仮想通貨取引所バイナンス上の「BitTorrent」トークンセール、15分以下で約7.6億円超分が完売

仮想通貨取引所バイナンス上のトークンセール「BitTorrent」が14分で完売
日本時間28日、世界取引高No.1の仮想通貨取引所バイナンスの「ローンチパッド」にて行われた『BTT』のICOが15分以下の間に完売し、約7億6500万円以上の売り上げを記録した。ICO全盛期が過ぎてもバイナンスに対するユーザーからの需要は依然と高い。

BitTorrentのトークンセールが15分以下で完売

日本時間29日、世界取引高No.1の仮想通貨取引所バイナンスのICOプラットフォーム「ローンチパッド」にて行われたBitTorrentの『BTT』トークンセールの両セッションは共に14分の間で完売したことが、バイナンスの公式ブログにて発表された。

およそ500億以上のBTTトークンが購入され、総額700万ドル(約7億6500万円)以上の売り上げとなった。

今回のトークンセールは、受付となる仮想通貨がバイナンスのBNBトークンと、BitTorrentの親企業トロン(Tron)の発行したTRXトークンで、2つの販売セッションが同時に行われたが、「BNBトークンによるBTTの販売定数であった237.6億は13分25秒、そして、TRXによるBTTの販売定数であった356.4億は14分41秒で完結した」という。

今回のトークンセールでは、ユーザーからの殺到で、ローンチパッドのシステムで異常が発生したが、バイナンスのCEOであるCZ氏はSNS上で、システム障害によりBTTトークンを買い損なったユーザーに対して、近いうちにトロン側から少数のBTTエアドロップが行われると発表した。

なお、バイナンスのCEOであるCZ氏も具体的なBTT数も今後発表する予定だと述べている。

ICOの全盛期が過ぎ、閑散な仮想通貨市場となっているにも関わらず、年明けに発表されたバイナンスの「ローンチパッド」は、BitTorrentのICOをはじめに、毎月1つのトークンセールを開始すると予定している。

ICOのローンチに対する基準の高いバイナンスであるが故に、今回のようにトークンの販売に高い需要と信頼を博しているとも言えるかもしれない。

今後バイナンスがどのようにICO事業に引き続き、影響をもたらすか注目すべきだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所バイナンスが独自トークンセールプラットフォームを再開|毎月一つのICOをローンチする計画
世界No.1取引高のBinanceは独自のトークンセールプラットフォームである『ローンチパッド』で、2019年から毎月一つのICOプロジェクトをローンチと発表。今すでに2つのプロジェクトが予定中。バイナンスの最新状況もまとめている。
バイナンスが新設した英取引所の「口座開設」に圧倒的需要|ビットコイン弱気相場も欧州仮想市場に大きな可能性
世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス代表CZ氏は「新設した英仮想通貨取引所の登録需要に圧倒されている」と述べた。全大陸進出を目指すバイナンスは、”ブレグジット”で揺れる英国を中心に、ビットコインなどの市場拡大を加速させる考えだ。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら