CoinPostで今最も読まれています

マレーシアは2017年末までに仮想通貨規制を決定する

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マレーシアの仮想通貨に対する考えと規制
マレーシアは現状では仮想通貨に対して特に規制などはしていませんが、仮想通貨のリスクとそれに対する責任は自己責任としています。また、2017年以内に仮想通貨規制についての詳細をまとめる姿勢をみせています。

マレーシア中央銀行の総裁がビットコインについて中国を参考にしています。彼が述べている内容が多くの地域に広く行き渡って注目を浴びています。

東南アジアで4番目に大きい経済国家であるマレーシアは悪名高い財政保守主義と急進的な財政の変化を調和させようとしています。

マレーシア、地方財政力

Asian Institution of Finance(=AIF アジアにおける金融サービス業界全体の人材開発と管理を強化するための集合体) が第9回International Conference on Financial Crime and Terrorism Financing(=ICFTF 金融犯罪とテロ資金調達に関する国際会議)を今年マレーシアのクアラルンプールで開催しました。

AIFは国の中央銀行Bank Negara Malaysia (=BNM マレーシア国立銀行)及び規制機関Suruhanjaya Sekuriti Securities Commission Malaysia(マレーシア証券委員会)が共同で設立しこれらの元、促進の力を持っています。

ICFTFの基本方針は2016年にBNM総裁のTan Sri Muhammad bin Ibrahim (以下イブラヒム氏)によって決められました。

「平均6.5パーセントの成長率を50年間保てばオーストラリア及びフランスより優れることが可能です」

会議は「世界的及び規定的な期待を満たすために、現在そして新たな財政的犯罪の流行及び次世代の反財政的犯罪プロフェッショナルに期待されている発見と技術的可能性」を探究していると言われています。

BNMのイブラヒム氏に加え、ICFTFは今年US Department of Justice’s East Asia and Pacific Regional Legal Advisor for Cybercrime(米国司法省の東アジア太平洋地域のサイバー犯罪に関する法律顧問)のような世界的法律の執行団体による話をリストアップしました。本会議のスピーカーは主要銀行、国際ビジネス、及びサービスプロバイダが参加しました。

8月の会議のラインアップはマレーシアが世界の財政のステージにたどり着いた証拠です。平均6.5パーセントの成長率を50年間保てばそれは可能です。さらにオーストラリアとフランスを経済的に超えます。

外見は新しく見えるが、中身は古いまま

以前のビットコインについての公式公文書は軽蔑的できびきびしていました。

BNMは2014年に

「マレーシアではビットコインを適法な法貨という認識はされていません。中央銀行はビットコインの運営を規制していません。そのため人々はそのようなデジタル通貨を利用するときのリスクに気をつけるべきです」

と発表しました。

『ビットコイン、いいでしょう。ただ気をつけてください。我々はこれについてみなさんを支持しませんし、守りません』

これが国の公式のスタンスだと考えられます。

来るべきときを待っていなさい

イブラヒム氏は自分のICFTFについての意見をまとめ、すぐにリポーターに話しかけました。

この仮想通貨の禁止については年末までに決めます」と彼は言いました。

マレーシアの仮想通貨の受け入れは「データを集め、そして全てが明白であることを確かめること」を意味します。

報道には「ガイドラインにはマレーシアでのマネーロンダリング及びテロリズム資金援助と結びつけられるリスクについても述べます」と何度も繰り返されています。

「待っていてください。今はまだ10月です。3ヶ月以内には詳細を発表します」と彼は言いました。

ビットコイン熱狂者は待っています。

Malaysia’s Central Bank to Decide on Crypto Regulation at Year’s End

Oct. 9, 2017 by C. Edward Kelso

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

マレーシアの経済は大きく成長しています。その成長とともにブロックチェーンや仮想通貨市場も拡大しています。マレーシアはこれらの業界に積極的な活動をしています。

この仮想通貨市場には詐欺、資金洗浄、ハッキングによる被害などの危険があります。政府はこのような危険がある市場の規制はまだしていませんが、各国が規制や対応をしています。

マレーシア中央銀行の総裁も2017年以内に仮想通貨に対する規制をすることを発表しました。どのような規制がなされるのか注目です。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/17 水曜日
17:30
Polyhedra Networkがグーグル・クラウドと提携 ゼロ知識インフラ「Proof Cloud」を発表
Polyhedra NetworkがGoogle Cloudと提携し、ZK-as-a-service「Proof Cloud」を発表。ゼロ知識証明の生成を簡略化し、個別要件に最適なインフラストラクチャを提供する。Google Cloudは、AIの品質管理に関する機械学習機能を強化するため、ゼロ知識技術を活用するためにPolyhedraと協力する方針だ。
17:29
HashPalette『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画発表
メタバース型ファーミングブロックチェーンゲーム『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画が2024年4月24日に開始。特別な釣りイベントで万博チケットを獲得するチャンス!NFT関連事業を手掛けるHashPaletteが開催。
16:16
コインチェックTVCMを5月に放映開始、稲垣吾郎と鈴木もぐら出演
コインチェックが新CM「コインチェッくん篇」を、半減期後となる2024年5月から放映開始。稲垣吾郎と鈴木もぐらが出演。暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン買うならコインチェック」と訴求する。過去のCMからの一貫性にも注目だ。
12:18
ビットコイン推移は正念場、足元のETF需要は伸び悩む
イランとイスラエルを巡る中東情勢不安が株やビットコイン市場に重くのし掛かる中、6万ドルのサポートライン上で際どく推移するBTC価格。ビットコインETFへの資金流入は、過去4週間にわたって減少傾向にある。
12:10
住宅資産トークン化の「Homium」、アバランチ上で立ち上げ
住宅ローンのトークン化プラットフォーム「Homium」は仮想通貨アバランチのチェーン上で、トークン化住宅資産によるローンを立ち上げた。
10:10
韓国ウォン、対仮想通貨取引高で世界トップに 日本円は?
金融リサーチ企業Kaikoは、中央集権型取引所におけるビットコインなど仮想通貨取引高で、韓国ウォンが米ドルを上回ったと指摘した。
08:50
イーサリアム大口保有者、50億相当を売却
50億相当の仮想通貨イーサリアムを売却して約6億円の損失を出した大口保有者がいることをLookonchainが報告。このアドレスは先月から注目を集めていた。
08:30
Web3のMMORPGゲーム「EFAS」、ソラナ上で経済圏構築へ
EFASはソラナラボが提供する「GameShift」を用いる。「GameShift」とは、ソラナラボが2023年11月にベータ版をリリースした、ゲーム開発者がソラナ上でブロックチェーンを活用した体験をより簡単に作成できるように設計されたプラットフォームだ。
07:30
ソラナ混雑原因のOreマイニング、v2に向けて採掘活動を停止
仮想通貨OREマイニングの停止は永久的なものでなく、システムを最適するためのバージョン2をリリースするために一時的に休止するものだ。
06:50
14年動かなかったビットコイン、4.8億円相当が移動
3日後に半減期を迎える中、2010年4月から動いていなかったビットコイン4.8億円相当が送金された。送金先は仮想通貨取引所コインベースだと指摘されている。
06:30
10万円のイーサリアムOS搭載スマホ「ethOS」、一般販売開始 
ブロックチェーン基盤のethOSフォンは、グーグル「Pixel 7a」機種にイーサリアムのOSがプレインストールされた端末で、分散型のメッセージ機能や決済機能の利用が可能だ。
06:00
a16zが新ファンドで1.1兆円調達、Web3ゲームにも投資か
調達した資金がどのように投資されるかは不明だが、同社のゲーム・ベンチャーは以前、Web3・ブロックチェーンゲーム分野に関心を示したことから、関連の仮想通貨銘柄にも投資すると期待されているようだ。
04/16 火曜日
17:08
暗号資産取引関連の損益計算、約15%が「今回が初めて」と回答|Gtaxアンケート
株式会社Aerial Partnersが実施した「Gtax」利用者向けの2024年暗号資産(仮想通貨)確定申告アンケート結果。取引用途が多岐にわたり、計算処理が複雑化する中で、損益計算の計算ツールへの切り替え需要が高まっていることが示された。
16:23
テレ朝グループのBCGアクセラレータープログラム、競走馬育成ゲームを発表
株式会社テレビ朝日と株式会社テレビ朝日ミュージック、extra mileがブロックチェーンゲームアクセラレーター「tv asahi Blockchain Games」を立ち上げ。インキュベーションからパブリッシングまでのサポート。初のゲームタイトル「NEOBRED」も注目。
14:25
リップル裁判、23日の公判前にSECと和解する可能性は
米証券取引委員会対リップル社の公判が4月23日に迫る中、16日に公判前会議が予定されていることから、両者が和解するのではないかとの憶測が広まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア