韓国仮想通貨取引所、約6億円分のビットコイン等をサーバーエラー原因で無料配布

韓国仮想通貨取引所、ビットコインを無料配布
韓国の仮想通貨取引所CoinZestが19日、サーバー問題が原因で60億ウォン分のビットコインを当初予定されていたWGTトークンの代わりに誤って無料配布していた事が判明した。
エアドロップとは
条件を満たすことで、対象の仮想通貨をタダで入手できるキャンペーン。マーケティングの一環として、コインの認知度上昇を目的としているケースが多い。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

韓国取引所、約6億円相当仮想通貨を誤って無料配布

韓国の仮想通貨取引所CoinZestが、サーバーのエラーにより、本来予定していたエアドロップ対象の仮想通貨(WGTトークン)をビットコインや他の仮想通貨と間違えて配布し、60億ウォン(約5億8200万円)に相当する損失を計上したことが判明した。

今回CoinZestで発覚したビットコインなどの誤送信はコンピューターサーバーのエラーが原因と想定されており、一部のユーザーからは韓国ウォンを受け取ったという報告も確認されている。

現状、取引所側はサーバー問題による顧客に対して補償をする予定はなく、今回誤ってエアドロップされた通貨の返却を求めている。なお、既にCoinZestは配信された韓国ウォンの半分が返却されている事を明らかにしている。

またCoinZestの損失を報じた海外メディアCoinDeskによると、ビットコインを無償で受け取った投資家が直ちに現金化を図った事が一時的なビットコイン価格におけるフラッシュクラッシュにつながったと懸念している。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

【速報】大手仮想通貨取引所バイナンス、英ポンドとユーロ建ペアを提供する取引所を発足|サポート地域に「日本」の表記も
バイナンスが英ポンドとユーロ建の法定通貨取引を提供する「バイナンス・ジャージー」の発足を発表した。仮想通貨取引所がさらに多くの法定通貨ペアを提供する事を強調していたCZ氏はポンド建取引所の開設を有言実行、海外進出に力を入れる。
海外仮想通貨取引所「Cryptopia」でハッキング被害か 公式がセキュリティ被害を報告
仮想通貨取引所「Cryptopia」が、セキュリティ被害を受けたとする公式の声明を発表した。ハッキングの言葉を使う事を避けたものの、重大な被害があったことを報告、ハッキング被害があったのではないかとする見方が強まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら