大手取引所Huobiの仮想通貨デリバティブ市場、発足3ヶ月で総取引量2兆円超を達成

Huobiデリバティブ市場:総取引量2兆円超え
11月に立ち上げられたHuobiの仮想通貨デリバティブの市場規模は急激に拡大し、今日200億ドル(約2兆1873億円)を超えたことが明らかとなった。

Huobiデリバティブ市場:総取引量2兆円超え

11月に立ち上げられたHuobiの仮想通貨デリバティブの市場規模は急激に拡大している。

15日前、同取引所は、総取引量が100億ドル(約1兆938億円)に達したことを報告していたが、今日200億ドル(約2兆1873億円)を超えたことが明らかとなった。

HBDM.comは現在、三つの主要な仮想通貨をデリバティブ市場で扱っており、その通貨は、ビットコイン、イーサリアム、EOSとなっている。

扱う資産が既存のコモディティではなく、仮想通貨であるという違いはあるが、それ以外は、その他のデリバティブ市場と同じような仕組みとなっている。

市場規模拡大の背景とは

HuobiグローバルCEOのLivio Weng氏は以下のように語っている。

Huobi DM(デリバティブマーケット)はユーザーのニーズに愚直に応え続けてきたことが現れている

実際、Huobi DMに関して、現物取引の価格変動に伴うリスク管理などについて、顧客からポジティブなフィードバックを得ている。

弱気市場の中、ここまで成長出来たのは、これがあるからだと思う。

このように、利用者のニーズを満たし続けてきたことが、市場規模拡大の一因であると見ているようだ。

この動きが加速すれば、Huobiが他の市場へと参入する可能性も考えられ、さらに革新的な取引プラットフォームが誕生するかもしれない。そうなれば、仮想通貨市場に与える影響は多大なものになることが考えられる。

以下が、同取引所デリバティブ市場開始からの経緯となっている。

11月21日:Huobi DMのベータ版が立ち上がり、BTCでの取引が可能となる。

12月5日 :Huobi DMにおいて、ETH取引が可能となる。

12月10日:Huobi DMがベータ版を終了し、Huobi Globalと統合される。Huobi DMのデイトレーディングが、初めて1億9500万ドル(約213億円)に達する。

12月25日:Huobi DMの24時間トレーディングの取引量が初めて10億ドル(約1,090億円)に達する。

12月28日:EOSが加えられる。総取引量が100億ドル(約1兆938億円)に達する。

1月12日 :Huobi DMの総取引量が200億ドル(約2兆1873億円)を超える。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

ビットトレードが日本で運営するHuobi取引所が仮想通貨の取引を開始|XRP取引を先行して公開へ
BitTradeは8日、新たにHuobiとしてオープンする日本の仮想通貨取引所の取引を開始した。本日取引を開始した通貨ペアは、XRP/JPYのほか、4つのBTCペアで、法定通貨建ではXRP建の先行リリースを行なった。
Huobiレポート|NLP分析で注目の仮想通貨は「BTC、ETH、XRP」(12/26~1/2)
世界有数の取引所Huobi提供。ビットコインの大口取引は前週の1009回から886回に微減するも、ビットコインキャッシュのハードフォーク直前(318回)と比較すると、依然として高い数値を保っている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら