グノシー合弁会社Layer XとICON財団が公式パートナーシップ締結|日本の開発者コミュニティ活性化狙う

Layer XとICON財団が提携を発表
GunosyとAnyPayの合弁会社である株式会社Layer Xと韓国を基盤に活動するICON財団が「日本における開発者コミュニティの活性化とICONネットワークのセキュリティ向上」を目指し公式パートナーシップを締結した。

Layer XとICON財団がパートナーシップ締結

Layer XとICON財団が公式パートナーシップを締結したことが12月18日に発表された。

日本における開発者コミュニティの活性化とICONネットワークのセキュリティ向上を目的にした提携を通して、具体的に以下の通り協業を進めていく予定だ。

  • ハッカソンやデモデー、 カンファレンスの開催
  • 「ICXステーション」のパートナーとしてLayerXが参画
  • ICONのdAppsのセキュリティ監査を提供

今回発表されたパートナーシップについて、Layer Xの代表取締役社長を務める福島良典氏は以下の通りコメントした。

ブロックチェーン業界において、 豊富な実績を持つICONとLayerXが、 パートナーシップを結ぶことができ大変嬉しく思います。

ICONのコア技術「loopchain」は、 すでに韓国の証券コンソーシアム向けの本人認証システムや、 韓国の生命保険会社と自動保険金請求システムの開発などで採用された実績があり、 日本においても活用が期待できます。LayerXは、 技術的な側面からICONの日本国内の活動をサポートしていきます。

Layer Xは先月末にも日本マイクロソフトとブロックチェーン導入コンサルや開発支援サポートを行うべく協業すると発表している。

引き続き、「ブロックチェーンの社会実装をサポート」するLayer X社の動向に注目していきたい。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CoinPostの関連記事

グノシー合弁会社「LayerX」が日本マイクロソフトと協業、企業へのブロックチェーン導入コンサル開始
LayerXと日本マイクロソフトが、ブロックチェーン領域での協業開始を発表。ブロックチェーン技術のシステム導入に社会的関心が高まる中、企業への「ブロックチェーン導入コンサル」や開発支援サポートなどを行う。
Gunosy設立のLayerX|技術力を活かしブロックチェーン業界をリード
LayerX福島良典社長へ独占インタビュー 7月12日に、株式会社Gunosyはブロ...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します