仮想通貨及びビットコインに関連するクジラ追跡BOTが「20兆円規模のUSDT送金」を報告|ブロックチェーンデータから誤報の可能性が浮上

20兆円規模のUSDT送金報告、BOTによる誤報か?
大口の動きをトラッキングするBOT「Whale Alert」は1月16日11時、過去最大級とみられるUSDTの大口送金を報告し、リツイートが殺到、市場参加者の警戒感が高まった。BOTの内容を独自調査した結果、誤報の可能性が高いことがわかった。

20兆円規模のUSDT送金報告、BOTによる誤報か?

大口の動きをトラッキングするBOT「Whale Alert」は1月16日11時、過去最大級とみられるUSDTの大口送金を報告し、リツイートが殺到、市場参加者の警戒感が高まった。

本記事では、独自調査を行なった結果でわかった、同報告の真偽を掲載する。

今回「Whale Alert」によってトラッキングされたのは、184,467,440,737USDTの超大口送金で、1USDT=1USDであることを仮定すると(厳密には多少動く)、1844億ドルに相当し、日本円換算では、約20兆円に当たる。20兆円を規模で比較すると、韓国の予算規模の歳入や歳出額と同水準の額であり、現実的ではないことがわかる。

出典:Google

誤報の可能性

今回BOTが報道したURLを開くと、下記の画面になるが、まずAMOUNT(総額)が0.0001USDT、かつステータスがINVALID(無効)となっており、根本的に20兆円規模の額を示すAMOUNTは示されておらず、送金自体が無効処理になっている。

出典:omniexplorer.info

またUSDTのトラッキングデータを取り扱うエクスプローラーOmniExplorer上で、同時刻帯のトランザクション履歴を確認したが、20兆円規模に該当するトランザクションは見つからなかった。(Unconfirmed Transactionも含め)

omniexplorer.info

かなり大きなトランザクション履歴が報告されたことから、市場への影響が警戒された本件、ブロックチェーンの履歴から確認した状況から考えると、BOTによる誤報の可能性が高いと思われる。

(なお、本記事内に確認用のURLを添付しているため、ご自身での確認も可能です。)

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコインクジラの再活発化を指摘 仮想通貨分析機関Filpside Cryptoが報告
Filpside Cryptoの分析によれば、取引記録が観測されていない、いわゆる『休眠状態』のビットコイン口座がここ数か月の内に活発に活動している。ビットコイン全体の60%以上を占めるこれらの口座がビットコイン価格に更なる影響を与え可能性を指摘した。
仮想通貨のクジラが「取引所外の売買と新品コイン」を好む理由:最大20%のプレミアムも
米DRWの仮想通貨部門責任者は、「仮想通貨市場全体が、プロの世界になりつつある。”西部開拓時代”は終わりを告げた。」と述べた。大口の最新傾向に、今まで知られざる一面も明らかに。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら