CoinPostで今最も読まれています

韓国大手取引所調査の期待通貨でリップル(XRP)が1位、バイナンスが主導する「新たな仮想通貨」の需要を考察|仮想通貨ビットコイン市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場

●サンバイオショックで、株の新興指数が記録的下げ幅

●微反発するBTC価格が目指す先

●韓国の「今年最も期待する仮想通貨」でXRPが1位

●BitTorrentが異例のICOである理由

金融市場と仮想通貨

本日の国際金融市場の値動きは、以下の通り。

日付 NYダウ 日経平均株価 ドル円
1/23(水) 24,404ドル(-301) 20,593円(-29) 109.63円(+0.3)
1/24(木) 24,575ドル(+171) 20,574円(-19) 109.69円(+0.6)
1/25(金) 24,553ドル(-22) 20,773円(+198) 109.76円(+0.7)
1/28(月) 24,737ドル(+183) 20,649円(-124) 109.41円(-0.35)
1/29(火) 24,528ドル(-208) 20,664円(+15) 109.43円(+0.02)
1/30(水) 24,579ドル(+51) 20,556円(-108) 109.35円(-0.8)

本日の日経平均株価は、前日比108円安の20,556円で反落。米民間調査機関コンファレンスボードが発表した1月の消費者信頼感指数が120.2と、2017年7月以来の低水準だったことが重しとなった。

その他の要因として、直近数ヶ月で高騰していた、再生細胞医薬品を開発するバイオベンチャー「サンバイオ(4592)」の暴落が及ぼした悪影響も挙げられる。

サンバイオと大日本住友は29日、共同開発していた再生細胞医薬について、慢性期脳梗塞を対象とした米国での治験フェーズ2bで主要評価項目を達成できなかったと発表した。

2018年11月に3500円台だった同銘柄は、脳細胞薬の治験2相をクリアしたことで実用化への思惑が急台頭。将来的に認知症分野での適用拡大が期待されるなどして、上場来高値を連日更新するなど過熱状態にあった。

今回、成功を織り込んでいた慢性期脳梗塞を対象とした米国での治験失敗がネガティブサプライズとなり、寄らず(3,000円幅)のストップ安を付けた格好だ。

マザーズ市場最大にまで時価総額が膨らんでいたサンバイオの影響で、「マザーズ指数」が-8%の記録的下げ幅になるなど大きく押し下げたほか、多岐に渡る銘柄で、追証回避の連鎖売りが発生するなど、センチメントが急悪化した。

通常であれば、個別銘柄の影響は限定的だが、株式市場全体が薄商いのため、指数売りを助長するなど地合いの悪さもネガティブに働いたものと思われる。

出典:SBI証券

前場引け前時点で、発行済み株式総数約4900万株に対し、約1200万株が売りに殺到。これに対し、買いはわずか3万株足らずだった。

出典:SBI証券

2016年に6日連続ストップ安を付けたアキュセラを彷彿とさせるとの指摘もあり、昨年10月以降、金融市場全体の地合いが悪化する中、新興市場を牽引する存在だっただけに、今回の暴落劇は個人投資家の懐を再び直撃したと言える。

ビットコインテクニカル分析

ビットコイン価格の週足ベースでは、昨年12月半ばに約47万円まで反発して以来、高値・下値ともジワジワと切り下げ続けている。

とは言え、チャネル下限に届く前に一旦下げ止まって反発しており、短期筋の目線も変化しつつある。

短期足では、底値圏で逆三尊のような形状(下図)を描きつつあり、ショートの利確及びドテンロング目線が増える可能性も考えられるが、売り圧力が強く抵抗帯も多いため、中期的には下目線優勢と言えるだろう。

明けない夜はない

実需を伴った上昇には、好ファンダの後押しでの投資家のセンチメント改善は必要不可欠だが、本日、大型投資運用企業であるフィデリティ社の仮想通貨関連企業(Fidelity Digital Assets社)が、3月中に機関投資家向けにビットコインの保管サービス提供を目指していると報じられた。

米フィデリティの仮想通貨事業が遂に始動|機関投資家向けビットコイン保管サービス3月提供へ
米大型金融企業フィデリティ社が、3月中に機関投資家を対象にBTC保管サービス提供を目指していることが判明し。今後の予定としてイーサリアムのカストディサービスも視野に入れている。

春先には、ビットコイン先物取引提供予定の「Bakkt」サービス開始も控えており、同じく流動性向上、および機関投資家の参入が見込まれる。

仮想通貨市場に関しては、新しい資産クラスとして数十兆円規模まで成長し、世界各国の大企業が多数参画している以上、このまま未来永劫下がり続けるということは考えにくい。極寒の冬が長引いている現在だが、バブルに沸いた2017年と比較しても共通規格など環境整備の観点では大きく前進していることから、今は「忍耐の時」と言えるかもしれない。

韓国の「2019年最も期待される仮想通貨」アンケートでXRPが1位

韓国4大取引所として知られる「Coinone」で行われたアンケート、「2019年最も期待される仮想通貨」の調査結果にて、リップル/XRP(22.9%)が1位になったことが明らかになった。

利用者の関心度を図るため、16日から27日までに調査を実施、約2200人が回答した。

2位のETH(18.7%)、3位のBTC(15.2%)を抑えて首位に選ばれた理由としては、Ripple社の「xCurrent」ソリューションが挙げられており、海外送金分野で本格的に商用化されることに対して、韓国人投資家の期待を集めているという。

「Coinone」では、XRPなど上位に選ばれた仮想通貨に関するミートアップ(非公式イベント)を開催予定としている。

ICO「BitTorrent(BTT)」がバイナンス上場

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが行った「BitTorrent(BTT)」のICOが、セール開始15分で720万ドル(約8億円)分が完売するなど異例の人気を集め、この影響で関連銘柄のTRON(TRX)が活気付いている。

BitTorrentは2018年8月、TRONの創業者Justin Sun氏に約130億円で買収され、仮想通貨プロジェクトTron(TRX)の子会社となった人気データシェアプラットフォームだ。

CoinPostの関連記事

TRON以外にも入札はあった | BitTorrentの巨額買収からNEOが手を引いた理由とは
先のTRONによるBitTorrentの巨額買収は、単独入札でも最高額入札でもなかったことが明らかになった。NEOはなぜBitTorrent買収から手を引いたのか。2017年12月から現在に至る経緯を概説する。

1月28日にバイナンスプラットフォーム「LaunchPad(ローンチパッド)」上で行われたBTTのICOは、BNBかTRON(TRX)で購入可能であったが、今回、2月11日にトロン(TRX)保有者を対象に、BitTorrentトークン(BTT)のエアドロップが行われることが発表された。

ICO考察

クラウドファンディングの仕組みである「ICO(Initial coin offering)」は、2017年後半のバブル期を除き、基本的に上限数まで投資家の資金が集まることはない。仮に資金が集まったとしても、現在の市況にある中で、上場後にICO割れを起こすことも珍しい話ではない。

ところが今回、わずか15分で完売しており、多くの買い手に行き渡っていないことから、買い需要が継続していると考えられる。

ここで重要となるのが、31日で判明する上場直後の価格(初値形成)であり、ICO取得単価及びICOの売出し価格(0.00012ドル)をこれが上回れば、需要が供給を上回っていることを証明できる。

そしてその場合、TRONの価格にも好影響を与える可能性が高い。なぜなら、トロン(TRX)ホルダーを対象にしたエアドロップ実施が予告されたからだ。

トロン(TRX)において、660万ブロック到達時点のスナップショットに基づき、BitTorrentトークン総供給量の1.1%相当の「108億9000万BTT」が分配されるという。

トロン保有者1人あたりのエアドロップの配布量次第にはなるものの、差益(TRXとBTT初値が取引価格との価格比)が大きいようであれば、同等程度の買い圧力が予想される。

今回の動きの評価点

  1. 上場速度
  2. 「BitTorrent(BTT)」におけるバイナンスのICOから上場までの速度は異例であり、これは取引所側の本気度を示唆している。また通常であれば、ICO→上場まで時間を要するケースが多く、上場までに地合いの変化などロックアップリスクを被りやすいが、この懸念はすでに解消されている。

  3. 透明性
  4. 通常であれば実態に関して不透明な企業が懸念されるが、今回はバイナンスがデューデリジェンス(投資先の価値やリスク調査)を行い、審査している

  5. 流動性
  6. 世界最大の流動性を有するバイナンスへの上場であることで、一定水準以上の出来高が期待できる。

このような視点で見ると、悪材料続きで規制ばかり強化されたことで、投資家の関心度も薄れ、結果的に下火になっていたICO需要が再び上昇するきっかけと可能性も考えられる。

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。 

投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名を突破しました。

▶️本日の速報をチェック
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア