ビットコイン急落でシンプソン形成、次のターゲットは?TRONは前週比+40%の快進撃|仮想通貨市況

仮想通貨市場
高値を切り下げていたビットコイン価格は、14時半頃より約2万円幅の急落を見せて4000ドル(43.2万円)を一気に割り込み、仮想通貨市場全体が全面安になった。一方で、前週比+60%の躍進を見せるTRONの原動力は?

仮想通貨市場

世界情勢では、米中貿易摩擦に関する次官級協議を終えて声明を発表したことから、短期的な材料出尽くしと見たヘッジファンドの売り仕掛けにより、外国為替市場での円高・ドル安が進行。

これを嫌気して日経平均株価が前日比-263円の20,163円まで下落するなど冴えない地合いにある中、高値を切り下げていたBTC価格は、14時半頃より約2万円幅の急落を見せて4000ドル(43.2万円)を一気に割り込み、仮想通貨市場全体が全面安となった。

イーサリアムクラシック(ETC)の51%攻撃問題が終息していないことも投資家心理に悪影響を及ぼしていると見られ、アルトコインの中でも、昨年末の底値から反騰していたビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインの急落が目立ち、いずれも前日比-12%と大幅安となっている。

イーサリアムクラシックが51%攻撃受け、5千万円弱の被害|米仮想通貨取引所Coinbaseも入出金を停止
米大手仮想通貨Coinbaseは米8日、51%攻撃を含む【Reorg】行為を(2019/1/5)発見したと報道した。ETC公式デベロッパー団体も攻撃の状況を調査しながら、各仮想通貨取引所にブロックの「確認数」を増やすように勧告している。一方では、米大手仮想通貨Coinbaseが51%攻撃が現在進行中とし、顧客の資金を保護するため、入出金を停止している。

テクニカル分析

日足レベルで描いていた逆三尊の形状であったものの、日米株式市場をはじめとする金融市場全体が再びリスクオフに傾いたほか、仮想通貨関連でも目ぼしい材料にも恵まれず、ネックラインを超えることなく下落した格好だ。

ここ数日の値動きによるLS比率のロングポジション急増に加え、bitFlyerにおける、BTCFXの「プラス乖離」が拡大しつつある中の大幅下落となり、結果的に7日の急騰分をまるごと打ち消す”シンプソン相場”の様相を呈している。

bullbearanalyzer.com

長めのレンジで俯瞰してみると、一旦下げ止まったライン(青線)は、昨年末から複数回ワークしているようにも見受けられるが、さらに割り込んだ場合は、39.8万円〜38.5万円付近と、直近底値の35.4万円が一つの節目となるだろう。

快進撃を続けるTRON

仮想通貨市場全体の地合いが軟調の中、有力dAppsが続々登場する、仮想通貨TRONの快進撃が止まらない。

先日、トロン財団が1億4000万ドル(≒152億円)で買収した、人気P2Pデータシェアプラットフォーム「BitTorrent」が、ICOローンチを発表したことを受け、前週比+60%の大幅上昇を見せている。

海外大手メディア「Forbes」は、仮想通貨プロジェクトを評価する記事でXRPやETHと共に、TRXをピックアップしている。

秒間取引数を測る指標で2,000TPSを記録するトロンに関しては、イーサリアムブロックチェーンが抱えるトランザクションの詰まりなどの「スケーラビリティ問題」はないと言及した上、イーサリアムで取引する際に必要な「GAS代」の高騰など、スマートコントラクト上の取引を処理するために手数料を払う必要がない点も高く評価した。

tron.network.index

4万ETH(5.7億円相当)が移動、急落要因か

米有力経済誌ブルームバーグの取材に応じた、香港の仮想通貨リサーチ企業CoinFiの創設者であるTimothy Tam氏は、仮想通貨急落の1時間ほど前、とある取引所に40,000ETH(5.7億円相当)が移されたことを観測した。

Tam氏は、以下のように考察している

通常、大量のイーサリアムが取引所へと移動された場合、売却の意思を示す可能性が高い。特定の取引所で大量売却されると、裁定取引をするトレーダーも追従して売りを出すため、ドミノ倒しのように連鎖反応を起こしてしまうケースがある。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名を突破しました。

▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用