仮想通貨ビットコイン過去最高値付近からのショートポジション全決済|元IMF(国際通貨基金)エコノミストが見る底値

大物エコノミストがBTCの売りを手仕舞い
昨年のBTC価格最高値付近で空売りを仕込んだ元IMFのマーク・ダウ氏が、18日に全て手仕舞いしたとブルームバーグが報じた。大物エコノミストが底値(中・長期の利確ポイント)だと判断したことを示唆している。
IMF(国際通貨基金)とは
国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関。 アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置し、加盟国は189か国に上る。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

大物エコノミストがBTCの売りを手仕舞い

ブルームバーグの報道によると、12月18日、以前「国際通貨基金(International Monetary Fund:IMF)」でエコノミストとして務めていた上級リスク・トレーダーのMark Dow氏が、昨年末に天井付近で仕込んだ空売りポジションを完全に手仕舞った。

2018年12月中旬までの大幅下落で、全ポジションをクローズした格好だ。

寂しさもあるが、ビットコインのショート(空売り)に別れを告げる。

Mark Dow氏は、ビットコイン先物取引が開始された直後の価格推移、およびテクニカル分析で、NASDAQ 1998-2002年に発生した”ドットコムバブル(ITバブル)”や、Silver 2009-2013年のバブル特有の値動きを彷彿とさせるとして、ビットコインが天井を付けたと判断。空売り(ショート)を仕込んだという。

出典:bloomberg(ITバブルのチャート)

また2017年の上昇相場では、投資家の大半が、通貨やその基盤技術、ブロックチェーンを理解していないと感じており、バブル崩壊した場合は、さまざまな潜在的な欠点が露見するだろうと予想していた。

出典:bloomberg(約1年前のBTCチャート)

ビットコイン価格は、昨年の仮想通貨バブルで急騰した約220万円(19000ドル)の最高値(天井)から、仮想通貨市場のバブル崩壊とともに80%以上も暴落、ピークを付けた2017年末の約1年後を迎えた(2018年12月中旬)には、約40万円(3500ドル)を割り込んでいる。

同氏は「BTC価格が0になるまで売り続けるつもりはない」と述べ、このタイミングで残り全て決済(利確)した。敏腕トレーダーの判断として底値を示唆するとともに、理想的なトレードであったことを示している。

出典:bloomberg(エントリーポイントとエグジットライン)

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。

CoinPostの関連記事

200万円突破したビットコインの価格を予想:このまま高騰し続けるのか?
200万円台に上り詰めたビットコインがこのまま高騰し続けるのかどうかを考察します。ビットコイン先物導入前でも既に大量の資金が投入されていることから、機関投資家も参入済みと推察すると、飽和状態を恐れて大きな売りが入り、価格が下落する可能性もあります。
ビットコイン7年ぶりの月間下落幅 年末目前に迫り専門家10人の価格予想を振り返る|仮想通貨市況
ビットコインはトレンドラインを割り、一時下落。下落要因が重なった10月の月間下落幅は7年ぶりの大きさになった。 年末まで1ヶ月を切った今、これまでの専門家予想が当たっているか振り返る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します