仮想通貨取引所クラーケンがリップル(XRP)とビットコインキャッシュの証拠金取引を開始

仮想通貨取引所クラーケンがリップルとビットコインキャッシュのマージントレードを開始
仮想通貨取引所クラーケンが28日、新たなに仮想通貨リップルとビットコインキャッシュの証拠金取引を開始すると発表。これにより、クラーケンではビットコインやイーサリアムなど8種類の仮想通貨で証拠金取引が可能となった。

クラーケン、XRPとBCHの証拠金取引を開始

大手仮想通貨取引所のクラーケンが仮想通貨リップル(XRP)とビットコインキャッシュ(BCH)の証拠金取引を開始することを発表した。

今回発表された新たな証拠金取引ペアとレバレッジ倍率は以下の通りである。

リップル(XRP)

XRP/XBT…2倍

XRP/USD…2-5倍

XRP/EUR…2-5倍

ビットコインキャッシュ(BCH)

BCH/XBT…2倍

BCH/USD…2、3倍

BCH/EUR…2、3倍

また証拠金取引のオープン費用は0.02%で、ロールオーバー費用は4時間毎で0.02%となっている。

仮想通貨取引所クラーケンは既に以下の6銘柄で証拠金取引を提供しており、今回XRPとBCHの追加が発表されたことで8種類の証拠金取引を提供することとなった。

  • ビットコイン
  • イーサリアム/li>
  • イーサリアムクラシック
  • オーガー
  • モネロ
  • テザー
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者9,000名突破。

CoinPostの関連記事

巨額ハッキング事件の行く末:Mt.Gox管財人と仮想通貨取引所クラーケンが「覚書」を交わす
Mt.Goxの破産管財人を務める小林信明弁護士はクラケンを運営するPayward社と覚書を交わした。
仮想通貨テザーによる価格操作疑惑を指摘した報道に対し、米仮想通貨取引所クラーケンが真っ向から反論
ブルームバーグが6月29日に公開した、米仮想通貨取引所クラーケンにおけるTether(USDT)に価格操作の疑いがあるとの指摘に対し、クラーケン側は「その意見は、市場の基礎概念である裁定取引、注文板、ペッグ通貨を理解していない」と反論した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用