CoinPostで今最も読まれています

クウェート国立銀行、同国初のリップルネット加入機関に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

クウェート国立銀行がリップルネットに加入
12月28日、クウェートの国立銀行NBKが新たにリップルネットに参加し、新たな送金ソリューションNBK Direct Remitを発表した。新発表のソリューションはまずヨルダンへの国際送金で試用される。
進むリップルネットの広がり
リップルネットの加盟企業数は、9月には100社程度であったものの、現時点で200社を突破している。xRapidの採用率は未だ低いが、仮想通貨XRPのコミュニティ内での評価は着実に高まってきていると言える。

クウェート国立銀行、リップルネットの利用を発表

12月28日に、クウェート国立銀行(National Bank of Kuwait:以下、NBK)がリップルネットのブロックチェーンソリューションを使用し、国際送金の効率化を進めていくことを発表した。

NBKは、クウェート国内で最大級の金融機関であり、商業銀行分野において大きなシェアを誇っている。その海外拠点も隣国のサウジアラビア、イラク、アラブ首長国連邦、ヨルダンを始め、中国、イギリス、フランス、アメリカ、シンガポールなど世界的な進出を果たしている。

クウェート内でも、リップルネットに参加する金融機関は極めて先駆的であり、そのリアルタイムでの国際送金システムはNBK Direct Remitと称されることが公式サイトにより明らかになっている。

そのシステムはまず試験的にヨルダンとの国際送金でのみ適用され、今後、その対応国は増えていくとされた。つまり、最初は1カ国のみの対応ではあるものの、最終的には、より円滑で安価な国際送金を週7日24時間ノンストップで、複数国が対象として実現していく方針が明らかとなっている。

一般的な送金コストとNBK銀行の新サービス「NBK Direct Remit」とのコストを比較すると以下の通りとなる。

NBK Direct Remitを使用したクウェートからヨルダンへの送金手数料

・NBKのヨルダン支店への送金:1KWD=約363円

・ヨルダンの他銀行への送金:5KWD=約1817円

このように、クウェートからヨルダンの同銀行支店への送金手数料はわずか約363円であり、2000KWD(約72万円)という最大送金額が設定されているとはいえ、比較的低い手数料だと言える。

そして、今後この送金手数料と同等の水準で、他国にも送金が可能になれば、NBKを利用する顧客の利便性は飛躍的に高まるのではないかと期待がされている。

リップル社の顧客対応部門の部長を務めるMarcus Treacher氏は、今回のNBKの取り組みに対し、以下のように述べた。

NBKは、この地域において重要なパートナーであり、彼らが顧客のためにブロックチェーン技術を使用し、リアルタイム決済の採用を試みていることに喜びを感じている。

私たちは今後、さらなるリップルネット上のパートナーとNBKを繋げていくことで、彼らの顧客が世界中のどこにでも、より迅速で安価な決済を行えるように取り組んでいく次第である。

進むリップルネットの拡大

リップル社によるとリップルネットへの加入企業数は、11月時点で200社を超えており、以下のような主要銀行が名を連ねている。

  • 三井住友信託銀行
  • SBIホールディングス
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • みずほフィナンシャル・グループ
  • サンタンデール銀行(スペイン)
  • バークレイズ(イギリス)
  • クレディ・アグリコル(フランス)
  • ウェストパック銀行(オーストラリア)
  • サイアム商業銀行(タイ)
  • AKBANK(トルコ)

リップルネットの加入企業数は今年9月時点で100社とされていたが、ここ数ヶ月でその加入企業数は200社を超え、倍以上に数を増やしている。

特に、中東地域での関心の高まりは特筆すべきものであり、リップル社はドバイ支社を設立する計画も公表している。

今後さらにリップルネットに加入していく企業が増え、世界中に提携金融機関が確立されていく事で、リップルネットを使用したより効率的な国際送金が実現することが期待されている。

その一方で仮想通貨XRPに関しては、先日xCurrentを採用した韓国のCoinone社が「同国では仮想通貨XRPを基盤として送金を行うxRapidを法律的な観点から使用することができない」と主張。

また、実際にxRapidを採用している企業は、xCurrentに比べると少ないのが現実で、仮想通貨XRPを使用した送金ソリューションのxRapidの本格的な採用は短期的には難しいと言わざるを得ない。

しかしそのような中でも、先日発表された仮想通貨Binanceでの基盤通貨としての採用、先月15日以降から仮想通貨時価総額ランキングにおいて2位の座を最も長く維持している点など、コミュニティからの評価は着実に上がってきていると言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場全面高 ビットコインと株式の高い連動性を指摘・クウェート国営銀行がリップルネットに加入|仮想通貨モーニングレポート
ビットコインは29日、日本時間午前0時30分ごろ約2万9千円幅の急騰、bitFlyer上で44万円を上回った。ビットコイン急騰に影響され、アルトコインも全面高に、24時間比でも主要通貨が再度プラスへ転じた。重要ニュースもリストアップ。
世界最大手国際決済ビザ、リップルネット加入の英グローバル決済会社Earthportを約278億円で買収
米クレジットカード大手のビザ社が英国に拠点を置くグローバル決済会社、Earthport PLCを277億7742万円の評価額で買収する事を発表した。特筆すべきはEarthportが2014年12月に米リップル社と提携を表明しており、分散台帳技術を一部決済に利用している点である。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧