金融機関70社と共同開発したグローバル決済アプリ「Corda Settler」がXRPを最初の仮想通貨として決済手段に採用されたのが記憶に新しい。

またアップルのSiriへの音声指示でXRP送金を可能にした投げ銭アプリXRP Tip BOTがXRP愛好家によってアプリ開発され話題になっている。

このようにXRPによる決済の実用化が日々顕著になっておりXRPの認知度と普及率も広がりつつある。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨XRP(リップル)、R3の企業向けグローバル決済アプリ初の決済通貨として採用される
企業向けグローバル決済のための汎用型清算アプリ「Corda Settler」公開に際し、最初の決済手段として使われる仮想通貨XRPが採用された。長い訴訟が和解に至った分散台帳技術開発企業で世界最大の金融機関コンソーシアムを率いるR3とRipple Labs(リップル社)は、ここにきて2社間での急速な事業展開に動いている。
仮想通貨XRP(リップル)、Siriから送金が可能に:音声指示で投げ銭も
仮想通貨XRPは、Siriへの音声指示による送金が可能となった。投げ銭アプリXRP Tip Botを利用で実現した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用